« 自動車と私 カール・ベンツ自伝/カール・ベンツ | トップページ | やくざと日本人/猪野健治 »

甲賀忍法帖/山田風太郎

 山田風太郎の出世作にして忍法帖の第1作。これは売れて当然でしょう。
 伊賀と甲賀のそれぞれ10人の精鋭忍者によるグループ戦だが、総勢20人もの忍者のキャラクターが立っているので「登場人物一覧表」がなくてもスムーズに読める。話の展開も早く、読者は追い立てられるようにどんどん読み進むことになる。冒頭の設定を読めば伊賀が勝つことは明らかなのだが、結果を知りつつも、そのプロセスだけで十分読ませる。エンターテイメントとしての完成度は相当高い。

 何年か前に仲間由紀恵・オダギリジョー主演で映画化されていたが、仲間の配役はイメージにかなり近い。オダギリの役は2枚目でさえあればよいのでまあ妥当。ただ、映画では5対5に縮小されている(上映時間の制約を考えれば当然か)ので、異形の忍者達はほとんど省かれている。このCG全盛時代なのだから惜しいような気もするが、グロくなるので仕方ないか。でも、塩分に溶ける忍者は見たかったような気もする(見たら後悔するだろうな)。

|

« 自動車と私 カール・ベンツ自伝/カール・ベンツ | トップページ | やくざと日本人/猪野健治 »

時代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106060/42564985

この記事へのトラックバック一覧です: 甲賀忍法帖/山田風太郎:

« 自動車と私 カール・ベンツ自伝/カール・ベンツ | トップページ | やくざと日本人/猪野健治 »