« 銀河ヒッチハイクガイド/ダグラス・アダムス(安原和見・訳) | トップページ | マイ・アメリカン・ジャーニー/コリン・パウエル »

人魚を見た人/洲之内徹

気まぐれ美術館シリーズの4冊目。

 4冊目ともなると、自身のコレクションへの言及も減り、身辺雑記的な話題が増えてくる。それはそれで独特の味わいがあるのだが、好き嫌いが分かれるだろう。
 メモとして記入しておくと、「月が丘軍人墓地」に言及しているのはこの巻。

おススメ度:★★
(ここまでくると「洲之内ファン」向けだろうなあ。そういう人に今さら薦めたってねえ)
読みやすさ:★★★
(前作より読みやすくなった気がする。造本のせいか?)

|

« 銀河ヒッチハイクガイド/ダグラス・アダムス(安原和見・訳) | トップページ | マイ・アメリカン・ジャーニー/コリン・パウエル »

美術」カテゴリの記事

日記・エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人魚を見た人/洲之内徹:

« 銀河ヒッチハイクガイド/ダグラス・アダムス(安原和見・訳) | トップページ | マイ・アメリカン・ジャーニー/コリン・パウエル »