« どちらかが彼女を殺した/東野圭吾 | トップページ | 「人工冬眠」への挑戦/市瀬史 »

私が彼を殺した/東野圭吾

 義姉が頭にきた本シリーズ第4弾。
 前回取り上げた『どちらかが彼女を殺した』に比べると私の評価は低い。だって、ただの「欠けている」作品だと思うから。

 『どちらかが彼女を殺した』がロジカルな推理パズルだったのに対して、本作は「それとなく潜ませたヒントに気づくかどうか」という構成で、その意味では古典的というか、よくあるタイプというか、凡庸だ。
 そして前作と同様に、探偵役による謎解きシーンがない。「犯人はあなただ」と言って終わる。その「あなた」が誰かは明かされない。
 しかし、その演出が効果的だとも思えない。クライマックスの盛り上がりをもたらすはずの謎解きシーンを省いたことで、代わりに得るものはないと思う。ただ欠落しているだけになっている。ほぼ一意的に犯人が定まってしまうストーリーだと思えるので、なおさら。

 というわけで義姉から手渡された4冊は終わった。感想は特にない。世の中には一定の割合で凡作というものが存在する。それに当たったからってイチイチ同意を求めないでほしいね。

おススメ度:★
(上手な書き手ではあるけどね)
義姉共感度:★★★★★
(もうねえ、義姉もなんでこれを読むかね)

|

« どちらかが彼女を殺した/東野圭吾 | トップページ | 「人工冬眠」への挑戦/市瀬史 »

ミステリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106060/47999921

この記事へのトラックバック一覧です: 私が彼を殺した/東野圭吾:

« どちらかが彼女を殺した/東野圭吾 | トップページ | 「人工冬眠」への挑戦/市瀬史 »