日本文学

土/長塚節

 明治末期の貧農一家を描いた日本農民文学の代表的一作。暗くて、重苦しくて、常に頭を押さえつけられているような圧迫感がつきまとうし、最後までハッピーエンドは訪れない。だが、妙に病みつきになるタイプの小説だ。

続きを読む "土/長塚節"

| | コメント (0) | トラックバック (0)