美術

大観自伝/横山大観

 明治元(1868)年生まれの横山大観が昭和25(1950)年から1年間にわたって半生を振り返り、『大観画談』として刊行した。1981年に講談社学術文庫に収録する際に「自伝」へと改題された。

続きを読む "大観自伝/横山大観"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長谷川潾二郎画文集 静かな奇譚

 平塚市美術館で開催された長谷川潾二郎(「潾」は正しくは「憐」のヘンをサンズイにしたもの)の回顧展(平明・静謐・孤高-長谷川潾二郎展)を機にまとめられた画文集。彼の作品を120点以上集めた展覧会で、画文集にもそれがすべて掲載されている。3150円と、この分野の書籍にしては安価なのですかさず購入。

続きを読む "長谷川潾二郎画文集 静かな奇譚"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芸術随想 おいてけぼり/洲之内徹

 長谷川りん二郎の回顧展に行く前に、洲之内徹の未読本を読むことにした。文章は端的で読みやすいし、作品を紹介するカラー写真は多数掲載されている。親切な作りの本だ。

続きを読む "芸術随想 おいてけぼり/洲之内徹"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらば気まぐれ美術館/洲之内徹

 シリーズ最終巻。著者の死をもって連載は唐突に終了した。それをそのまま収録している。70歳を超えて死を意識した記述が増えているものの、最後まで現役感を漂わせている。

続きを読む "さらば気まぐれ美術館/洲之内徹"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人魚を見た人/洲之内徹

気まぐれ美術館シリーズの4冊目。

続きを読む "人魚を見た人/洲之内徹"

| | コメント (0) | トラックバック (0)