« フレンズ・オン・アイス2013 初日 | トップページ | 関東ブロック2日目 »

ジャパンオープン2013 覚書

ジャパンオープンをテレビ東京の地上波で見る。

最初の30分は試合と関係ない映像だったが、これは地域により最初の30分は放映されない。
全国放送分は全員の演技を放映するためにキスクラも極めて短く、あおりの少ないいい構成だったと思う。
惜しいのはカメラの光の調整か、さいたまスーパーアリーナの照明のせいか、氷の白とびがひどくて選手の足元が見にくかったこと。来年の世界選手権もスーパーアリーナだけど、大丈夫なんだろうか?たぶんチケット取れずにテレビ観戦の私にとっては大きな問題だ。

 

 
内容ではジョアニー・ロシェットが3シーズン競技生活をお休みしていたとは思えない素晴らしい演技。スコアでは浅田真央に次ぐ2位。ダブルアクセルがアクセルになったりしたうえでの点数だから、完成度の高いことをリザルトでも立証。バンクーバーのころよりも表現が深くて、何より本人に余裕がある。あの頃はパワー押しの選手だったのかといまごろ気づく。そういえば、筋肉のバランスが変わってスタイルがキレイになっている。ケイトリン・オズモンドが今のカナダ女王だけれど、ジョアニーに今年戻ってきてほしいと思った。楽曲ノートルダムドパリ。

 

 
衝撃的な振付は高橋大輔のビートルズ・メドレーと浅田真央のラフマニノフピアノ協奏曲第2番。
ビートルズ・メドレーは曲のアレンジが凝っていた。そしてローリー・二コルの振付はたぶんすごく厳しいハードル設定だと思う。これ完成したら神プログラムだと思う。もちろんそれには冒頭の3つのジャンプ要素をクリーンに決めることが大事だけれども、そこでこけても終盤のステップやら、なんやらでいい印象を残せるだろうプログラム。こういったプログラムならばSPに佐村河内をもってくる冒険はしなくてもよかったのではないか?とも思う。今の2本をこなすのはよくばりすぎのようにも感じる。だって、このFP、すごい難しいよっ絶対。

 

 
高橋のローリー二コルが鬼の振付なら、浅田真央のタラソワの振付は愛だと思う。
まず、浅田本人が「ジャンプは完成した。」というように、今季のジャンプは今までと大きく印象が変わった。直前の失速がなくなったし、何より回転の開始が早すぎるということがなくなってきていたので、別人みたいだ。
最後のステップでは、佐藤コーチのところで頑張ってきたことが結実したこと、それを振付師がきちんと認識していてもっとよく見せようとしているように思えた。すごく振付師が浅田真央の才能を愛しているんだろうな。

 

 

 
 
さて、今回はアシュリー・ワグナーもFPのロミオとジュリエットを披露。とても生命力にあふれるジュリエットで新鮮だった。こんなジュリエットは初めてだ。

 

 
個性爆発なプログラムを持ってきたのはアデリナ・ソトニコワ。ロンド・カプリオーソ。
こちらは、難しい要素と個性的なポジショニングをてんこ盛り。まだ、完成されていない。スパイラルとか魅力的なのだけれど、要素が飛んでたりgoeの減点が多かったり、とこれから大変そう。何より、その衣装である必要はあるのか?このプログラムで。

 

 
出演予定のケビン・レイノルズは膝のアクシデントで欠場。代わりにジェレミー・アボットがIN。なんと今年のFPはエクソジェネシス。前々シーズンのFP。個人的に非常に好みなプログラムなので嬉しい。相変わらずジャンプは不安定だけど見ていて幸福だぜ。

 

 
村上佳菜子はとても、真面目。泣くことのほどでもない失敗なのに…。曲目は愛のイェントル。素敵だと思うのだが、ツレは盛り上がりがない、という。確かに他の日本女子に比べて華はないがそれでも世界選手権4位に入る実力。表現力もあるとおもっているので、彼女がいるからままだ日本女子は大丈夫だとまで自分は思っている。華はない、確かに。でも今の彼女のスタイルが彼女の個性で深い情緒を出せると思う。彼女の近年のシフトチェンジが流行りの方向ではなかっただけで、決して面白みのない選手なんかじゃない。逆に世界の中でもユニークだ。ただ周りがとても華やかでスターばかりなので、マスコミに取り上げられない。
「3タコ。」とか「足を引っ張った。」とか泣く必要はないのにね。ま、その責任感の強さも美徳ということか。

 

 
小塚崇彦は昨シーズンよりも調子がよさそうだ。期待。

|

« フレンズ・オン・アイス2013 初日 | トップページ | 関東ブロック2日目 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンオープン2013 覚書:

« フレンズ・オン・アイス2013 初日 | トップページ | 関東ブロック2日目 »