« 京都パープルサンガを褒め称えるエントリー | トップページ | アンゴラ戦での松井投入の効果 »

2005年10月30日 (日)

ベルマーレ対モンテディオ(2005年10月29日)

モンテディオ山形はJ1昇格争いに絡んでいるが、湘南ベルマーレ相手に2敗2分では苦しかろう。この日は内容もボロボロに見えた。

このゲーム、中盤を湘南が圧倒していた。佐藤悠介が2〜3人に囲まれながらボールキープをするのは織り込み済みとして、ディフェンス面でも、湘南の選手達の出足のよさが目についた。そのため中盤やそれよりも高い位置で相手ボールを奪う場面が多く見られた。
モンテディオにとっては大塚の出場停止が大きな痛手となったのであろうか。大分から移籍した小森田辺りを起用するとの予想もあったが、高橋健一、本橋卓巳、永井篤志、佐々木勇人という中盤の布陣であった。セットプレーにおける本橋のキック力を保持しておきたいのであれば、高橋健一に代えて外池大亮辺りを起用することも一案だったと思う。
また、山形の攻撃を活性化させるはずの右サイドの佐々木、臼井は不発。湘南DF村山の対応には安定感があったし、時折フォローに入る坂本紘司もよく守っていた。

山形が得点する可能性がゼロだったとは言わないが、総じて見れば湘南ペースのゲームであり、負けそうな雰囲気はなかった。
不満な点もあるにはあるが(このゲーム展開で3点目を取れないようでは昇格争いには絡めない、DF陣にエンターテイメントはいらない等)、ジリジリした今シーズンの戦いぶりの中にあっては、光に満ちあふれた明るい試合であり、競技場も和やかムードに包まれて喜ばしい1日であった。
私にとっても、先週のエントリーで京都パープルサンガの昇格を祝福しようとしながら、なぜか結局はベルマーレに対するボヤキ節になってしまった(あのエントリーで不快に思った方がいらっしゃったら、そういうわけですのでご勘弁を)心理状態が一歩改善した喜ばしさがある。

山形については、このゲーム内容では心配ですね。現在昇格争いをしているチームの中で、私が最も好感を持っているのが山形であるだけに、なおさら。

« 京都パープルサンガを褒め称えるエントリー | トップページ | アンゴラ戦での松井投入の効果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルマーレ対モンテディオ(2005年10月29日):

« 京都パープルサンガを褒め称えるエントリー | トップページ | アンゴラ戦での松井投入の効果 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ