« クロアチア選手はもう日本に来ない? | トップページ | 大黒の移籍は安売りかーー日本代表を考える・その1 »

2005年12月28日 (水)

荒川も安藤美姫もヤグディンも泥を塗られたひどい演出

アレクセイ・ヤグディンが来るということなので、オールジャパン メダリスト・オン・アイスというイベントに行った。
ヤグディンとは、フィギュアスケート男子シングルの元世界チャンピオン(現在はプロに転向)であり、
「村主章枝にフィジカルがあれば最強なのにねえ…」
「それじゃあヤグディンだよ!」
という存在。

実際のところ、ヤグディンは別格だった。比喩ではなくアマチュアの中にプロが一人だったわけで、ショーマンぶりは群を抜いていたし、ステップも細かく、ジャンプも高かった(らしい。ジャンプは正直、よくわからなかった)。ヤグディンの後に演技した高橋大輔が気の毒になるくらいだった。
このイベントは、はっきり謳ってはいないのだが、「全日本選手権のエキシビション」兼「オリンピックをはじめとする各種世界大会への壮行会」のような位置づけらしく、日本人トップスケーターも全員集結する豪華イベントだったので、見所はヤグディンだけではなかった。
特に存在感があったのは荒川静香で、早くて長くて滑らかなスパイラルがとりわけ絶品だった(いや、安い席から見るとジャンプはあんまりインパクトがなくて、スパイラルの優劣が選手の相対評価につながるのですよ。素人目には)。
本田武史も、私の見た限りでは今シーズンのモヤモヤを振り払ったかのようなシャープな演技で、大喝采を浴びていた(もちろん、惜別の意味も込めて)。
採点を気にせずに見ていられるから、ジャンプに失敗しても「あー残念」で済むし、選手が一つのミスで崩れることもないし、ジュニアの選手の演技でもそれなりに楽しめた。
全員がベストの演技ってわけではないのだろうが、そこは「エキシビション」であるのだから、満足すべきなのだろう。

…そうだろうか? 
「エキシビション」こそが観衆向けの演技であって、審査員も採点基準も関係なく、観衆を唸らせ、あるいは喝采させるべきなのだろう? そのエキシビションにおいて「客に怪我させないように控えめにやっている」などと客に思わせてはならないし、「いつもよりも狭くてやりにくそうだな」などと同情されるのもおかしな話だ。もっとうまく騙してもらいたい……。
そう、私は「リンクの端にじゅうたんを敷いてリンクを狭くし、その上にパイプ椅子を置いて客を入れる運営」に憤っているのだ。
ついでにいうと、大観衆を前にして、せっかく競技自体をアピールする機会を得たシンクロナイズドスケーティングの20人のチームが、いつもより狭いリンクで窮屈に演技するのも気の毒だった。

ただでさえリンクにじゅうたんが被っていて氷が解けるのではとやきもきしているのに、
「体を動かしてあっためよう!」
と絶叫した奴がいる。ドリームズ・カム・トゥルーだ。
オリンピック出場が決まった選手にメッセージを送ったのはまあよい(片方の男はボソボソしゃべって聞き取れなかったけど)。しかしだ、幕間をつぶしてミニライブとはどういう了見だ?

第1部(オリンピックには出ない選手の演技)が終わると、製氷タイム兼休憩時間が20分とのこと。明かりを消すから早く着席しろと急かされ、大混雑でトイレを諦めた人々が席に着くと、なぜか知らんがミニライブが始まった。それまでの上品で物静かで時に聞き取れない場内アナウンスが嘘のような大音量で、ロッテチョコレートのCMソングなど3曲を歌った。
終わると今度は10分間の、改めてトイレに行くべきか迷う中途半端な休憩時間だ(かつて東伏見で感じたほどではないが、やはり寒いのだ)。
観客にフラストレーションを貯めさせて、ヤグディン登場で一気に気分を高揚させようという高等戦術なのだろうか? そんなのは無用、というか時間の無駄だ。ヤグディンはそんなことをしなくても十分観客にアピールしていた。余計な小細工は、観客はもちろん、天下のヤグディンを馬鹿にしているとしか思えない。

「いつもより狭いリンク」に「蛇足のハーフタイムショー」、他の大会でもこんなことするのだろうか?
その答えはチケットに書いてあった。チケットをよく見ると、

 LOTTE Ghana Presents
 
ALL JAPAN メダリスト・オン・アイス 2005

というのがこのイベントの正式名称である。そう、全日本選手権のエキシビションだとはどこにも書いていない。「特別協賛◇(株)ロッテ 協力◇(財)ヤマハ音楽振興会」というのがポイントで、あくまでもロッテが提供するイベントなのだ。
だからエキシビションの標準形などはお構いなしなのだろう。全日本選手権のエキシビションという位置づけではヤグディンが滑ることはできないのだろうし。金を出してヤグディンを呼んだのがロッテだとしても、今回の演出はやりすぎだろう。客が置き去りであると同時に、選手に対しても、フィギュアスケートに対しても敬意を払っているとは思えない。

でもまあ、ロッテに何を言っても無駄という気もする。なにしろ千葉ロッテマリーンズの日本シリーズ開幕戦の始球式をテレビ朝日に売り払ってしまう会社だから(「見物人の論理」のエントリー「マシュー南なんて奴は知らん。」参照)。

なお、文句ばかり言っているようだが、冒頭に述べたように、エキシビション本体には満足しているのですよ。

« クロアチア選手はもう日本に来ない? | トップページ | 大黒の移籍は安売りかーー日本代表を考える・その1 »

コメント

「見物人の論理」の管理人です。TBありがとうございます。

私は今年の初めに行われた「スターズ・オン・アイス」というフィギュアのショーを(安藤と荒川とヤグディン見たさに)代々木体育館に見に行ったのですが、その時も「リンクの端にじゅうたんを敷いてリンクを狭くし、その上にパイプ椅子を置いて客を入れる運営」は行われていました。
また「ALL JAPAN メダリスト・オン・アイス」という名のイベントは、ここ数年、全日本選手権の後にエキシビションを兼ねて行われるのが恒例になっており(去年は札幌、名古屋なども巡回するツアーとして4日間で6ステージも実施されています)、過去の写真などを見ると、やはり同様の客席があるようです。ちなみにヤグディンも何度か参加しています。
従って、このこと自体はエキシビションの標準型から大きく外れるものではないと思われます。

念仏の鉄さん、コメントありがとうございます。
本稿の、たぶん一番の泣き所を突かれ、動揺してしまいました。。。。。

それで改めて考えましたが、「標準型」という曖昧模糊としたものとの比較をしている限り、勝ち目(なんに対してかは不明ですが)はないなあと思います。
それよりも提示すべきだったのは、
・リンク内で見る人が感じる満足度のアップ
・「選手が遠慮しているのではないか」と観客が疑問を持つ余地が生じたり、選手がやりにくかったり、セキュリティの不安が増大する
という両者を比較して後者が大きいために、トータルとして見ると満足度(経済学でいうところの厚生=welfare)が小さくなる、という視点だったのだろうと自分では思っています。
もちろん、計量的に示すことができないという弱点はつきまといますが、仮説として完結しているという強みがあります。

エキシビションなので、どんな形でもありだと私も思います。ただ、「狭いリンク」、「ミニライブ」、それと本稿では述べませんでしたが「開演時間の説明なき遅延」などが重なったので、それぞれ単独ならば鷹揚に構えるところが、苛立ってしまったのですよね。

>三鷹牛蔵さん
いささか不躾な書き込みで、失礼しました。
にもかかわらず丁寧なレスをいただき、ありがとうございます。

お話をうかがっていると、どうも制作サイドが観客を捌ききれていなかった感じですね。見込み以上に大勢の観客が入ってしまったのかも知れません。所詮は体育館ですから、最近の劇場のように女性用トイレを増やす配慮もないでしょうし。

「開演時間の説明なき遅延」というのは、五輪代表の選考と選手の再招集に時間がかかったのではないかという気がします(安藤美姫は全日本終了後にいったん会場を離れた後で、このイベントのために呼び戻されたそうです)。エキシビションとして異例な点があるとすれば、むしろ、全日本と同日開催だった点かも知れません(通常は翌日だと思います)。数時間のうちに照明や音響のセッティングをするのは、かなり無理のある設定ですし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒川も安藤美姫もヤグディンも泥を塗られたひどい演出:

» 荒川静香選手がエキシビションで使用した曲「You Raise Me Up」 [blog EVERGREEN]
荒川静香選手が今シーズンエキシビで使ってる曲 BBSの方にもお問い合わせいただいた方がいらっしゃったのですが、そのときはちゃんとしたご回答ができず、申し訳ありませんでした。今日、BBSの方に情報が寄せられましたのでこちらでもご紹介しておきますね。 荒川静香選手..... [続きを読む]

« クロアチア選手はもう日本に来ない? | トップページ | 大黒の移籍は安売りかーー日本代表を考える・その1 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ