« ベンチに入りたいかー!?――オシムに代わって問う | トップページ | 代表入り23人の予想 »

2006年5月 4日 (木)

湘南ベルマーレにDFラインは存在しなかった――神戸戦

 ヴィッセル神戸を迎え、J2の第1クール最終戦を終えた湘南ベルマーレ。今日のこのゲームは勝ち、5位に浮上したのであるが、いやはや、前途多難である。
 なお、神戸サポにはフラストレーションの溜まるゲームだったろうと同情するが、J2にあっては良いことも悪いことも「明日はわが身」と言い聞かせるのが賢明な対応だと私は考えているので、そのような対応をおススメする。
(2006年5月3日。平塚競技場)

 ベルマーレはDF田村雄三を出場停止で欠き、松本昂聡と初スタメンの外池大亮というセンターバックコンビで臨んだ。
 結論から言うと、ヒヤヒヤもの。安心して見ていられない。特に序盤は朴康造に左サイドを抜け出される場面(これは尾亦の対応にも問題あり)もあったし、なにしろ神戸FW近藤祐介が脅威だった。ハイボールの競り合いで劣勢に立たされるし、裏は狙われるし、反転から松本を抜き去ったシーンなどは失点を覚悟させられた。
 途中から松本は対応を変え、近藤にボールが入るときには前に出てインターセプトを狙うようになった。これは全体として功を奏していたし、恐らくはマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたのもここが評価されてのことだろうが、綱渡りだったと思う。CBの1人が前に出てボールを奪おうとするのなら、もう1人はカバーに入ってほしいのだが、外池は外池で相手FW茂木の対応に追われている。GKがスイーパー的に飛び出すでもない。
 要するに、ディフェンスラインの連携というのが感じられないということだ。はっきりいえば、「ディフェンスライン」と呼べるようなものはなかった。ディフェンダーの選手はいるが、ラインを形成していたのかは甚だ疑問。個々の選手がそれぞれ、マッチアップの相手と対応しているだけのように見えてしまうのだ(サイドバックが抜かれたときのカバーぐらいは存在するが)。すべて同じメンバーというわけではないにしても、12試合こなしてきてこの状態とは頭が痛い。今後改善できるのだろうか。

 一方のオフェンス。ファビオを欠いたこの試合、横山聡がワントップ気味に位置していたが、後方からのハイボールでは跳ね返され続け、特に序盤はまったく攻撃の糸口がつかめなかった。
 その後、アジエルのボールキープなどでペースをつかんだものの、決定的なチャンスはない。案の定、先制点はセットプレイから(それはそれで結構)。
 後半、FW梅田直哉を投入すると、いい形を作れるようになる(ただし、アジエルを下げるというのは疑問。本人の不本意そうな表情を見ると故障ということでもなさそうだが)。昨年からそうだが、梅田がいるといないとでは全然別のチームになってしまうので、完全復帰を待っているのだが、今日もまたどこか痛めたようだ…。

 さてさて、ベルマーレの2点目は、右サイドで前線に飛び出した梅田が、リターンパスの出し所もなく、「じゃあ、まあ」とばかりにゴールへと向かったところで得たPKを加藤望が決めたもの。少なくとも私はPKにすべきシーンとは思わなかったし、ゴールキックと言われても違和感のないプレーだった。その点で、神戸サポに同情する。しかし、もしも神戸サポが判定に対して怒るのであれば、そのシーンよりもむしろ、前半終了間際に茂木だったか朴だったかがダイブとしてイエローカードを出されたシーンだろう。あそこは外池が倒したように見えた。その直前の対応が一歩出遅れていたし。

 今日のマン・オブ・ザ・マッチは、私の見立てではGK小林。彼のいくつかのファインセーブがなければ今日の試合は落としていただろう。でも、つい4日前にボールを持ってペナルティエリアから出てしまっていては、選出しにくかったのかも。
 それと、前半に見せたニヴァウドのプロフェッショナル・ファール(あれはカード覚悟だったと思う)には感心した。ああいうプレーをするボランチはいつ以来でしょうかねえ?

【覚書】さすが連休初日晴天。2時間前で緑地が半ばまで埋まっていた。

« ベンチに入りたいかー!?――オシムに代わって問う | トップページ | 代表入り23人の予想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湘南ベルマーレにDFラインは存在しなかった――神戸戦:

» 連敗しない [YOSHIDY'S BAR]
湘南ベルマーレ 2ー0 ヴィッセル神戸 [続きを読む]

« ベンチに入りたいかー!?――オシムに代わって問う | トップページ | 代表入り23人の予想 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ