« ドイツ対コスタリカ~W杯千字戦記① | トップページ | 日本対オーストラリア〜W杯千字戦記(3) »

2006年6月11日 (日)

イングランド対パラグアイ~W杯千字戦記②

 FKからのオウンゴールが決勝点とは、さすがにベッカム様はやってくれる。パラグアイは南米切っての現実主義路線を歩んできた曲者で、今後スウェーデンと当たることを考えても、この勝利はでかい。賭けだった「派手な中盤」では、ジョー・コールが予想以上に活躍し、ルーニー不在の帳尻を合わせた。しかし、かつての2枚看板であるベッカム、オーウェンは、もはやアンタッチャブルではないだろう。

 エリクソン監督は、ルーニー不在でも十分やれる!との手応えをつかんだのだろう。パラグアイは決して弱くない。ドイツが戦ったコスタリカとはモノが違う。引き気味でカウンターのスタイルは同じだが、攻守ともにそれを成り立たせる人材を揃える。イングランド優勢にみえても、彼らにとってはそれが普通。全体を通してみれば、どちらが勝っていてもおかしくなかった。何度かピンチを迎えたものの、それ以上のチャンスはつくったと胸を撫で下ろしていることだろう。

 パラグアイに攻め合う気がなかったのも幸いしたが、中盤は一応機能したといえるだろう。ジョー・コール、ランパード、ジェラード、ベッカムの4人を並べるのは、やはり攻撃に傾いた陣容である。懸念されたイングランドスタイルの弱点(DFとMFの間のスペース)も、とりあえずは無難に埋めていたと思う。

 しかし、ドイツ同様、唯一のドリブラーに依存する傾向は否めない。ジョー・コールの動きは際立つが、他の3人を並べる必然性は疑問だ。例えば、チェルシーでは効果的な飛び出しでミドルシュートから得点を重ねるランパードだが、あのダイナミズムがみられたとは言いがたい。2度ほど、彼らしいミドルを撃ったが、相手GKに阻まれた。ジェラードにしても、リバプールの彼とはやはり違う。お互い、攻撃面での持ち味を存分に発揮できたとは言いがたい。彼らが中央に並ぶことで、アシュリー・コールもオーバーラップを自重気味だったし。

 右サイドのベッカムに至っては、苦し紛れのクロスを放り込む場面が多すぎた。明らかに、中盤4人のうち最も役に立っていなかった。背後を支えるガリー・ネビルは落ち着いたプレーをみせたが、左サイドに比べると右サイドはいかにもスローリーだ。まあ、左にダウニングが入ってからは、どっちもダメになったが・・・。

 長身FWクラウチは、でかいが弱いので、ベッカムの相棒にはなり得ない。ポストプレーヤーではあるが、クロスからゴールする選手ではないのだろう。ただし、前半での貢献度をみれば、チームに不要なのは彼の方でなく、ベッカムの方ということになる。オーウェンもそうだが、イングランド(エリクソン監督)もいい加減、名前だけで選手を起用するのはやめた方がいい。キャプテンマークが泣いてるよ。

« ドイツ対コスタリカ~W杯千字戦記① | トップページ | 日本対オーストラリア〜W杯千字戦記(3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イングランド対パラグアイ~W杯千字戦記②:

» 6ゴールよりジョー・コール [高スポ編集雑記]
 W杯が始まったので、ワタクシも気合いを入れたフリをして、執筆にいそしむ。というわけで、高スポ★オンラインに記事を2本、投稿した。お題は、ドイツ対コスタリカと、イングランド対パラグアイ。一般的には、6ゴールも入った前者の方が面白いのだろうが、ワタクシはあくまで後者の方を楽しんだ。ジョー・コールは、いい。... [続きを読む]

» ワールドカップイングランド戦中継の観戦後に怪我。 [フットサルチームをつくろう!〜日本一のフットサルチーム目指して〜]
ドイツサッカーワールドカップ。待ちに待ったサッカーの祭典が始まり、ドイツサッカーワールドカップ初戦の、ドイツ戦の前には、不覚にも、テレビの前で、感極まって涙した、フットサルチームをつくろう!@ひでこと、私です。連日の興奮の中、 [続きを読む]

» きたぞ藍ちゃん!!&やっぱりベッカムはすごかった。。【ゴルフ馬鹿】 [ゴルフ馬鹿@GORUのゴルフな毎日]
女子ゴルフの今季メジャー第2戦、全米女子プロ選手権にて今のところ我らが藍チャンが [続きを読む]

» イングランド VS パラグアイ [スポーツ選手名鑑]
スポーツ大好き!スポーツ選手名鑑へようこそ! ドイツワールドカップグループB、イングランド VS パラグアイの試合が行われました。 両チームともエースのオーウェン、サンタクルスが本調子ではないという状況での初戦です。 [続きを読む]

« ドイツ対コスタリカ~W杯千字戦記① | トップページ | 日本対オーストラリア〜W杯千字戦記(3) »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ