« ジーコジャパンの必然的敗北 | トップページ | リッピの誤算とヒディンクの誤算 »

2006年6月25日 (日)

メキシコ対アルゼンチン〜W杯千字戦記(4)

 やはりメキシコは素晴らしい。テクニックとボール回しを重視しながら、惜しみないランニングによって攻守を成り立たせる。伏兵ロドリゲスの一発に沈んだが、負傷交代によって2枚のカードを浪費しながら、互角以上の戦いを演じた。ジーコがめざすべきは、こうしたチームではなかったのかと、ため息をつくばかりである。

 フィジカルは強くなくても技術は高い。敵陣からプレスをかけながらも、果敢な走り込みで常に数的優位を確保する。そしてとりあえずロングボールを放るよりは、しっかりとパスでつなぐことを優先する。
 メキシコのあり方は、ジーコジャパンがめざすべき姿だったのではなかろうか。以前にも書いたが、この北中米の古豪は、常に列強に次ぐ実力を保持し続けている。ほとんどの選手が国内のリーグに所属しており、スター選手に頼るのでもない。北中米という地域柄、欧州選手権やチャンピオンズリーグに出場する機会もなく、対戦相手に恵まれるのでもない。にもかかわらず、彼らはいつだって北中米最強の名をほしいままにし、W杯に出ればそれなりの活躍をする。アルゼンチン相手の堂々たる戦いぶりには、畏敬の念すら覚える。クロアチアあたりに「勝てる試合だった」と言っているのとは、天と地の差だ。延長に入ると脚が止まってしまったが、胸を張れる敗北だった。
 一方のアルゼンチンは、「10番リケルメ」という戦術が機能せず、攻撃が左サイドに偏りがちになる欠点をさらけ出した。前半6分に先制され、直後に自殺点で追いつく展開の中、90分間ではついにゴールを奪えなかった。テベス、アイマール、メッシを投入しての怒濤のアタックも、功を奏したとは言い難い。結局、延長までもつれ、今大会で男を上げたロドリゲスが値千金のゴール。最後に帳尻を合わせるところはさすが、というより、すでにメキシコの脚が止まっていたという方が正しいだろう。
 しかし、前半終了間際のエインセのプレーは、どう考えてもレッドカードだろう。あそこで得点が入るか、あるいは選手が1人減っていれば、試合の行方はわからなかった。そもそもこの選手、ヒジ打ちの常習犯であり、ワタクシにはセンターバックで使うペケルマンの判断が分からない。サイドならともかく、インテルで蘇ったサムエルを外してまで、センターで使う選手か? 案の定、ラフプレーを繰り返してボルヘッティの怒りを買っていた。彼がピッチに居続けられたのは、審判に救われただけである。
 思えば、サネッティを外したうえ、スカローニを右サイドバックで使うのも納得がいかない。エインセのことといい、そこまでしてソリンを左サイドバックで使いたいのか?
その結果が、左サイド偏重の攻撃なわけで、「10番リケルメ」をやるにしても、他にやりようはいくらでもあるのだと思うのだが。

« ジーコジャパンの必然的敗北 | トップページ | リッピの誤算とヒディンクの誤算 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メキシコ対アルゼンチン〜W杯千字戦記(4):

« ジーコジャパンの必然的敗北 | トップページ | リッピの誤算とヒディンクの誤算 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ