« イングランド対パラグアイ~W杯千字戦記② | トップページ | ジーコジャパンの必然的敗北 »

2006年6月14日 (水)

日本対オーストラリア〜W杯千字戦記(3)

 敗北自体は、とくに予想外でもないだろう。不愉快なのは、残り10分弱で3失点してしまう脆弱さであり、試合をコントロールできない情けなさだ。早めのプレスを放棄して中央の守備を固めるスタイルは、これで完全に崩壊したといえる。しかし、戦い方を変えようにも、変えるための人材がいない。予選突破に向けての最低ラインは恐らく、残り2試合で1勝1分け。あの3失点をみせられては、そんな奇跡などとても信じられはしないが。

 大いに疑問が残るプレーだったが、ともかくも日本は先制した。オーストラリアは、力任せのプレースタイルからパスサッカーへの脱皮を図っている途上という印象のチームで、ばたばたとボールをつないでは日本陣内へ襲いかかった。彼らが強いのかと問われれば、「いや、弱い」と答えざるを得ない。ジーコのめざすサッカーであれば、彼らの猪突猛進ぶりをかわしつつ、ボールを回さなければならなかった。
 恐らく、ハーフタイムでジーコはその意図を伝えたのだろうが、チームがそれをこなしたとは言い難い。昨今では珍しいボールの落ち着かない試合展開は、いわば日本の方が追い込まれていたことを示すものだろう。何よりも、先制以降、中田は明らかに得点を欲しがり、宮本は無失点を望んでいたようにみえた。ちぐはぐになりがちなチームを何とかつなぎ止めようとしていたのが福西だったのだが、同時に、流れを変えられるだろうビッグチャンスを逃したのもまた、彼だった。
 小野の投入は、明らかにナンセンスだった。中盤でボールを回してペースを握るには遅すぎたし、守りきるのであれば選ぶ選手が違う。茂庭を下げて4バックにするというのも、結局は恥の上塗りをもたらしただけ。3失点目はその最たる場面で、DFラインは揃わず、残った駒野がサイドに体を向けて中を抜かれるという致命的な失敗をやらかした。
 これまでも度々指摘してきたが、日本の守備はとりあえず中を固めることを優先する。それはそれでひとつのやり方には違いないが、中央に競り勝てる選手がいるのが前提ではないのか。中澤がビドゥカを抑えきったかといえば答えは微妙だし、宮本については今さら何をか言わん。この責任が誰に帰すかは、言うまでもない。何かを変えようと思っても、やり方を変えられる人材を選んでもいない。
 残りの試合に連勝することは、途方もなく難しい。クロアチアにとっては、中央での競り合いは望むところだし、ブラジルに勝つのはより厳しい。たとえ彼らがすでに決勝トーナメント進出を決めていたとしても、日本に負けることを世論が許すはずがない。それに、W杯通算得点王を狙うロナウドは、ここぞとばかりに得点を稼ごうとするだろう。
 敗れただけならまだしも、2点差の敗北はあまりにでかい。恐らく唯一のシナリオは、日本が1勝1分けし、オーストラリアとクロアチアが1勝2敗という結果だろう。1勝も1分けも、とても無理な気がしてならないが。

関連記事一覧
代表入り23人の予想
小笠原、小野、村井のトリオはこれっきり?
うらやましいアメリカと情けない日本
柳沢はジーコの欠かせない「切換器」ーー日本代表を考える・その2
大黒の移籍は安売りかーー日本代表を考える・その1
アンゴラ戦での松井投入の効果
バーレーン戦にみた日本の理想型
目標管理制度にみるジーコジャパン
ジーコから日本代表を取り戻したい

« イングランド対パラグアイ~W杯千字戦記② | トップページ | ジーコジャパンの必然的敗北 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本対オーストラリア〜W杯千字戦記(3):

« イングランド対パラグアイ~W杯千字戦記② | トップページ | ジーコジャパンの必然的敗北 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ