« ベルマーレの5連敗に北島義生待望論を唱える | トップページ | イングランド対パラグアイ~W杯千字戦記② »

2006年6月11日 (日)

ドイツ対コスタリカ~W杯千字戦記①

 両チームで6ゴールとは派手な開幕戦だが、とても21世紀のサッカーとは思えない一戦だった。ともかく、守備がひどい。開催国の強豪を相手に、コスタリカがべた引きでカウンターを狙うのはわかる。しかし、ドイツはどうだ? 4得点は偶然だが、2失点は必然だろう。彼らには、W杯を彩ってきた「ゲルマン魂」をどこにも感じない。

 守備偏重で臨んだコスタリカだが、DFとMFのスペースをさらけがちで、ドイツに楽な試合をさせたことは否めない。攻撃面にしても、カウンター以外に手段がないのは痛恨の極みで、せっかく中盤でボールを持っても何もできない。英雄ワンチョペ任せになるのは致し方ないのかもしれないが、カウンター自体にもスピードがなかった。11では、技術以前に当たり負けしてしまうというのに、あれでは勝負にならないだろう。

 ドイツは、やはり弱い。前からプレスに行く意図はわかるのだが、その後のケアが悪い。DFラインの裏を取られたらどうするつもりなのかと言いたくなる。日本戦では、ヤンセンとかいう選手がどんどん裏を提供してくれたが、さすがにレギュラーではなかったようだ。いずれにせよ、コスタリカが裏を脅かすような攻撃をしなかった(できなかった)から良かったものの、あれで中堅国以上に通用するとは思えない。しかし、そこはさすが開催国。クジ運にも恵まれているので、グループリーグでここが破綻することはないかもしれない。

 結局のところ、彼らは11になったときに体格でねじ伏せることに慣れすぎている。本来はプレミアリーグの専売特許だと思うのだが、昨今のブンデスリーガもそうなのだろうか。だからこそ、攻撃はミドルシュートとセットプレー頼みになる。唯一、シュバインシュタイガーがドリブルでの局面打開を試みるのだが、攻撃のバリエーションがこれだけではあまりに心もとない。FW陣にしても、自らチャンスをつくれるような人材は使わないようだし。次戦以降、バラックが加わったとして、攻撃の基点が2つになるだけだ。そもそも、奴にできることは、強引なドリブル突破と、自陣からの中長距離のパスぐらいだろう。ファンタジスタ扱いする世論の気が知れない。

 何より気になったのが、プレーの質の面である。本来、ドイツ(西ドイツ)の恐さとは、彼らが技術以外のものを信じていることにあった。ゲーム終盤の絶体絶命のところで何度もゴールを入れてきたのは、テクニックを信じず、シンプルなプレーを丁寧に行うから。今の彼らは、トラップは大雑把で、キックもテキトー。合理的なプレーに終始するというより、漫然とプレーする時間が多すぎる。強豪同士の厳しい試合で通用するレベルには、とてもない。ゲルマン魂ってのは、遺伝しないんだな、きっと。

« ベルマーレの5連敗に北島義生待望論を唱える | トップページ | イングランド対パラグアイ~W杯千字戦記② »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ対コスタリカ~W杯千字戦記①:

» 6ゴールよりジョー・コール [高スポ編集雑記]
 W杯が始まったので、ワタクシも気合いを入れたフリをして、執筆にいそしむ。というわけで、高スポ★オンラインに記事を2本、投稿した。お題は、ドイツ対コスタリカと、イングランド対パラグアイ。一般的には、6ゴールも入った前者の方が面白いのだろうが、ワタクシはあくまで後者の方を楽しんだ。ジョー・コールは、いい。... [続きを読む]

« ベルマーレの5連敗に北島義生待望論を唱える | トップページ | イングランド対パラグアイ~W杯千字戦記② »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ