« シェヴァの不在とミランの得点力不足 | トップページ | ニヴァウドは湘南には贅沢な選手だったのか »

2006年12月 3日 (日)

柏レイソルの昇格を見送る加藤望の消えない闘志

 アウェイのゴール裏に裸族が降臨し、大挙して訪れたサポーターが黄色いボードを掲げる中、柏レイソルがJ1昇格を決めた。こうして昇格チームを見送るのは、ベルマーレにとって何度目だろうか。残念な結果であったが、昨シーズンのホーム最終戦とは違って、内容までもが最悪というわけではなかった。なかでも、やはり加藤望が存在感を示していた。
(2006年12月2日 湘南ベルマーレ0‐3柏レイソル 平塚競技場)

 予想に反して多くのチャンスを生み出した前半のベルマーレのキーマンは紛れもなく加藤望であった。フリーキックをバーにあて、高い位置でボールを奪取し、アジエルとのパス交換や2列目からの飛び出しでシュートまで持ち込んだ。古巣の昇格がかかった試合だからといって別に気にしないというコメントとは裏腹に、気合の入ったプレーだった。
 そこで加藤が決めていれば、なんの問題もなかったのだ。良い時間帯に決め切れなければ、やはり勝てない。それでなくても再三危ないシーンがあったのだから、失点は時間の問題ともいえた。レイソル・サポーターからしても、たとえ入れ替え戦送りになっても、あるいはそこで昇格が阻まれても、立ち塞がったのが加藤望であれば、物語になるわけだし。
 失点後に加藤がイエローカードを出されたシーンは、GKの手元のボールへ膝を入れたというもので、普通であれば膝を振り上げるまでいかず、キーパーチャージ止まりに抑えるところだろう。ボールへの執着というよりは血気にはやったという形容がふさわしく、褒められるプレーではないのだろうが、チーム最年長の選手が血気にはやるというのは、私は好きだ。もっとも、前半途中で傷んだことで頭に血が上ったせいかもしれないが(尋常でない痛がり方で自らプレイを中断するような状態だった)。

★後記:テレビ放送で確認した。加藤望のイエローカードは頭に血が上ったものなんかではなかった。冷静で当然のプレーだった。加藤がアクションを起こし始めた時点ではボールはニュートラルで南雄太が保持していたわけではなかった。膝が当たって時点でも南がボールを掴んでいたかどうかは怪しい。あそこで足を出していなかったら、そのだらしないプレーに失望したことだろう。

 シーズン最終戦はいつでもほろ苦く、未来への展望を語ったところであっさり覆されたりするのが嫌なのだが、今日は戸田賢良の涙を見るのが辛かった。ベルマーレは、FC東京を敗った日に見た彼の輝きを継続して引き出すことができないまま、今日に至った。佐藤悠介については今でもこのチームに最も必要な選手だと考えているし、ニヴァウドの姿が見えなくなったことが今シーズンの象徴的な出来事だと考えている・・・。
 もうよそう。今シーズンの総括は別途述べることにしたい。

※メモ:2時間10分前に緑地5台程度。入場者9000人超だが柏な人々は電車多数。

« シェヴァの不在とミランの得点力不足 | トップページ | ニヴァウドは湘南には贅沢な選手だったのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柏レイソルの昇格を見送る加藤望の消えない闘志:

» J1昇格・柏、石崎監督続投、リカルジーニョは退団。中澤ら代表クラス獲得へ [サッカーニュース24]
【柏】関連ニュース ・柏J1復帰で中沢獲得に動く (スポニチ) 柏が逆転でJ1昇格を決めた。J2柏は2日、アウエーで湘南に3―0で快勝し、仙台に敗れた神戸と入れ替わってJ1自動昇格の2位に浮上し、1年でのJ1復帰を果た... [続きを読む]

« シェヴァの不在とミランの得点力不足 | トップページ | ニヴァウドは湘南には贅沢な選手だったのか »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ