« 2007年のJ2を予想 | トップページ | サンデュをやる気(本気)にさせる策はあるか? »

2007年3月 3日 (土)

佐藤悠介はもういない――予想通りに課題が顕在化

 ジャーンや斉藤俊秀を補強したとはいえ、まったく楽観できない2007年の湘南ベルマーレ。開幕第1戦から、予想されていた課題を律儀にも顕在化した。これが「膿を出した」というのであれば笑っていられるが、まあ、課題山積ということなのだろう。
(2007年3月3日 湘南ベルマーレ1―2ベガルタ仙台 平塚競技場)

 開始5分でのアジエルの先制ゴールは、広がり始めた黒雲の中の一筋の光だった。
 試合開始からマイボールを組み立てることができず、攻め手はカウンターぐらいかと思われたタイミングでの、鮮やかなカウンターからのドリブルシュート。この形でしか打開できそうになかった。もちろん、その唯一の突破口から得点に繋げたのだから、最悪の状況よりはマシであるが。

 最大の問題は、中盤より前でマイボールがキープできないことだ。相手選手を背負った状態でボールを保持できる選手がいない。後ろからボール(時に足)を蹴りにいく仙台のディフェンスにいいようにボールを奪われ、主審が笛を吹かない(たまに吹く)ことにフラストレーションを溜めていった。後半、FW柿本倫明を投入してからは改善したが、前線でのポストプレーを戦術の中心に据えるためには、梅田直哉の復帰を待つしかないのかもしれない(このセリフを言い続けてきて、我ながらマンネリ気味)。
 実際にはポストプレーで一気に局面を打開しようというのではなく、パス交換をベースにしつつ、アジエルのドリブル突破でアクセントをつけようとしているのだろう。しかし、アジエルがボールを欲しがってポジションを下げすぎる。昨シーズン終盤にも見えた悪癖で、菅野監督はアジエルのポジションを高くすることを意図していたはずだが、うまくいっていない。対症療法的に柿本を1トップにして両サイドに永里源気と加藤望を配し、アジエルをフリーポジションにしたのだが、ボールを受け取るポジションが低いままなので相手にとって脅威にならない。希望としては、アジエルにはマーカーの目が離れずにいたので、アジエルを囮に他の選手がチャンスメークできるようになって欲しいところだ。

 坂本紘司のボランチ起用についても昨年来の懸案事項か。坂本本人のディフェンスに関してはかなり向上していると思う。中里宏司とのダブルボランチは、ポジションのバランスを意識してスペースを埋めていた。しかし、2人ともボール奪取に長けているというよりも、ボールホルダーをマークして自由にさせない作業を忠実にこなすという方向性に見える。まあ今日はロペス相手だったので苦しいところだが。
 坂本には、ディフェンス面に加えて展開力も要求されているのだろうか。セットプレーのキッカーを任せられていることといい、それは佐藤悠介の代役だ。しかし、佐藤悠介の展開力、セットプレーの精度を坂本に求めるのは酷だし、坂本の持ち味であるテクニックやファールゲット力を生かすには、もう少し高い位置がふさわしい。
 いない選手の幻を追ってもチームはうまくいかない。佐藤悠介はもういないのだ。今いる選手の能力を生かしたチーム作りを志向すべきなのではないか。

 先発起用されたルーキーのGK金永基には苦いデビュー戦だっただろう。小島伸幸、鈴木正人の系譜を継ぐトンデモキックばかりがクローズアップされたが、ポジショニングの不味さも目立った。飛び出すかどうかの判断がずれてもいた。
 財津俊一郎のディフェンスはヒヤヒヤものだった。中央が安定しているからまだいいのだが、今日のように攻撃にも絡めないのでは、起用の狙いは当たらなかったというべきだろう。

 シーズン前に予想された問題点が見事に顕在化した開幕戦となったが、昨年のように修正不能な核心部分の欠陥ではない。それに、長丁場のJ2ではいずれ明らかになることだ。
 意識すべき問題は、そんな個々の瑣末な問題ではない。このチームがここ数年、シーズン中の成長、成熟を見せてこなかったことが意識すべき問題点だ。今年こそは、ゲームを通じてチームの成長を見せて欲しいし、それがなければ、たとえ今日の開幕戦で快勝したとしても、結局は例年と同じような竜頭蛇尾なのだ。

【付記・ベガルタ仙台の感想】
 ロペスの生かし方を意識しているように見えた。実際にロペスは前後左右に動いて、縦に突破するパス、サイドへ開くパスを通したり、時に前線に飛び出したりと生き生きしていた。
 ボランチのジョニウソンは良い選手だと思われた。アジエルへのチェックも強烈。ただし、ボールの奪い方がファールくさい。主審によってやり方を変える器用さがあれば問題にならないのだろう。

« 2007年のJ2を予想 | トップページ | サンデュをやる気(本気)にさせる策はあるか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤悠介はもういない――予想通りに課題が顕在化:

« 2007年のJ2を予想 | トップページ | サンデュをやる気(本気)にさせる策はあるか? »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ