« ジョーカーが喜んで脇役を――ペルー戦にみたオシムの理想 | トップページ | 湘南サポが見せた大人なブーイング »

2007年4月16日 (月)

ラモスの首はつながっているか?

 服部年宏は怒っていた。ボールが来ないことに? フッキとディエゴがボールをガメることに? 名波浩が生きていないことに? ジュビロ時代の経験を生かせないことに? なぜかはわからないが。
 ジュビロ黄金時代の選手はそういうコミュニケーションの仕方をするということなのかもしれないが、服部が怒るのも無理はないチーム状況だったことは確かだ。
(2007年4月15日 湘南ベルマーレ3―0東京ヴェルディ1969 平塚競技場)

 とにかく服部にボールは渡らなかった。印象的なのは相手陣内でのFKで、ベルマーレが分厚い壁を作り、左サイドで服部がドフリーであっても、フッキ(やディエゴ)は絶対に直接ゴールを狙い、周囲を使う気はサラサラなかった。オーバーラップした服部を使う場面も記憶にない。パスが出ないせいもあるが、この日のヴェルディは服部を「アジエル番」と決め付けていたようにも見える。湘南からすると、右SB村山祐介が盛んにオーバーラップすることができ、右サイドが極めて活発に見えたのだが、これはヴェルディの失策に助けられている気がする。服部は隙を見て前進しようとしていたようにも思えたが、それは使われなかった印象が強いのだ。
 そして名波浩。前半はなにしろポジションが低く、デイフェンスラインに吸収されているシーンも多々見られた。ボールを持ったときに湘南FWにチェックされたのも、そのポジションが原因なのではなかろうか。ディエゴやフッキが湘南のダブルボランチを引きずり回していたので、もう少し高いポジションでプレーしてれば湘南にとっては脅威だった。実際、ポジションを高く修正した後半は、湘南のFWもボランチもチェックできず、危険なパスを前線に供給する場面がいくつかあった。とはいえ、ゼ・ルイス不在の中でDFを心配した結果があの低いポジションだったのかもしれないが。

 今日のヴェルディは名波がチームを掌握せず、フッキ&ディエゴのフィジカル兄弟がチャンスメイクとゴールゲットの両方を実行しようと奮闘していたのだが、「それなら名波は要らないのでは?」というのが素朴な印象だ。2006年のベガルタ仙台のように、攻撃は前線の2~3人に任せて、あとの選手はしっかり守るという形だ。名波のポジションには、フィジカル重視でガツガツ守る選手を置くと。
 でも、ラモスも柱谷も、そう考えてはいまい。名波や大野敏隆や佐藤悠介を使ってチャンスメイクをさせ、フッキやディエゴにはフィニッシャーとしての役割を期待しているのだろう。そうでなければ今年の大補強は説明がつかない。今日のような試合をするのであれば、名波も服部もコストパフォーマンスの悪い補強というしかない。あの2人をただピッチの上に置くだけだなんて、贅沢というよりは、日本サッカー界の損失なのではないか?

 と、ヴェルディのことを書いてきたが、ベルマーレについては書きようがない。なにしろ今日は祭りだった。
 久々に登場したムードメーカー北島義生がフッキやディエゴにしつこく絡みつき、ベテランFW外池大亮は出場5分で十八番のヘディングゴールを決め(おまけにナントカ戦隊のテーマ曲をスタジアムで流した)、アジエルは恒例の変態ドリブルを繰り出し、加藤望の頼りになる冷静な先制点、原竜太が前線で身体を張ってフィジカル攻撃を吸収した(今日はアザだらけだろうなあ。彼だけは、祭は祭でもケンカ祭)。
 3点差は出来過ぎで、ベルマーレだけが前節休みだったことを考えれば過信は禁物だが、これで文句を言ったら罰が当たる。先週の徳島戦のグダグダぶりに比べたら…。

 ヴェルディのことを気にしているのは、優勝予想チームの動向という他にも理由があって、5月の次回対戦時には「高スポ★オンライン」の2大巨頭(って2人しかいないのですが)が久々に集結して、ラモスのお大尽采配を観戦する計画なのだ。1月から計画してきたこのオフ会について「その頃はすでにラモスは不在だったりして」と言っていた本誌主筆・荒木又三郎の予言が的中するのだろうか?

 永井秀樹が投入後6分で2枚目の黄紙をもらって退場になった挙句の3連敗だなんて、「ラモス最後の試合」としてはできすぎなんだが、今のところ解任や辞任なんてニュースは流れてこないな…

« ジョーカーが喜んで脇役を――ペルー戦にみたオシムの理想 | トップページ | 湘南サポが見せた大人なブーイング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラモスの首はつながっているか?:

« ジョーカーが喜んで脇役を――ペルー戦にみたオシムの理想 | トップページ | 湘南サポが見せた大人なブーイング »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ