« 湘南ベルマーレのセットプレー(2) | トップページ | シャキール・オニールという賭け »

2008年1月27日 (日)

後戻り著しい無策の中盤――チリ戦で露呈した速攻依存の岡ちゃん節

 出戻り岡ちゃんの緒戦は、みるべき点もないままスコアレスドローに終わった。ほぼオシム時代と変わらない先発メンバーは、ビエルサ率いるチリ代表の網をかいくぐることができず、攻撃面での無策ぶりを印象付けた。遠藤、中村憲、山岸を並べた中盤は中央に固まりがちとなり、両サイドバックを機能させられない。若手中心で、監督交代から間もないチリのプレッシングに、手も足も出なかったというのが現実だろう。速攻依存の岡ちゃん節が垣間みえるなか、オシムの掲げた攻撃志向は明らかに後戻りしている。

 事あるごとにオシムと比較されることを避けてようとしていた岡田監督だったが、先発メンバーの多くはオシムのそれと変わらなかった。最大のポイントは内田の抜擢だったが、これすらもあっと驚くほどのことではない。攻撃面での貢献はもちろん、守備に回ったときのプレーには若手らしからぬものがあり、鹿島や下の世代での活躍をみれば順当なものといえる。岡ちゃんにとっては、加地以上の果敢なオーバーラップを期待したチョイスだったに違いない。

 語られるべきはむしろ、中盤に遠藤、中村憲、山岸を並べたことだろう。3トップ気味でサイドを広く使おうとしてきたオシムとは異なるものだ。試合後、監督自ら「トップになかなかボールが収まらなかった」と話したように、2トップのポストプレーに依存する戦術で、両サイドを有効に使うコンセプトは感じなかった。実際、サイドチェンジはほぼ皆無だったし、結局のところ、チリのプレッシングを「かいくぐった」といえるシーンはほとんどなかった。大久保が外しまくった再三のチャンスは、いずれも裏へ抜け出してのプレーであり、いわばチリが広げていた包囲網を飛び越えて行われた攻撃である。

 チリ代表・ビエルサ監督のめざすサッカーの持ち味は、中盤からの積極的なプレスと、これに連動したショートカウンターにある。かつてアルゼンチン代表で見せたそのスタイルは、多くのプレッシングサッカー信奉者を魅了した。今回のチリ代表は、当時のアルゼンチンに比べて戦力の違いこそ歴然だが、それでも日本代表はまとわりつく小兵たちに手こずりまくった。ダイレクトやワンタッチでのボール回しは鳴りを潜め、チャンスの数こそ上回ったかもしれないが、試合の主導権を握ったとは言い難い。
 何より、プレーエリアが中央に集まりがちだったことは、気にかかる。左サイドでの飛び出しを期待された山岸は右に流れがちだったし、遠藤、中村はボールを得ても前を向けない。それ故に両サイドバックの出足は遅く、とくに鹿島でカウンターサッカーを叩き込まれている内田は、オーバーラップを自重気味だったように思えた。しかし、チリにとっては、日本が中央に固まって間延びすることこそ思う壺だったはずである。後半、羽生の投入によって状況が打開したものの、本来であれば、彼の投入を待たずして先発の中盤3人が何かしらの手を打つべきだった。オシム政権下であれば、それが期待されたはずである。
 また、守備の面でも、相手のヒゲ面にさんざんやられた感は否めない。ボールを奪ったら、素早く左サイドが駆け上がるというチリの戦術はみえみえに思われたのだが、攻めあぐねる日本の中盤にとっては、それどころではなかったに違いない。高い位置でボールを奪おう(そして速攻へ)との岡ちゃんの意図は感じられたのだが、彼らはことごとく失敗していた。日本選手に詰め寄られ、もはやパスの出しどころがなくなっても、チリの選手たちは簡単にはボールを奪われない。その間に味方は自らのマークを確認し、日本の速攻に身構える。奪ったボールを簡単に奪い返され続けたことは、「トップになかなかボールが収まらなかった」という一言で済ましてよいものではなかったはずだ。

 スコアレスドローは、むしろ都合の良い結果だったかもしれない。大久保のシュートが決まって勝ってでもいたら、メディアは「順風満帆の緒戦勝利」と喧伝したかもしれない。オシムサッカーの果敢さを捨て、若手をかき集めただけの即席のプレッシングサッカーに苦労する姿は、従来の日本型への逆戻りを印象付けた。高原、遠藤、中村憲などのテクニックなくしてはチャンスをつくれぬというのは、いかにも弱者らしい。日本の武器は少ないのだ。例えば、大久保の思い切りが、単にゴールを見ないでシュートを撃ちまくっているからだということもわかったことだろうし、岡ちゃんの愛する山瀬が、囲まれてしまえば何ができるわけでもないことも明白になったはず。むしろ先にも述べたように、体格で劣るチリの小兵たちがいかにしてプレーしていたのかにこそ、学ぶべきことがあっただろう。

 それにしても、駒野のデキは不愉快だ。オシム時代の終わりごろもそうだったのだが、とにかくミスがめだつ。ミドルシュートを撃ちに行って相手GKへ“パス”してしまうシーンが多いし、守備面ではポジショニングを誤り、時としてカバーリングをサボる。チリ戦でも、オーバーラップ後にカウンターを受けた際、山岸がケアしたのを見届けるや否や減速し、結果的に鈴木啓太にフォローを任せるシーンがみられた。「何様のつもりだ!」と思う。少なくとも、鈴木啓太1人で中盤の底を支えようという陣形で、あのプレーはあり得ない。しかし、左サイドバックに関して日本にはろくな競争相手がいないのは周知の事実であり、本人もそれを「よく知っている」のだろう。体力面はいうに及ばず、左脚でいかに精度の高いクロスを上げられるかがこのポジションの生命線だが、今のところまともなライバルはいない。しかし、チリ戦でまともなクロスを挙げたプレーが何度あったかというと、試合終了間際、相手のスライディングをかわしてフリーで放り込んだクロスぐらいだろう。しょせん、相手DFを目の前にして効果的なクロスを入れられるほどの選手ではない。ベッカム並みの待遇(つまり、味方が彼をフリーにしてくれる)がなければ、左脚の精度も宝の持ち腐れになる。右の加地ではなく、駒野にこそライバルが必要だ。

« 湘南ベルマーレのセットプレー(2) | トップページ | シャキール・オニールという賭け »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 湘南ベルマーレのセットプレー(2) | トップページ | シャキール・オニールという賭け »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ