« 菅野将晃監督の続投を支持しつつも不安 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。斉藤先生! »

2008年3月 2日 (日)

2008年のJ2を予想

 原理的にいって、J2の予想は難しいのだ。2部リーグである以上、どのチームを見ても欠点が目につくし、一見本命のチームであっても、長丁場にあってはその欠点を執拗に突かれることは避けられない。選手層の薄いチームもあるので1人のケガ人で一気に様相が変わるし、降格がないリーグなので下位チームの戦い方にもバラつきがある。…とまあ、やる前から言い訳モードなわけだが。

1位 湘南ベルマーレ
 本命が見当たらないので願望で湘南を1位に推します。どーもすいません。いや、願望というかむしろ祈りです。どうか昇格させてください、お願いします。今年の湘南の陣容は、J2中位以下の運営費にあっては無理をしているものだし、かといって金さえ出せば簡単に再現できるという性質のものでもないと思う。編成担当者の苦心がうかがえる。これで昇格できないとなると、かなりツライ(ある意味では、裕福でない他のチームにとっても希望の星であるはず)。
 実際には、いろいろと懸案材料はあるのだけど、坂本紘司が昨シーズン終了後に自分で挙げていた課題を克服してくれれば、とすがるばかり。

2位 セレッソ大阪
 本来なら昇格候補の筆頭ですよ。クルピ就任後の有望若手選手達の成長は本物と見たし、ジェルマーノの残留も大きい。補強は多くないが、尾亦の獲得には唸った。尾亦、香川、古橋のユニットで攻めてこられるのは脅威になると思う。
 にもかかわらずランクを落としているのは、吉田宗弘の移籍を重く見ているから。セカンドGKだった多田大介を愛媛に送り出していたわけだから、吉田の退団は予定外のはず。GKが不安定なチームは信用できない、というのが、伊藤裕二が去った後の湘南を見てきた結論なのだ。

3位 サンフレッチェ広島
 このメンバーが額面どおりに働けば昇格は間違いない。それは認める。しかし2007年だって、あのメンバーが額面どおりに働けば降格などありえなかったわけで、そこについての危機感が薄いようにみえる。森崎和幸のDF起用をあきらめた、とかそういうレベルの話ではないと思うのだが。
 まあ久保竜彦が大暴れをするようなら、シャッポを脱ぐけど。

4位 モンテディオ山形
 2007年の札幌、2006年の横浜FCが占有していたノーマーク枠は、今年は山形だろうと予想。その2チームと似て、地味ながらしっかり守れるチームカラーであるし、新監督の小林伸二もまた堅守のチームを作るのが上手にみえる。
 といいつつ昇格圏に入れていないのは、2007年もそうだったが、ケガ人が出たときの選手層が課題だから。それと、小林セレッソが躍進したときはブラジル人ボランチが効いていたのだけど、今の山形はそのポジションが手薄な気がして、降格した年のセレッソにイメージがカブるような気が…。

5位 ヴァンフォーレ甲府
 侮るつもりはないが、1年でのJ1復帰を果たすようなチームではないでしょう。降格して1年での再昇格を果たすチームは、たいてい「J2では反則級の戦力」という前評判でありながら、けっこう苦しんでどうにかたどり着く、というのが私の印象なのだ。そういう観点から言うと、甲府は苦しい。良いチームだとは思うが、反則級とまではいかない。
 2007年の終盤に、降格が迫ってもジタバタしなかったのは好感が持てたわけだが、2008年だって昇格のために無理をして戦力を補強した気配はない。健全経営で結構だが、淡白な印象にも映る(長所と短所は背中合わせ、ということ)。

6位 アビスパ福岡
 黒部、ハーフナー・マイクを獲得し、久保も所望していたとあって、「放り込みサッカー」でもするのか? と他人事モードで見ていたのだが、本当にそうらしい。そういう割り切りができるとしたら、結構脅威になりそう。少なくとも、上位チームにとって厄介な存在になりそうだ。
 とはいえ、昇格するかというと、見込薄。アレックス、リンコンという得点源を放出し、大量解雇も敢行したわけで、客観的には再建モードだ。それと、中核となる日本人選手は維持されているが、いかんせん選手の数が少ない。ケガ人が出たら即アウトという気配。故障者が出たポジションにオージーを連れて来るという作戦?

7位 ベガルタ仙台
 ジリ貧、と書いたのは昨年の順位予想だったが、本当にそうなりつつある。ブラジル人選手0人体制で全員サッカーというが、実現するのはかなり困難だろう。守備をしない、動かないと不評だったらしいロペスが退団したが、彼のキープ力で相手選手2人を引きつけていたわけで、梁や佐藤由紀彦にそのしわ寄せがいったときに、どう対処するのか。

8位 ザスパ草津
 ステップアップできそうな予感がする。中盤がそれなりに整ってきたし、植木監督の手腕を私は買っているのだ。DFの中心であったチカが抜けたが、以前と違ってチカへの依存度は下がっていたので、対応は可能だろう。課題はむしろオフェンスなのだが、今年はヤスが20点ぐらい取るんじゃないかな(お約束の締め)。

9位 横浜FC
 降格即10位以下、というのはさすがに考えにくいのでここに置いたが、実際にはこのチームのイメージはつかめていない。GK菅野も去り、2006年の生命線だった堅守が失われた印象なのだ。都並監督はまったくの無能というわけではないが時間を必要とするタイプなので、再建には時間がかかるだろう。もっとも、藤川コーチを連れて来ていないので、その評価が変わる可能性もあるが(膝立てFKを行うかどうかも含めて)。

10位 サガン鳥栖
 ベテラン不在が響くとみた。2007年まで在籍していた選手がそれに該当するかどうかはともかく、チームには確たるベテラン選手が必要だと思うので、その意味で鳥栖は推しにくい。雷事件の私怨で予想順位を下げたわけではないです。

11位 愛媛FC
 中心選手が入れ替わっていて予想しにくいのだけど、育成力は実証済みなので、2008年もソコソコ戦えると思われる。ただ、試合数が減ったことがマイナス要因か。

12位 ロアッソ熊本
 もうちょっと上位に行けるかもしれない。2007年はホンダFCよりも安定した戦いをしていたわけだし。Jリーグで経験のある選手達が中心となって2年目、3年目のシーズンを迎えるというのも好感材料。

13位 徳島ヴォルティス
 金持ち(なはず)なのに、その金を効果的に使えていない印象。ポカリの意地はないのか! と言いたい。今年の補強も一進一退という印象だ。米田が丹羽の代わりを務めてようやくプラマイゼロなのか?

14位 FC岐阜
 岐阜を最下位に予想する向きが多いのは、納得できる部分もあるのだが、賛同しにくい。GMは今西さんだし、松永英機には甲府時代に痛い目に遭わされているから、警戒している。ま、それだけなんだけど。

15位 水戸ホーリーホック
 編成に苦しむのは毎年のことだが、今年は極めつきで苦しそうだ。吉本と小椋とセンターラインの2人が抜けたのは痛すぎる(代わりの補強選手も即戦力という感じではないし)。新監督はただでさえ前田秀樹の後任というプレッシャーがある(ないのかなあ)のに、保有戦力も計算しにくく、理想と現実のギャップに直面しそう。

 ま、結局私の予想なんて当たりゃせんのだけどね。特に下位については選手が1人ブレークすれば一気に勢力図が変わってくる。
 ともあれ1週間後には開幕だ。例年はこの時期、空元気で強気に構えることが多いのだが、今年はむしろ不安が多い。それだけ湘南に手応えがあるということなのだろう。

参考:2007年のJ2を予想

« 菅野将晃監督の続投を支持しつつも不安 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。斉藤先生! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年のJ2を予想:

« 菅野将晃監督の続投を支持しつつも不安 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。斉藤先生! »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ