« 2008年のJ2を予想 | トップページ | 大山俊輔の試練と保険としての加藤望 »

2008年3月 9日 (日)

今年もよろしくお願いします。斉藤先生!

 課題を突きつけられた開幕戦だったが、サッカーに負けて勝負に勝った。新しいメンバーが加わり、チームとしての課題が見えた中で、改めて斉藤俊秀の価値が浮き彫りになった。
(2008年3月8日 湘南ベルマーレ1―0ベガルタ仙台 平塚競技場)

 序盤から湘南は押し込まれた。
 仙台は、登録上は2トップだったが、関口訓充が高い位置どりで、実質的に3トップになっていた。そのうえ両サイドバックが積極的に、時には2人同時に攻め上がるのでオフェンスが分厚い。湘南左SB三田光がカバーを意識してか内に絞った中途半端なポジショニングで余り気味になり、仙台右SB菅井直樹への応対は湘南左SHの大山俊輔に任せ切りとなった。
 序盤の20分を凌げれば、と思いながら見ていたが、20分どころか45分の辛抱だった。私の席から見て最も不安だったのは湘南右SB山口貴弘。対面する関口を警戒するあまりポジションを下げてしまい、結果としてDFラインを1人で崩していた。ジャーンのプレーにも不安定さが垣間見えたため、再三にわたる仙台のシュートに肝を冷やした。
 湘南としては、頻繁に攻め上がる仙台のSBの裏を突ければよかったのだろうが、割と馬鹿正直に中央突破を狙っていた。たまに石原直樹や阿部吉朗がサイドに流れれても、今度は中央の人数が足りない。全体として攻守の切り替えが遅かったし、大山がDFに気を遣っていたことの弊害もあったろう。
 後半に入っても、55分頃に2本続けて与えたFKに脅威を感じる(特に1本目は梁勇基の得意そうな角度だったし)など、依然として仙台が主導権を握り続けた。しかし湘南のチャンスも増え、アジエルのパスに石原が抜け出すなどの好機もあった。
 そして決勝ゴールは74分に大山が蹴ったCKからジャーン。ゲームの流れからいうと、セットプレーを決めた方が勝つであろう重たい展開だったのだが、その通りになった。

 仙台にとっては辛いゲームだろう。この日の仙台は、とにかくゴールが遠かった。「課題はゴールできなかったことだけ」というほどゲームを支配し、湘南を上回るシュートを放ちながらも、結局、ネットを揺らすことはなかった。開幕前から、決定的な仕事をするブラジル人選手を失ったという問題点を指摘されていたのだが、それを実証したかのような試合になってしまった。
 ただし、湘南の選手達が再三のピンチにも、水際で身体を張ってシュートコースを消していたことも事実だ。したがって、「仙台の決定力不足」ではなく「湘南の粘り勝ち」と解釈した方が、双方にとって良いのではないだろうか。

 湘南はこの試合、4人の新戦力をピッチに立たせた。個々の評価はひとまず見送るが、4人とも持ち味を発揮していたと思う。だから、新戦力を入れたことが即苦戦の原因とは言えない。
 今日の試合内容は、昨季のピーク時よりもいくらか落ちた状態である。私は、昨年秋頃の水準を基準にしてレベルアップして欲しいと思っていたが、さすがにそれは酷だった。いったんは低いレベルになるものの(それでも昨年の開幕時に比べて高い)、ここからまたチーム力を高めていくのだろう。
 そこで斉藤俊秀である。
「ハーフタイムに俊さん(斉藤)がこういうゲームはよくあるとみんなに話し、それで臨んだ後半にセットプレーから得点できた。その意味でイメージどおりだった」(石原のコメント)
http://www.jsgoal.jp/news/00061000/00061770.html
 プレーに関しても、ジャーンがやや不調な中にあって、抜群のポジショニングで危ないシーンをカバーしまくって存在感を示した。それもあって、今日のマンオブザマッチは、私の評価では斉藤俊秀だ。
 いや、今年もよろしくお願いします。斉藤先生!

« 2008年のJ2を予想 | トップページ | 大山俊輔の試練と保険としての加藤望 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年もよろしくお願いします。斉藤先生!:

« 2008年のJ2を予想 | トップページ | 大山俊輔の試練と保険としての加藤望 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ