« ドゥンビアに切り裂かれた湘南 | トップページ | NBAプレーオフがドカベン化している »

2008年4月14日 (月)

J1帰りのヴァンフォーレ甲府に不吉な既視感

 アウェイに乗り込む多くのサポーター、拡張整備されたホームスタジアム、そして羨まれるサッカースタイル。過去数年間の右肩上がりの時期にヴァンフォーレ甲府が得たものは多い。そしてそれらは容易に失われる。平塚競技場の住人にはよくわかる。
(2008年4月13日 湘南ベルマーレ1―0ヴァンフォーレ甲府 平塚競技場)

 甲府は、ディフェンスラインを高く保って前線からプレスをかけてきた。サイドでは、数的優位を生かしながらワンタッチでボールを回し、相手を翻弄する。そのサッカーは小気味よく魅力的で、J1の薫りを漂わせていた。
 湘南は前半、強風の中で風上に布陣した。ロングボールを積極的に使い、甲府DFの裏をめがけて石原直樹・原竜太の快足2トップを走らせた。TPOに合った戦術ではあるが、先入観なしに見れば「ザ・J2サッカー」に見えたかもしれない。甲府がエレガントであったために、なおさら。
 しかしこの湘南の作戦がハマった。2トップの飛び出しは甲府DFに対してプレッシャーを与え続けていたし、最前線でボールをキープし、2列目以降の攻め上がりを待つシーンも多発した。湘南の先制点もこの形からで、ロングボールに追いついた石原と甲府GK鶴田達也が交錯し、粘ってボールをキープした石原のゴール。

 甲府の布陣は左右両ウィングが広く開いた4―1―2―3。とりわけ目立ったのが左サイドの攻撃で、左ウィングの宇留野純、2列目左の美尾敦、左SBの井上雄幾の3人が狭いエリアに集まり、ワンタッチパスも織り交ぜて突破を図っていた。小気味よいパス交換はまったく見事で、客席からは「そこでリターンパスが来る!」と分かっても、当の選手は対応しきれず後手に回ることが多かった。
 ところが、甲府はゴールを得られない。サイド攻撃は見事だが、中央で待つFWジョジマールに怖さが感じられない。湘南CB(この日は斉藤俊秀と田村雄三)が封じ込めたわけだが、それほど苦心しているようには見えなかった。しっかり受け渡しをして、誰かが目を離さずにいればそれでオーケー、という対応をしていたように見えた。ポジション争いで駆け引きをしている印象も薄かったし、ジョジマールはただ相手のミスを待っているように思えた(気のせいか?)。
 反対側のウィングが絞り込んでくるイメージもあまりないため、人数過多気味のサイドで突破を果たしても、フィニッシュへの選択肢が多くないのだ。
 このように、甲府は高級な戦術を志向し、一部でそれを実現しつつも、要所要所で選手のクオリティが足りないように見えた。冒頭に「J1の薫りを漂わせていた」と書いたけれども、それは残り香なのかもしれない。
 思えば、守備に関しても、あれだけ高いラインを保っている割には不安定で、湘南のテキトーなロングボール(強風のせいもあろうが、攻め上がったSBの裏を狙うような精度はなかった。アバウトに距離感だけを意識したようなボールが多かった)にアタフタしていたし、湘南2トップにボールをキープされすぎだろう。

 この日の敗戦で10位となった甲府だが、次節の広島戦では善戦するような気がする。ロングボール、カウンターといったJ2戦術よりも、プレス合戦のほうが甲府にとっては望むところなのではないか。そして善戦しつつも、最後には力負けを喫する…。
 甲府サポーターにとって不吉な予想だが、降格チームの陥る罠なのだ。プレス合戦でなまじ戦えるから、自力があるものと錯覚してしまうのだ。相手のカウンターへの対応力は、J2を戦う上で必要な力の一つなのに、そこには目が向きにくくなるのだ。そう、一時期の湘南が過大評価されていた(もしくは戦力に見合った成績が残せなかった)理由だ。
 今のヴァンフォーレがロマンあふれるサッカーを続けるのは厳しい。バレーも、茂原も、須藤大輔も去った今、あの3トップ戦術を続けるのは無謀ともいえる。でもだからといって、カウンターサッカーをするわけにもいくまい。そんなことをしたら、J1時代に築いたものが無に帰してしまう。そんなふうにジリジリと苦しさが増していって、泥沼にはまる…。

 ロマンを求めても、結果が伴わなければサポーターも減っていくし、「優蔵走れ!」「なにやってんのよ」とだけ叫ぶようなライトなファンも減っていく。一度造った施設がなくなることはないが、老朽化は進み汚れが目立ち始める。グリーンとブルーの縞模様は往時の鮮やかさを失って久しい…。
 うん、そうなのだ。私からすると、今の甲府と数年前の湘南はダブって見えるのだ。甲府サポからしたら「縁起でもない」と思うだろうな。私が見ているものが見当違いなデジャヴであればよいですね、甲府の皆さん(本心から思っていますよ)。

« ドゥンビアに切り裂かれた湘南 | トップページ | NBAプレーオフがドカベン化している »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J1帰りのヴァンフォーレ甲府に不吉な既視感:

« ドゥンビアに切り裂かれた湘南 | トップページ | NBAプレーオフがドカベン化している »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ