« 赤い悪魔にみるクラブチームの理想型 | トップページ | アジエル不調でも勝てたが、水戸が心配 »

2008年5月 4日 (日)

臼井幸平と鈴木伸貴の二者択一

 成功体験が後の低迷の種になることがある。今日の完勝はそういった懸念を起こすものだ。「湘南の暴れん坊」復活への第一歩ともいえる勝利を否定するつもりはないのだが、シーズンはまだ長い。この試合がピークであっては困るのだ。
(2008年5月3日 湘南ベルマーレ4―0アビスパ福岡 平塚競技場)

 左右のサイドバックに起用された鈴木伸貴と臼井幸平がゴールライン付近まで攻め上がり、ドリブルを使いながら攻撃に絡む姿は、記憶の中で増幅された「湘南の暴れん坊」イメージを彷彿させるものだった。
 マンオブザマッチに選出された鈴木伸貴が演出した3点目などは、ベルマーレのサイドバックのプレーとしては、近年にない特筆ものだった。左サイドのハーフウェイラインを越えた辺りでボールを受けると、ドリブルに緩急をつけることで相手選手より半歩前に出る。その瞬間にGKとDFラインの間をめがけて左足で巻くボールを蹴る。ワンバウンドしたところで、飛び込んだ石原直樹がボレーし、ファインゴール。完璧。ビューティフル。
 右の臼井にしても、得点にこそ絡まなかったものの、アジエルとのパス交換から前線へ抜け出すなど、ゴールラインに近い位置でのプレーを見せて観客を沸かせた。
 左右のサイドバックが積極的に攻撃参加してチャンスを演出するというのは、往年のベルマーレファンにとっては待ちに待ったスタイルといえよう。「湘南の暴れん坊」復活と、狼煙を上げたいところだが、さすがにそれは気が早い。今日の完勝は出来すぎだ。

 確認しておくべきなのは、この日の先制点と2点目がセットプレーによるものということだ。2点のリードがあれば積極的にチャレンジできるのは当然だし、相手のバランスが崩れるからそれが成功する場合も多い。ゆえに、今日の成功を過信することはできない。
 また、対戦相手の問題もある。アビスパの出来が悪すぎたと考えることも出来る。特に立ち上がりの時間帯、アビスパの攻撃は崩れていた。登録上の2トップは大久保哲哉と布部陽功。大久保がターゲットになり、布部がその周囲でチャンスを伺うという狙いなのかと思ったが、実際には布部の存在感はほとんどなく、中盤の下がり目に位置していたようだ。前線にはいなかったし、サイドは田中佑昌と久永辰徳のエリアとされていたようなので、下がるしかなかったのだろう。トップ下には城後寿がおり、ドリブルでボールキープをしながらパスコースを探していたが、孤立し、有効な攻撃は作れていなかった。
 2点を先制された後、布部のポジションが上がると、福岡の攻勢となった。サイドを有効に使いながらボールをキープし、機を見てシュートに結びつけた。湘南にとっては耐える時間が続き、後半の開始直後にもそれは続いた。カウンターから3点目が湘南に入ったことで、ようやくその攻勢は勢いを失ったが、それまでの30~40分間の湘南はゲームの主導権を握れずにいた。
 相手が不調だった時間帯に付け込めたこと、押し込まれた時間を耐え切ったことは評価できるが、暴れん坊と呼ぶためには、それだけでは物足りない。この日の内容では、「相手次第」ということなのだから。

 そもそも、記憶が美化されているだけで、「攻撃的な両SB」は必須ではない。岩本輝雄と名良橋晃の両SBが効果的に成立していたのはJFLでの話であり、Jリーグでは通用しなかった。ベルマーレ平塚の躍進は、岩本テルのポジションを上げて、左SBに公文を起用するようになってからの話だ。
 したがって、サイドバックを2人とも攻撃的な選手にすることにこだわる必要はないともいえるのだが、それが菅野監督の野望なのかもしれない。
 2007年の開幕時には左・尾亦弘友希、右・財津俊一郎のコンビを起用していた。この選手起用は、クロスを入れられまくった(特に右から)ためか諦め、シーズン後半には、左は尾亦で固定し、右には山口貴弘や田村雄三といった、CBを本職とする選手にしていた。それを踏まえた今季も、三田光を左右いずれかのSBに起用し、臼井と鈴木伸貴の同時起用は行ってこなかった。
 三田光の出場停止、ジャーンと田村がケガ、山口を中央に起用、という状況になったことで窮余の策として臼井と鈴木伸貴が先発したのだが、これがうまく行き過ぎたことで、菅野監督の野望に再び火がついた可能性はある。しかし、それには賛成しにくい。既に見たように、この日の成功は幸運と相手の不出来に依存した部分があるからだ。

 攻撃的な両SB起用は急場しのぎであって、次節からは再びSBの一方には守備面での安定を求めるのかもしれない。それはそれで臼井と鈴木伸貴のどちらか一方だけを選ぶという難しさがある。
 前節の山形戦では臼井を起用して一部サポーターの間で物議をかもしたのだが、それには一理ある。なにしろ最近の鈴木伸貴の出来が良い。プレーの内容もさることながら、闘志が前面に出ているし、周囲とのコミュニケーションにも積極的だし、キャプテンシーのようなものさえ漂わせている。現状ではメンバーから外すことを考えにくいパフォーマンスを示しているのだ。
 一方で、臼井を使う意図も理解できる。アジエルが中央に入っていくことで生じるスペースを突く右SBは、湘南にとっては数年来の課題であるから。臼井の起用でそれを実現し、攻撃面で幅を広げたいという狙いは真っ当なものだ。

 恐らく臼井の起用は確定的なのだろうが、そうすると今度はボランチの永田亮太に関して検討が必要になってくる。永田の特長として、アジエルが作ったスペースに前進していけるという要素がある。この部分で臼井と永田がバッティングして一方の長所を消すようでは面白くない。臼井の前進力を生かそうとするのならば、臼井が上がっていった後ろをフォローできる特長が欲しくなる。となると北島義生にもチャンスが出てくる。しかし、永田の魅力も捨てがたい…。
 もちろん、全員が相互にフォローし合い、生かし合えることが理想的なのだが、現時点で理想を思い描きすぎることは危険だ。地に足をつけて、もっと安定的に勝点を稼げるようになることが先決だ。だから、どこかしらで自らの長所を断念して、対戦相手の長所を打ち消すことを意図する必要がある。
 そのためには、臼井幸平と鈴木伸貴の二者択一という状況も受け入れるべきだ。「湘南の暴れん坊」というお題目は、当分の間は封印だ。

« 赤い悪魔にみるクラブチームの理想型 | トップページ | アジエル不調でも勝てたが、水戸が心配 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臼井幸平と鈴木伸貴の二者択一:

« 赤い悪魔にみるクラブチームの理想型 | トップページ | アジエル不調でも勝てたが、水戸が心配 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ