« 岡ちゃんの方針転換がもたらす古くて新しい課題 | トップページ | 岐路に立つ永田亮太 »

2008年6月12日 (木)

梅田直哉の日になるはずだったのだが…

 ひどい敗戦は沢山見てきたが、今日のはまた独特のひどさだった。シーズンの流れ、ゲームの流れ、彼我の力量差をまったく考えていないようなプレーがもたらした敗戦である。リーグ戦を上位で戦うからこそ味わえる苦痛であるが、消化しづらいことこの上ない。
(2008年6日11日 湘南ベルマーレ2―3ザスパ草津 平塚競技場)

 わかっていない選手がいるようなので再確認しておく。
 大前提として、昇格争いをするチームは連敗してはいけない。これが最優先だ。シーズン序盤であればまだしも、中盤以降に連敗するチームが昇格した例は極めて少ない(というか、あったっけ?)。勝てなくてもドローで凌がなければならない。たとえ勝点1ずつでも積み上げることに意味があるし、敵チームの勝点を奪う意義もある。
 そして現状、湘南は耐え忍ぶ時期である。故障者や出場停止の選手が多いという事情に加え、日程的にもアウェイ続きのうえに上位チームとの対戦が続く(だから草津には勝っておきたいという考え方もあるが…)という苦しさもある。ジャーン欠場以降も順調に勝点を伸ばしてきたことによって、「勝てなければ終わってしまう」状況に陥らずに済んでおり、「一か八か勝ちにいく」状況ではない。
 
 で、この日のゲームだ。
 序盤から「攻める湘南・逆襲する草津」という構図で進み、25分にアジエルの見事な先制ゴール、43分に島田裕介の直接FKで同点、という前半だった。後半も立ち上がりこそ草津ペースだったが徐々に湘南が盛り返していた。75分にカウンターから島田のクロスに鳥居塚伸人がヘディングで合わせて草津が勝ち越した。
 問題はこの後の草津の3点目だ。87分、草津のロングボールに対して斉藤俊秀が下がりながら対応しようとしたところにGK金永基がペナルティエリアの外まで飛び出した。そして彼は前方の味方選手にパスしようとするがそのボールを奪われ、慌てて戻るもループシュートを決められた。
 信じがたいミス。飛び出すのはよいが、そこはクリアだろう。結果的にパスミスも犯したことで失点に繋がったが、そもそもパスの成否以前に判断ミスだ。なぜそこで焦ってギャンブルをする必要がある?
 2点差になっては追いつくのも難しいということは言わずもがな。そのうえ、ゲームは終始湘南が押しており、1点であればいつ入ってもおかしくない流れだったのではないか。草津の両CBはともにイエローカードを1枚ずつ受けていたわけだし。

 敗因はもちろん1つではない。前半の押していた時間帯に2点目を取るべきだったし、2点目はキーマン島田をフリーにしたところに問題があるし、ベンチに攻撃的な選手しか入れていなかった割に後手後手の交代策だったし、投入された選手の役割にも疑問符がつく。ただ、金のミスがもたらしたダメージが大きすぎた。いや、私にとって。
 スキルの差を見せつけられての敗戦、攻めたのに決めきれなかった敗戦、セットプレーやカウンターだけに沈んだ敗戦はいくつも経験してきたので対処のしようがある(愚痴を言う、不貞寝する、酒に溺れる、お百度参りをする等等)。しかし、この敗戦は性格が違う。下位チームを相手に押しながら、セーフティでよいところを無理するという戦略眼の不足を見せつけられたのは過去に記憶がない。
 それもそのはず。下位に低迷していた頃は、体力差、技術の差、戦術の差が主たる敗因であり、基本的には目の前の1試合の中で完結していたわけで、「シーズンの流れ」などという戦略的な観点にまでは思い至らなかったのだ。その意味では、チームが成長したからこその苦痛とも言えるわけで、そう考えると喜ばしいことなのかもしれない。本当か?

 本当は今日は梅田直哉の祝砲について書くつもりだったのにね。彼にとっては数少ない出場機会だし、両CBが黄紙を背負っていたのでチャンスだったのだけど。実際、ヘディングで石原直樹につないだ場面などは彼の持ち味が出ていた。FWが飽和気味の湘南だが、梅田のようなタイプが絶対に必要なのだと思うので、早く復帰ゴールを決めてリハビリ期間を終えて欲しいのだけど。

« 岡ちゃんの方針転換がもたらす古くて新しい課題 | トップページ | 岐路に立つ永田亮太 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅田直哉の日になるはずだったのだが…:

« 岡ちゃんの方針転換がもたらす古くて新しい課題 | トップページ | 岐路に立つ永田亮太 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ