« 荒川静香はハードルを上げすぎでは | トップページ | 岐阜の盛り上がり方は好感度高し »

2008年7月15日 (火)

加藤望が行動で示した気合注入

 4ゴールのどれにも絡んでいないが、加藤望はディフェンスで私の目を引きつけた。2点のリードを奪った後で、猛プレスを開始したのだ。ここ数試合のシャキっとしない戦いぶりに対する、彼なりの反省と意思表示だったのだろう。
(2008年7日13日 湘南ベルマーレ4―1愛媛FC 平塚競技場)

 アジエルの3点目が決まった後、加藤望にスイッチが入った。相手右SBにボールが入るや、かなりの距離があったにもかかわらず、猛然とダッシュしてプレッシャーをかけに行ったのだ。そこはパスでかわされたが、そのパスを追いかけ、坂本紘司、鈴木伸貴と3人でボールを取り囲んだ。このような場面を2度3度と作り出していた。
 加藤望のダッシュもさることながら、他の選手がスムーズに連動していたところが好感触。今季の湘南のプレスは、FWから始まるときはFWが孤立して他の8人と距離が開き、坂本紘司が飛び出すことで始めると空いたバイタルエリアを使われる、と今ひとつ噛み合っていなかったのだが、加藤望の所からプレスを開始するのは連動性という点で効果的になる。
 2点のリードを奪った直後というタイミングも絶妙。前節といい、この日の1点目といい、リードを奪いながら追いつかれるという試合が続いた中での2点リード。サポーターは浮かれた歌を歌い始めるし、いかにも気の緩みそうなタイミングだ。甲府戦で4―0と大勝したのに波に乗れないチーム状況といい、ビシッと締めるべき絶妙のタイミングだった。「気を抜かないでこのまま圧倒する」という意思表示だったのだろう。最年長が猛ダッシュを見せれば、他の選手はサボれない。

 この試合の主役は300試合出場を達成した坂本紘司で異論はないだろう。再三前線への飛び出しを見せ、自らゴールも決めた。ボランチでコンビを組む相手が田村雄三であったことで、坂本は後ろを任せて攻め上がることが出来ていた。永田亮太と組んでいたときには見られなかったプレーだ。
 田村をボランチに起用するのは、中央守備に高さと強さを加える意味もある。両SBが小さい2人である以上、中央でガツンと相手の攻撃を跳ね返す必要があるので、その点では永田よりも田村が適している。
 中央の守備での不安が軽くなれば、SBの守備負担も減る。マンオブザマッチとなった右SB臼井幸平は、愛媛のサイドアタックのキーマンである江後賢一をほぼ完封した(愛媛側からすると自滅という気配だが)うえ、再三の前進でアジエルからの無理なパスに走らされまくっていたので、功労賞ということだろう。

 中央の守備ということでは、3か月以上のブランクをもって、ジャーンが復帰したことが光明だろう。まだ万全とは見えなかったが、調子を上げてくれば守備の強化はもちろん、このところ得点に繋がっていないセットプレーの強化にも資するところがあろう(実はこの問題はけっこう深刻)。
 私のお気に入り・リンコン様の負傷が気がかりだが、反攻の体勢は整いつつある。

« 荒川静香はハードルを上げすぎでは | トップページ | 岐阜の盛り上がり方は好感度高し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加藤望が行動で示した気合注入:

« 荒川静香はハードルを上げすぎでは | トップページ | 岐阜の盛り上がり方は好感度高し »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ