« 世界のバスケの趨勢と田臥勇太の帰還 | トップページ | 好調甲府の理由を垣間見た&審判へのヤジを反省 »

2008年9月24日 (水)

今のベガルタに負けてはイカン

 相手はもう半死半生なのだ。昇格の望みを捨て、輪廻転生に望みをかけようとしているのだ。そんなチームに負けるとは情けない。
(2008年9日23日 湘南ベルマーレ1―2ベガルタ仙台 平塚競技場)

 とはいえ、ベガルタの勝利は妥当な結末だ。シュート数、決定機の数、いずれも湘南を上回っていたのだから。2失点はいずれも湘南のディフェンスにミスや甘さがあった場面だし、それ以外にもミスが多かった。加藤望のクロスバー直撃弾や阿部吉朗のシュートが入っていれば、という視点もありうるが、それを言い出すと平瀬智行の流し込むだけのシュートや、ナジソンのヘディングなども考えなければならないので面倒だ。
 もう少し突っ込んで考えるならば、湘南は前半の押していた時間帯に得点できなかったのが痛かった。特に、仙台のディフェンスラインが高く上がって一列になっていたところで裏を突けなかったのは、戦術眼の不足を感じさせられた。湘南自慢の快速2トップ相手に「よーいドン」の走り合いを辞さない、挑発的な態度だったのだから。前半終了間際に先制し、ハーフタイムを挟んだ後は修正を施されたのかリードを守る体制に入ったのか、あれほどラインを上げることはなくなった。

 ただまあ、内容を吟味する以前に、今のベガルタ仙台に負けてはいけない。
 昇格可能性がある時点で次期監督や次期GMの人事が漏れ聞こえるようなチームなのだから。真正直に受け止めるならば、「もう諦めて来年の体制を模索している」のだし、一部の不満分子がチームをかき回そうとして情報をリークしているのであれば「一丸となっていない内紛を抱えたチーム」ということであり、いずれにしても昇格の資格などない=他チームは仙台の昇格を断固阻止しなければならない。
 第3の解釈としては「うそでーす。監督・選手へのカンフル剤なんですよ、ハハハ」というものもありうるが、カンフル剤を必要としている崖っぷちのチームということを白状しているわけで、これまた負けられない理由になる。今日の湘南の敗戦は、電気ショックをかけられた死体がブルっと振り回した腕が顔面にヒットしたというようなことなのだろうか。
 どの解釈を採用するとしても、そんな状態のチームに負けたのは、湘南を応援する身としては実に悔しい。昨年8月のロペス決勝弾にも地団太を踏んだが、あのときの仙台はまだ昇格の可能性を残して生体として前進を試みていたチームだったので、今回とは訳が違う。今回の敗戦は、「こんなろくでもないチームに負けた」と考えざるを得ないので悔しい。湘南側が、降格以来最大級に盛り上がり、「一致団結」という言葉がふさわしい状態になっていているだけになおのこと。

 感情的にばかりなっても仕方ない。上で「妥当な結末」と書いたが、湘南には課題が見えている。今日の敗戦は、2か月以上にわたって負けていなかったので大幅に手を入れられなかった攻撃面での手詰まり感、メンバー選考の硬直感などの改善に着手する良いチャンスと考えることもできるのではないか。
 そういえば、普通にガップリ四つの互角の試合展開だったから忘れていたが、今日はジャーンと斉藤俊秀が不在で、アジエルもトゥットもブラジルに行って留守だったのだっけ。真面目な話、彼らの不在を試合中は忘れていた。残ったメンバーの充実ととらえるべきなのか、主力揃い踏みで叩き潰したかったと言うべきなのか、考えがまとまらない。次節に考えます。

« 世界のバスケの趨勢と田臥勇太の帰還 | トップページ | 好調甲府の理由を垣間見た&審判へのヤジを反省 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今のベガルタに負けてはイカン:

« 世界のバスケの趨勢と田臥勇太の帰還 | トップページ | 好調甲府の理由を垣間見た&審判へのヤジを反省 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ