« 中野友加里はワシが育てた | トップページ | 深遠なるアイスショーの世界を見くびってた »

2008年12月 2日 (火)

湘南の反撃体制が整った。やっと。

 やっと望んでいたメンバーで試合に臨めた。ケガ人の続出でチーム編成、監督構想が崩れっぱなしだった今季だが、41試合目にしてようやくだ。あとは残り3試合で連携の微調整を深めていくんだな。
(2008年11日30日 湘南ベルマーレ3―0FC岐阜 平塚競技場)

 この日の湘南は、GK金永基、CBにジャーンと斉藤俊秀、両SBに攻撃的な臼井幸平と鈴木伸貴、ボランチには坂本紘司と田村雄三の汗かきコンビ、中盤前目にアジエルと伸び盛りの若手、2トップの軸に石原直樹。ベンチには得点力の高い切り札FW(トゥット)と、攻守ともにチームを活性化できるジョーカー・加藤望を控えさせるというメンバー構成でゲームに臨んだ。当初の構想がようやく実現した。
 もちろん現実に即した微調整も含まれている。菊池大介の成長は嬉しい誤算だろうけど、開幕時に大山俊輔をスタメン起用していたことからも、誰かしら若手選手をSHでアジエルと組ませたいという意向は伺えた。ボランチには永田亮太のようなスキルフルなタイプを使うことで昨季に比べての上積みを作りたかったのかもしれないが、ダメなら坂本・田村コンビに立ち返ればよいということだったのだろう。FWについては、結局は昨季と同様に原竜太でディフェンス面での貢献を求めたわけで、上積みがないのかもしれないが、競争を煽った上で安定的に力を発揮するベースの布陣に立ち返ったという見方でよいのだろう。
 ともあれ、臼井、ジャーン、リンコン、アジエル、鈴木伸貴、また臼井、とケガ人が続出したおかげで、彼らが揃った試合は全然なかった(前半早々に臼井が負傷退場した大雨の広島戦くらい?)。11月も末になってやっとベストな布陣になったということだ。長かった。

 とはいえゲーム内容はまだまだ。3点取ったとはいえ、1点目は「これしかない」という高い位置でのボール奪取からの電撃カウンター。自分達の形で決めるということは評価できるけれど、最近の課題を克服したわけではない。2点目と3点目はリードした状態でのカウンターなのでね。まあ、最近ではそれすら出来ていなかったのだから復調気配という評価をしてよいか。
 目についたのはアジエルがボールを受けるためにかなり下がってくること。3ボランチのような位置取りからドリブルで前進していくので、パスミスが即ピンチになる。相手にとっても怖さが少ない。下がったアジエルと前線の間をつなぐ役目は、菊池にはまだ難しいか。そもそも、アジエルはもう少し高い位置にいないといけない。このメンバー構成であれば、J2相手ではそれが可能なはずだ。
 守備は、岐阜のFW片山真人へのマークが曖昧だった。サイドからのクロスに飛び込む選手が基本的には片山1人なので、もっと楽に対応できると思うのだが、ジャーンがサイドのカバーに意識が向いているせいか、片山を離す場面があり不安を感じた。いや、ジャーン自身は両睨みの位置取りをしているのかもしれないが、クロスの精度が高ければヒヤッとする場面が増えたんではないかな。

 しかしまあ、ホーム最終戦に勝てたことはよかった。今まで良い記憶がないから(J2になってから初めて勝った?)。さらに、日差しに恵まれた試合で勝つのも久しぶりで、これも良かった。平和な感じでホームラストのセレモニーを行えたわけだが、緊張感が抜けたわけでもなく、チームは良い感じに力が抜けているように見えた。
 ようやく揃ったベストメンバー(という表現は本意ではないが)を見られるのはあと3試合なんだっけ。いやあ、楽しみ楽しみ。

« 中野友加里はワシが育てた | トップページ | 深遠なるアイスショーの世界を見くびってた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湘南の反撃体制が整った。やっと。:

« 中野友加里はワシが育てた | トップページ | 深遠なるアイスショーの世界を見くびってた »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ