« bjリーグは意外と良かった | トップページ | 加藤望は応援する者の心情にシンクロする選手だった »

2009年1月 3日 (土)

天皇杯決勝にみるJ1の潮流

 延長後半11分の播戸のゴールで、天皇杯はガンバ大阪に転がり込んだ。コンディションの面では明らかに柏に劣っていたにもかかわらず、PK戦直前に「切り札」のゴールで決着。善戦むなしく敗れた柏・石崎監督の采配を思うに、地力の差を感じずにはおれない一戦だった。天皇杯決勝を振り返りつつ、資金面の差によって戦力差が拡大するJ1の現状を考えたい。

 石崎監督のとった戦術は、決して間違っていなかった。前半から果敢なプレスを敷いて試合の主導権を握り、それによってガンバの疲労を誘う。さらにエースのフランサをあえてベンチに置くことで、ボールを奪ったら速やかに両翼へ展開する布陣を整えた。実際、序盤に限ってはこれが動きの重い相手の機先を制することにつながり、レイソルが先制点を挙げる可能性は十分にある展開だったといえる。その幸運を呼び込めなかった最大の要因は、攻撃における個々の選手の技術力や判断力にあり、それが決定力の乏しさとして現れたと考えるべきだろう。仮にフランサというジョーカーがピッチにいれば攻撃力は上がったろうが、タイトな戦術で試合を支配することはできなかったに違いない。
 これに対してガンバは、時間が経つにつれて持ち味であるショートパス主体の支配力を発揮し始める。遠藤、橋本の不調によって中盤でのボール回しは機能していなかったが、途中から両サイドバックがオーバーラップを自重し、反撃の隙をうかがう。明神がミドルシュートを狙うなど、押し込まれている中でも慌てない試合運びに徹することにより、逆に積極的に動く柏の疲労を誘っていった。この辺りの駆け引きのうまさは、個々の選手が経験やテクニックを備えていてこそ発揮されるものであり、レイソルの選手には望み得ないもの。前半が終わるころには、むしろ柏の積極的なプレッシングのほうが崩壊寸前に追い込まれていた。
 石崎監督としては、後半開始からフランサを投入せざるを得なかったはずだ。決定力より主導権を握ることを優先した段階で、スコアレスで折り返すことは想定内だったろうが、ここまで守備がギリギリの状況になるのは予想される最悪のシナリオだったに違いない。このまま手を打たなければ試合を完全に支配されるのは明らかだったし、守備面でイニシアチブを取れない(ガンバにボール回しを許す)以上、攻撃面で張り合う以外にはなかった。予定では、より得点を狙える時間帯に送り出すはずだったフランサを前倒しで投入し、攻撃にアクセントを付けさせることで、ガンバが守備に回る時間を増やそうと考えたに違いない。
 実際、その試みは成功した。フランサは往年のラモスを思わせる活躍を見せ、いったんは奪われた流れを引き戻す。単調だった攻撃は活性化し、何度か好機もつくった。石崎監督としては、さらに李を投入して先制点を取りに行ったわけだが、得点には結びつかなかった。選手たちは得点を演出する最後の最後のところで精度を欠き、奪い返した主導権を有効に活用することはできない。そうこうする間にガンバはすかさずにフランサの自由を奪い、徐々に再度の攻勢に転じていく。後半半ば過ぎになると、レイソルのかなりの選手が、先制することより守りきることを優先し始めていたように映った。しかし、試合の主導権を完全にガンバへ取り返されていくなか、負傷者が出て最後のカードを切らざるを得なかった石崎監督には、もはや打つ手はなかったといえる。延長後半を凌げば結果がどちらに転ぶかはわからなかったわけだが、ガンバには最後の最後で播戸というカードを切れる余裕があったのも紛れもない事実である。
 90分で試合を決め、かつ前半は0-0でも構わないと考えた石崎監督に、批判される点があったとは思えない。手の内のカードの中で彼は戦術を練り、その目論見の多くは当たった。守備に徹してワンチャンスを狙うのではなく、攻撃的なサッカーをめざす限りにおいて、他にどんなやり方があったろう。レイソルの視点に立てば、勝敗を分けたのは地力の差以の何ものでもなかったと思う。つまりガンバは、ボールポゼッションを優先する攻撃的なチームでありながら、守備に回っても反転攻勢を期して耐え忍ぶことができる技術と経験を持つということだ。少なくとも平均値でみる限りは、両チームのメンバーの間には攻守両面におけるテクニックとセンスに差があると感じざるを得ない一戦だった。問題なのは、その戦力差が資金力によってもたらされた面が少なくないことに尽きるだろう。

 現在のJ1においては、クラブ間の資金力の差があまりにも戦力に反映されてはいないだろうか。毎年のように他チームの主力、それも日本代表クラスを獲得し、戦力の強化を図っていくクラブがある一方で、多くのクラブは若手選手の獲得・育成にクラブの将来を賭けなければならない。例えばここ数年をみると、浦和レッズは阿部、高原、梅崎を補強しているし、ガンバ大阪は加地、明神に加えてバレー、ルーカスを獲得している。移籍後の活躍度合いの差はともかくとして、彼らが獲得先チームの主力ないし日本代表クラスの大物であることに変わりはない。しかし、すべてのクラブにこのような大盤振舞いができるはずもないし、彼らを手放したクラブのその後を思い起こしてみれば、資金力が成績の大きな決定要素になっている現状は否定できないだろう。
 もっとも、戦力補強への果敢さが、必ずしも結果を伴っていないことも事実だ。J2連覇を果たした鹿島アントラーズは、質の高い若手を獲得し、育て上げていく路線を堅持しつつ、強豪クラブの地位を不動のものとしてきた。若手獲得こそ戦力補強の主戦略だった頃から着実に成功を積み重ねてきており、そのことは現状のジュビロ磐田の低迷をみれば明らかだ。かつては、若手の有望株がこぞって鹿島か磐田に奪われていたものである。
 一方で、近年、銀河系軍団の構築をめざしていたかのように大物獲得を繰り返してきた浦和レッズは、不振を極めている。最も資金力があるこのクラブには、すでに燃え尽きた感すら覚えてならない。獲得した戦力を使いこなしているとはいえず、それによって御家騒動が年中行事になりつつある。それでも「最後まで優勝戦線に踏みとどまっての7位だ」と人はいうかもしれないが、本家の銀河系軍団がいつそんな事態を迎えただろうか。レアル・マドリーやバイエルン・ミュンヘンに、そんなことはまず起こらないのだ。
 リーグ戦8位に終わったガンバ大阪に対しても、同様の批判ができるだろう。ACLとの両立に苦しんだ点はあるにしても、名古屋グランパスや大分トリニータの後塵を拝したことは、大きい。強豪の名にふさわしいとはいい難い要素であり、アジア最強のクラブが国内8位というのは、あまりにさみしい。あるいは今後、現在の浦和レッズのような状況を迎えることもあり得ると考えれば、天皇杯制覇に浮かれている場合ではあるまい。
 そう考えてみると、ヨンセンを放出して札幌からダヴィを獲得した名古屋にも危うさを感じる。降格チームにありながら16ゴールを記録した得点力は確かに魅力だが、ヨンセンとのタイプの違いは顕著だろう。昨シーズン、リーグに旋風を巻き起こしたサイドアタック主体の攻撃に彼が合致しているとは思えない。そもそも名古屋グランパスの歴史を紐解けば、スポンサーの力で補強したものの泣かず飛ばずに終わった外国人は数知れないはずだ。他にも、金満体質ぶりを発揮するヴィッセル神戸や、豊富な戦力を結果に結び付けられない横浜Fマリノスも、大きな問題を抱えているといえる。
 一方で、資金面の乏しさがチーム戦術の幅を狭めている点も看過できない。大躍進した大分トリニータは、徹底した守備によって一世を風靡した。それはそれで喜ばしいことだが、攻撃重視で成功するチームはまずみられない。たとえ一時期は奮っても、活躍がその後も続くことはほぼあり得ないといえる。例えばかつてのFC東京やヴァンフォーレ甲府、またしても降格した東京ヴェルディなどをみるにつけ、リーグ全体がセリエA化していくのではと不安を覚えざるを得ない。下位チームは残留を目標に最初から守備的なチームを標榜し、上位チームは豊富な戦力で退屈だが危なげないチームづくりをめざす。監督たちは1対1をつくり出さない戦術の構築に腐心し、それゆえに下克上の可能性は遠ざかり、リーグから面白みも失われる。
 その意味で、強豪のACL参戦によって優勝争いが混迷する昨今の状況は、背伸びをせずに中位を維持できるクラブをめざしつつ、長期的な視野で若手育成を図っていくチャンスでもある。しかし実際には、上位グループと下位グループの差が開き、中堅不在となっている嫌いは否めない。一部のクラブが成功を急いで道を誤っている一方、むしろ慌てずにチームの哲学を構築せんとするクラブは、J1とJ2の境を行き来するような下位グループにしかみられない気がする。全体的にフロントと現場の間で意思疎通が図れていないと思われるクラブも多く、不安を覚えずにはいられない。金に頼らず、若手を育ててチームを強くすることでこそ、ファンもまた掴めるのだと信じて疑わないのだが。
 もっとも、強くても弱くても、また毎年のように方針転換しても、雲霞のごとくファンが詰め掛けるチームが存在するのだから、致し方ないのかもしれない。

« bjリーグは意外と良かった | トップページ | 加藤望は応援する者の心情にシンクロする選手だった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯決勝にみるJ1の潮流:

« bjリーグは意外と良かった | トップページ | 加藤望は応援する者の心情にシンクロする選手だった »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ