« 加藤望は応援する者の心情にシンクロする選手だった | トップページ | Jリーグは殿様商売。というか妙な横槍でもあるの? »

2009年1月26日 (月)

フットサルの魅力を垣間見たかも

 フットサルに対する印象も、湘南ベルマーレに対する印象もアップした。それはたぶん、フットサルの魅力を提示しようという意志を感じられたからだと思う。
(2009年1日25日 湘南ベルマーレ2―2シュライカー大阪 小田原アリーナ)

 勝てなかったものの、この日の湘南ベルマーレが見せたフットサルには好感が持てた。ボールを保持し、パスを回して相手の守備バランスを崩してシュートを打つ、という方向性だ。
 前回の観戦時(Fリーグの開幕戦)といい、この日の対戦相手といい、守備の意識を高く持って攻撃時にリスクを冒さないのがフットサルの現実主義だということはわかった。サイドでドリブル突破を試みて、防がれても、最低でも3人(ゴレイロ含む)の選手が守備の体制を整えている、というような戦い方だ。あるいはミドルシュート三昧。
 湘南にもそういう傾向はあったのだが、その中にあってもサイドからゴール前にクロスを入れて、「合えば1点」というようなシーンをけっこう作り出していたのは評価したい。
 サイドでボールをキープした際にゴール前に飛び込んでくる選手が1人しかいないのは不満だったのだが、それを行うことでコート中央付近に置いておきたい選手、バスケで言えば「セーフティ」の選手がいなくなることは、リスクが大きすぎるということなのだろうか。ただし、イケイケで攻めたいという意思のパスに対して合わせる選手が飛び込んでこないような場面もあったので、どちらが正しいというものでもないのだろう。
 全体的に、「イケイケ攻撃」と「現実主義的な守り」のバランス感覚をチームで共有することがカギなのだろうということはわかった。各個人の技量に対する信頼感の問題といってもよいのかもしれない。この日の湘南は三井健(#19)をはじめとして「ポストプレー」(またバスケ表現)でボールをキープできていたので、もっと人数をかけて攻めてもよいのかなと思えたが。
 そんなわけで好感をもちかけてはいるが、冷静に考えると2失点は不甲斐なかった。1点目はサイドでドリブル突破されてカバーしに行ったゴレイロの上を浮かされたゴール。これはまあ相手を褒める余地がある。けれど2点目はまったく情けない失点。自陣ゴール前で不用意に「スルー」して敵にボールが渡っての失点。いくらフットサルの内容が良くてもこれでは白けてしまう。
 
 小田原アリーナには初めて行ったので感想。
 代々木第一よりも間近だし、見やすい。ただ、今日ぐらいの1500人程度なら問題ないが、3000人集まったら交通事情が心配。
 運営面については一つだけ。フットサルは最近始まったマイナースポーツであることを銘記すべきだと思う。私も含め、観客の多くはフットサルのルールに詳しくない。マッチデイプログラムにフットサルのルールの特長を書いておくとか、試合中にマイクを使っているDJがいるのなら、彼にルールの説明をさせたほうがよい。5つ目のファールの後でランプが灯っていたが、次のファールをしたらPKだっけ? とか考えながら見てた。確か、代々木での開幕戦ではその手のルール説明をしていて私は助かったのだ。それと、せっかく電光掲示で時間を出せるのだから、ハーフタイムの残り時間をカウントダウンしてほしい。バスケ部的にはそれが当たり前なんだよなあ。
 ルールとは違うが、選手のポジションもよくわからない。「PIVO」「ALA」「FIXO」の違いって何? ゲームを見る限り、フィールドプレーヤーはオールラウンダーでなければ務まらないように思えたが。

« 加藤望は応援する者の心情にシンクロする選手だった | トップページ | Jリーグは殿様商売。というか妙な横槍でもあるの? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フットサルの魅力を垣間見たかも:

« 加藤望は応援する者の心情にシンクロする選手だった | トップページ | Jリーグは殿様商売。というか妙な横槍でもあるの? »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ