« 2009年のJ2を予想 | トップページ | 五十嵐圭の試練というか小野秀二の試練というか »

2009年3月 9日 (月)

田原豊と寺川能人が印象的だった開幕戦

 反町康治の采配については判断保留だ。新戦力4人が光っていたので、選手の入れ替えによる変化なのか、監督交代による変化なのか、まだ見えないからだ。
(2009年3日8日 湘南ベルマーレ2―1横浜FC 平塚競技場)

 2日前に加入が発表されたFW田原豊はさっそく先発起用された。最前線でのボールキープ、ハイボールの競り合い、裏への飛び出し、そしてボールチェイスまで行い、3トップの中央としては満足できる内容だった。というか、これだけの選手が最前線にいれば3トップだろうが2トップだろうが関係ない。実際に、この日の湘南はガチガチの3トップというわけでもなかったし。
 マリノス時代からスタミナのなさがネタにされ続けていた選手だが、この日の内容を見ると90分もつわけがないとも思える。特に前半、昨年であればアジエルにボールを預けていたような場面で「まず田原に当てる」プレーが数多く選択されていたから。その都度相手DFに体をぶつけられていたので、相当消耗したはずだ。そういった田原への負担がアジエルの消耗を減らし、後半になると昨夏以来のキレのあるアジエルが再三ドリブルでの突破を披露できた。

 中盤の寺川能人は前評判にたがわぬダイナモぶりだった。開始早々、サポーター席の目の前で「挨拶代わり」に横浜のキーマン加藤大志をショルダーチャージで潰したところから始まって、彼我のゴールラインを往復するような広大なプレーエリアで存在感を発揮した。
 坂本紘司、田村雄三と運動量豊富な3人で構成する中盤はすでに一定の完成度で、他の選手が中盤に入ったときに成り立つのか心配になるほどだ。

 CBでジャーンとコンビを組んだのがホンダから移籍の村松大輔。フィードの正確さと少ないながらも攻め上がった際のスムーズさは好感大。本職のDFについては様子見。私の素人目には、マッチアップ相手との距離感、位置取りについて不安が感じられるのだ。ただし、あまりにも堂々としているので、本人にとっては問題がないという判断なのだろう。スピードに自信を持っていることが伺われる。
 GKは金永基の怪我もあって新潟から移籍の野澤洋輔が先発。ただし、サブに入ったのは伊藤友彦ではなく植村慶だったことも併せて考えると、反町氏は行動エリアの広いGKがお好みか。野澤についても、プレーエリアの広さが目についた。この1試合ではGKの評価は難しいが。

 噂の反町4―3―3は、詳細に書くと「4―1―2―2+アジエル」という感じに見えた。田村雄三がアンカーというかフォアリベロというか、「1」のポジションに入り、坂本と寺川の2人は田村よりもやや前を基本としつつ広範に動いていた。2人揃ってサイドに流れることもあったように思われる。
 3トップは中央の田原に左・阿部吉朗、右・アジエルが始動位置。ウィングというほど開いている印象はない。それは特にアジエルに関して顕著で、彼はウィングではなかった。というよりいつものフリーポジションだった。ボランチの位置に下がることもあるし。左サイドにいることもしばしば。先制のシーンも中盤左寄りでアジエルから前方の阿部にスルーパスが出た。ウィングとは言わせねえ。
 印象としては田原豊と田村雄三がキーマン。彼ら2人がいなくなったときに苦戦しそう。田原豊がいない中でどうするつもりだったのか、見てみたかった気もするが。

 全体としては選手のポジションの入れ替わりが多く、楽しそうなサッカーになるような予感はある。約束事が多いのかなと想像するが、阿部ちゃんは「選手にとってはやることがハッキリしている」と言う。矛盾しているような気もするが、そこが監督の手腕ということなのかもしれない。

« 2009年のJ2を予想 | トップページ | 五十嵐圭の試練というか小野秀二の試練というか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田原豊と寺川能人が印象的だった開幕戦:

« 2009年のJ2を予想 | トップページ | 五十嵐圭の試練というか小野秀二の試練というか »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ