« 日本に求められる10番とは――松井・長谷部・憲剛を生かせない岡ちゃんの限界 | トップページ | ヨレヨレ湘南と岐阜のスカウティング »

2009年4月14日 (火)

大黒将志というミスマッチ

 6試合を終えた時点でヴェルディの4得点中3点が大黒将志のゴールであるし、2勝はいずれも後半44分の大黒のゴールによるものだ。大黒がポイントゲッターでありキーマンであることは明らかだが、大黒を生かすための戦術は確立していないようだ。
(2009年4日11日 湘南ベルマーレ2―0東京ヴェルディ 平塚競技場)

 動きの質に定評のある大黒は、やはり嫌らしかった。湘南のCBコンビ(ジャーン・村松大輔)に挟まれつつも、「そこにボールが入れば大ピンチ」となる絶妙の位置取りを再三にわたって見せていた。しかし、そこにピンポイントのボールは来なかった。あるいは、ジャーンや村松を引き連れてサイドに流れ、中央の守備を手薄にした場面もあったが、それを生かした攻撃が出来たわけでもなかった。
 ヴェルディはサイドからクロスを入れることを攻撃の柱に据えていたようだ。サイドがやや薄い湘南の守り方を見れば、それももっともなことではあるのだが、奏功しなかった。大黒には厳重なマークがつき、といって他にターゲットになるような選手もいなかった。登録上ヴェルディは3トップになっていたが、飯尾一慶はSHのような位置取りだったし、レオナルドは気ままに漂っていたので、大黒は孤立していた。中盤からサイドに進出した滝澤邦彦、藤田優人・永里源気の両SBなどクロスを入れる選手はいるがシュートを放つ選手がいなかった。大黒を有効活用するにはスルーパスやミドルシュートも交えていきたいところだろうが、それを行える位置にいたのは河村崇大だけで、タテのラインは1本しかなかった。

 要するに、クロスを放り込むのなら大黒じゃないだろう、ということだ。実際、試合途中で大黒以外のFW2人を交代させて平本一樹、船越優蔵を投入してからのほうが湘南DFに対してプレッシャーを与えられた。船越めがけてボールを入れたときのほうがよほど得点の匂いがしていた。ジャーンが船越にかかりきりになり、大黒は村松と1対1の関係になっていたからだ。
 ヴェルディの中で誰よりもゴールの匂いがするFWであり、かつチーム一の高給取りと噂される選手である以上、大黒を起用するのは当然だろう。しかし、戦術との整合性はなかった。

 戦前の観測では、土屋・服部を欠いて経験の浅いDFがヴェルディの泣き所かと思われた。確かにフォアチェックにアタフタする場面もあったが、GK土肥洋一の好セーブ、菅原智と河村崇大のダブルボランチが効果的だったこともあり、守備面で破綻を見せたわけではなかった。この辺りは高木琢也の得意とするところなのかもしれない。とにかく大黒の孤立という問題点ばかりが目立っていた。これについてはしかし、河野広貴が戻ってくれば改善するのかもしれない。
 ヴェルディのことはもういいや。

 湘南の守り方を見ると、確かにサイド攻撃をしたくなる。サイドの守備は基本的に両SBにかかっており、左は阿部吉朗、右は寺川能人が救援に向かえるときには数的不利に陥ることもなく守れているが、この救援が遅れる場面がある。また、田村雄三がサイドに張り出したときの中央のフォローにも課題がある。
 そういったサイドの守備は長期的な課題としつつ、しくじってもJ2なら致命傷になりにくいということだろうか。実際そうだけど。

 で、左SBのポジションが現在の湘南で唯一の激戦区。この日は故障から戻った山口貴弘が起用された。対面の永里源気にクロスを上げられるシーンがあってイライラした。だって、岡目八目で言わせてもらえば、源気が緩急をつけてドリブルを仕掛けてくるのは判りきってるじゃん(まあ、判っていても止めきれない武器ともいえるか)。しかし、徐々に対応がこなれてきたし、そのうえこの日は攻撃面で見るべきところが多かった。阿部・坂本紘司とのトライアングルでのパス回しから前線に飛び出し、ペナルティエリアに進入するなど。
 ライバルとなる鎌田翔雅や鈴木伸貴もそれぞれ持ち味が異なるので、誰を起用するかは嬉しい悩みともいえる。が、チーム事情を考えると山口は有利だろう。右SB臼井幸平、CB村松大輔がポジションを確保し、高さの面で強みをもつのがジャーン1人となると、左SBには高さのある山口を使いたくなるから。

【キャプテンマーク予想ゲーム】
 開幕から「日替わりキャプテン」の湘南。田村→ジャーン→坂本→寺川→野澤→臼井→阿部ときた。次節は意外と難しいが山口貴弘と予想。

« 日本に求められる10番とは――松井・長谷部・憲剛を生かせない岡ちゃんの限界 | トップページ | ヨレヨレ湘南と岐阜のスカウティング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大黒将志というミスマッチ:

« 日本に求められる10番とは――松井・長谷部・憲剛を生かせない岡ちゃんの限界 | トップページ | ヨレヨレ湘南と岐阜のスカウティング »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ