« ヨレヨレ湘南と岐阜のスカウティング | トップページ | 伊藤みどりが津波って本当にそうだ »

2009年5月 3日 (日)

セレッソが相手でラッキーだった(皮肉抜き)

 田原豊とアジエルを欠いた窮地の湘南にとって、対戦相手がセレッソというのはラッキーだった。湘南にとって現実的な攻撃パターンはカウンターだけだったのだが、それに望みを託せたのは、セレッソが攻撃的なチームだからだ。J2標準の守りを固めるチームであれば、こうはいくまい。
(2009年5日2日 湘南ベルマーレ1―0セレッソ大阪 平塚競技場)

 セレッソの布陣は3―4―2―1と説明されることが多いが、左右の両ウイングバック(右の酒本憲幸、左の石神直哉)の始動地点がFW並みの高い位置だったため、3―2―2―3のように見えた。FWカイオとその背後の香川真司、乾貴士の3人からなるトライアングルが売りであるだけに、局面によっては5トップ気味にもなっていた。そのうえボランチ(特にマルチネス)も頻繁に攻撃に絡むため、分厚く迫力のある攻撃を見せた。
 その一方で、後方に控えているのは3バックだけということもあったし、3バック相互の距離が離れていることもあって、湘南からするとカウンターを狙いたくなる陣形であった。
 というより、前線でボールをキープできる田原とアジエルを欠いた中で、湘南はカウンターに活路を見出すほかなかったので、セレッソが前線に人数をかけてくれるのはありがたかった。なまじなJ2チームであればお互いに守り合う退屈なゲームになっていたかもしれないので、観客としてもありがたかった。

 この日の湘南の3トップは左から、阿部吉朗・トゥット・中村祐也。
 田原に代わって中央に入ったトゥットは、田原とは異なり相手DFを背負うプレーはあまり行わなかった。カウンターに転じた場面で、相手DFラインとボランチの間で前を向いてボールを受け、ドリブルしたりサイドにパスを散らす役だった。
 アジエルに代わって右ウイングに入った中村祐也はもっぱら裏を狙う役目だったのだろうか。結果的には注文どおりのショートカウンターで裏に飛び出し、落ち着いたシュートを決めたのだが、それまでの時間帯に存在感はなかった。それほど守備に貢献していたようにも見えなかったし、ボールを受けに下がることもなかったので「前線に残ったアジエル」のような趣だった。むしろ、来るべき好機に備えて気配を消していたというべきなのかもしれない。

 湘南の得点シーンは注文どおりのカウンターで、シュートを決めた中村も、左足から巻くようなパスを送った坂本紘司も素晴らしかった。が、そこは言うまでもないのでスルー。注目したいのは作戦面。
 そもそも、この日の湘南は前半南から北に攻め、後半は北から南に攻めていた。いつもとは逆向きだが、これは前半に追い風を受けてカウンターで先制したいという意図だったのではないだろうか(前半セレッソのキックオフで始まったということは、湘南が南側を選んだということだ。そうですよね?)。湘南はボールを奪うとほぼすべて速攻だった。攻め上がる人数も3~4人程度で、短時間でシュートを打つかファウルをもらうことに徹していたのだと思う。
 したがって、ボール保持率は恐ろしくセレッソに傾いていた。その中にあっても湘南の守備陣は丹念に応対していた。カイオに前を向かせず、カイオが落とすボールに粘り強く反応して香川・乾との間を分断しようとした。もう一つのポイントは恐らくマルチネス対策で、試合開始から80分ほどシュートを打たせなかった。湘南の中盤選手がマルチネスからのタテパス、シュートのコースを塞ぎ、FWトゥットが身体を寄せる場面もあったので、これがマルチネスにストレスになっていたのではないだろうか。その分、セレッソのもう1人のボランチ濱田武が割合フリーになっていたように思うが、そこは割り切っていたのだろうと推測する。

 中心選手を欠いた中での勝利であり、反町康治の手腕を認識させられたのだが、やはり幸運があったことも認めねばならない。前半に何度かあったセレッソの決定機に失点せずに済んだのは、幸運にほかならない。特に香川がGKの1メートル前に飛び込んできてのダイビングヘッドがクロスバーを超えたシーンは、2年前の前田和哉の同様のシーンを思い出した。
 また、追い風を伴ったはずのセレッソの後半の攻撃が失速したこと、小松塁を投入しての2トップが機能しなかったことは、セレッソの、レヴィークルピの課題なのだろう。ま、中2日の連戦が続く中での炎天下のゲームであり、コンディショニングの問題があるのかもしれないが。

 そうそう、このゲームのマンオブザマッチは、私の判定では阿部吉朗かなあ。耐え抜いた守備陣も見事だったが、後ろに重心のかかった湘南の中で、セレッソに最も脅威を与えたのは後方から最前線へと再三長距離を走った阿部の運動量だと思うので。
 
【キャプテンマーク予想ゲーム】
 開幕から「日替わりキャプテン」の湘南。田村→ジャーン→坂本→寺川→野澤→臼井→阿部→アジエル→村松→山口→田原ときて田村に戻った。私の予想はてんで当たらないのだが、次節はジャーンなのかなあ。

« ヨレヨレ湘南と岐阜のスカウティング | トップページ | 伊藤みどりが津波って本当にそうだ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セレッソが相手でラッキーだった(皮肉抜き):

« ヨレヨレ湘南と岐阜のスカウティング | トップページ | 伊藤みどりが津波って本当にそうだ »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ