« カカとベッカムとマルディーニを失ったミランに求められる“大幅な出直し” | トップページ | 帰ってきたリンコンのハイパー化は夢か現か »

2009年8月14日 (金)

野澤洋輔のコメントを考える

 ほぼ完勝、といってはハードルが低すぎるか? ゲームプランどおりに勝点3を得たものの、語るべき内容には乏しかったかもしれない。そんな中で私が注目したのは試合後の野澤洋輔のコメント。「ファールが多すぎる。セットプレー1本の恐ろしさをみんな分かっているので、今日はたまたま止められたけど本当に気をつけなければいけない」。なんということのない普通の発言だ。しかし、コンテクストを考えると、なかなか深読みさせられる。
(2009年8日9日 湘南ベルマーレ1―0サガン鳥栖 平塚競技場)

 今季の湘南の好成績の要因の1つに、相手セットプレーからの失点の少なさが挙げられる。なかでも相手FKを起点にした失点は、公式記録上は1点だ(先日の富山戦で直接FKを決められたのが唯一)。
 この鳥栖戦まで33試合の、「相手FKからの失点」について計算すると、90分当たり0.03という驚異的な数字になる。過去と比較すると、この数字がいかに驚異的かわかる。2008年は0.24、2007年は0.23、2006年は0.42、2005年は0.16、2004年は0.20、2003年は0.16、空中要塞パラシオスが弾きまくった2002年でも0.09である。
 当然ながら、FKを与えることが減っていると予測できる。実際、相手に与えた直接FKは90分当たりで13.42である。2008年は14.62、2007年は14.06、2006年は16.42、2005年は15.41、2004年は16.68、2003年は17.16、2002年は17.75であった。この数字は、「どの位置で」FKを与えているかを考慮しないものだが、ペナルティエリア近傍でのファールはこの数字以上に減っているように思われる。根拠は私の直観だが、そう外れてはいないはずだ。
 ファールを減らすことは、反町康治が監督就任直後から明言していたことで、野澤のコメントは、それについて選手が強く意識していることを窺わせる。

 ただし、「今日はたまたま止められた」については判断を保留する。失点の可能性を減らす秘策があるのではないか?
 与FKの数が減ったことだけが理由ではないような気がする。壁の作り方に大きな変化があるようには思えない(私には見分けがつかない)ので、スカウティングが効いているのではないかと想像する。相手にPKが与えられると、野澤はベンチに走り寄ってGKコーチから「飛ぶ方向」について指示を受けているのだ。FKについても同様にスカウティングの成果が発揮されていると見るのが自然だろう。
 FKからの唯一の失点が、梁勇基でも島田裕介でも片桐淳至でも徳重隆明でもなく、富山の姜鉉守のFKということがその傍証といっては乱暴だろうか(まあ、あのFK自体は見事なもので、予測していても止められなかったかもしれないが)。

 今回の野澤のコメントが気になった最大の理由は、上記のような内容ではない。
 やっと「選手どうしで要求し合えるようになった」ということだ。私も、そんなに厳密に選手コメントを検証しているわけではないが、公式コメントで選手が他の選手に向けて要求を述べるのは随分久しぶりだと思う。歴史的な経緯もあって致し方ないのだが、「チームの和」とか「前向きさ」を表そうとするコメントが多くて食傷気味だったので、待ちかねたという感想だ。
 チームが強くなっていく過程では、どこかで「選手どうしが要求し合う」段階に到達しなければならないので、いい傾向だと思う。もちろん、「メディアに向けて言う必要はない」という考え方もありうるが、サポーターやらファンやらも意識を共有するという意義は大きいと思う。

 試合内容にも触れておく。
 このゲームの最大の殊勲者は島村毅だろう。ハーフナー・マイクにほぼ完全マンマークで対応し、封じ込めた。栃木の若林やら徳島の羽地やらにやられまくったのが惜しまれるほどだった。
 ただし、島村の役割を限定して彼の長所を発揮しやすくしていたことは見逃せない。3バックのうち2人が相手2トップをマンマークしてジャーンが余っていたので守備は安定したが、その一方で攻撃の人数不足も目についた。田原豊がいれば、そのキープ力で打開する方法もあるが、阿部吉朗がサイドに流れてポイントを作る攻撃だと、どうしても中央の人数が足りない。その辺りは課題となるだろう。
 といっていたらリンコンを獲得ですか。リンコンを3トップの中央に置くとなると、ウィングにドリブル突破が求められるのだろうか。となると、菊池大介あたりの起用がありうるのだろうか。

【キャプテンマーク予想ゲーム】
 3巡目は田村→坂本→ジャーン→寺川→野澤→臼井→アジエル→阿部→村松→田原→田村ときた。このまま4巡目に入って、次は坂本だろうか。

« カカとベッカムとマルディーニを失ったミランに求められる“大幅な出直し” | トップページ | 帰ってきたリンコンのハイパー化は夢か現か »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野澤洋輔のコメントを考える:

« カカとベッカムとマルディーニを失ったミランに求められる“大幅な出直し” | トップページ | 帰ってきたリンコンのハイパー化は夢か現か »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ