« 2008年モードで勝った湘南に上積みはあるか? | トップページ | ファジアーノ岡山の竜頭蛇尾 »

2009年9月27日 (日)

そろそろアジエルが恋しくなってきた

 PKキッカーとしてのアジエルがいないことに痛手を感じたということもあるが、それは付随的なものだ。ゲームの組み立ての部分で彼の不在が、かえって彼の存在感を際立たせている。
(2009年9日27日 コンサドーレ札幌2―0湘南ベルマーレ 厚別公園競技場)

 この2か月ばかり、湘南の攻撃は常に遅い。DFラインと下がってきた中盤の選手とでボール回しをしているが、相手のフォアチェックをいなしきれていないし、相手の守備陣形を崩すにも至っていない。ボールを失いたくないために臆病になっているように見えなくもなかった。
 坂本紘司や寺川能人、あるいはアジエルが中央付近でボールを受けて前を向くことで攻撃のスイッチが入るとしても、DFラインの裏を窺う動きが少ないうえに、田原豊が戦列を離れてからは楔のボールも思うように入らない。
 ただ、ここにきて田原豊が復帰して彼のボールキープ力が当てにできるようになったし、前節から起用された菊池大介はしきりに裏を狙う動きをしている。今日のゲームでは田原もポストプレーだけでなく裏を狙う動きをし始めた(シーズン序盤もそうだった)わけで、早い攻撃が蘇りつつある。
 そういった、チーム全体の復調傾向が見えてきたからこそ、アジエルの不在が大きく感じられる。

 今日の後半は、立ち上がりから前線に走った選手への縦パスが増えて早い攻撃を企図していることは見えたが、それはそれで、闇雲に急ぐばかりでタメがなく一本調子に見えた。だから初めの何本かは相手をビックリさせられるが、徐々に慣れられてしまうし、対応されてしまう。そのうえカウンターを食らうリスクも高くなる。
「アジエルがいればより効果的だろう」
と思ってしまった。阿部吉朗がPKを外しても、「ボールが動いていればよかったのに」と思っただけでアジエルのことは頭に浮かばなかったのだが。
 いない選手のことを言うのは本意ではないが、田原の復帰、満を持して起用された菊池大介、ようやく良さを見せ始めた鈴木修人(記事を書かなかったが、前節の彼のプレーは高く買う。永田亮太はウカウカできない)といったメンバーが好プレーを見せて上昇気流を起こしているので、真打の登場を待ち望むのはファン心理としては正当だと思う。なにしろ、カード累積者もいるし、早くしないとベストメンバーで戦える機会はなくなってしまう。

 今日のゲームについて突っ込んで話を書くのは気が乗らない。まあアウェーの洗礼といいましょうか。ジャッジもそうだし、アウェー席には飲み物も売っていないし(バックスタンド側にでも行けばあったのかもしれないが、知らん)、ボールパーソンの中学生が踊らされているのを見て同情させられたり、それによって妙な腑抜けモードに入ったり、タクシーは道を間違えるし(メーターは止めてた)。 

【キャプテンマーク予想ゲーム】
 4巡目は田村→坂本→ジャーン→寺川→山口→野澤→臼井→阿部→村松→永田ときた。永田のコールを飛ばしてしまったのはサポーターとしては痛恨事だった。それに気づきながら指摘できなかった自分の腰抜けぶりも。
 次は田村だろう。試合に出られるときにやらせないといけないから。…なんて品のない冗談。

« 2008年モードで勝った湘南に上積みはあるか? | トップページ | ファジアーノ岡山の竜頭蛇尾 »

コメント

ほんとアジエルが恋しいですね。大怪我の情報はないし、監督と不仲?とも思ってしまいます。残り9試合、去年の残り10試合で6敗のようにこのままズルズル脱落しないことを祈ります。

わっきーさん、コメントありがとうございます。
>去年の残り10試合で6敗
ああいうのは勘弁して欲しいですね。熊本に負けたゲームで見せられた、7ゲートに地蔵が乱立する光景は、もう2度と見たくないですし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そろそろアジエルが恋しくなってきた:

« 2008年モードで勝った湘南に上積みはあるか? | トップページ | ファジアーノ岡山の竜頭蛇尾 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ