« ファジアーノ岡山の竜頭蛇尾 | トップページ | 田原豊の異能FW力をロジカルに消化? »

2009年10月 8日 (木)

次節の鈴木修人への期待と不安

 しっかりしろ反町! 「ゴール裏で応援してくれたサポーターは喜んでくれたと思っています」だと? 今日は平日夜のゲームでサラリーマンをターゲットにしていたのに、前半2分の1ゴールだけでは、仕事を終えてから慌ててやって来てもゴールを見られなかったリーマンが多いはずだ。どうせ軽口を叩くなら「後半に2点目が取れなくてどうもすみません」ぐらいのことを言ってもいいんじゃないか? まあ私は仕事を休んだから見られたけど。
(2009年10日7日 湘南ベルマーレ1―0徳島ヴォルティス 平塚競技場)

 中村祐也のゴールはまったく見事だった。雨天要員とかそういうことではない、文句なしのファインゴールだった。田原豊が胸トラップで中村にボールを落とし、反転してゴールへ向けて走ったことが徳島DF陣を引きつけたということはある。が、それによって1対1になった状況で、中村は落ち着いた切り返しで倉貫一毅をかわしてミドルシュートを決めた。彼は割とよくミドルを狙うが、どうも当たり損ねが多い印象だったのだけど、決めるときは決めるのだな。

 早々にリードを許したことで、徳島のゲームプランは崩れたのだろうか? よくはわからないが、少なくとも前回対戦のような5バック2ボランチで守りを固める意図はなかったようだ。4―1―4―1のフォーメーションに見えた(反町は「向こうがアンカーひとりかなと思ったらダブルボランチだった」と言っているが)。アンカーの倉貫が田原に引きずられるのかDFラインに吸収されがちで、空いたバイタルエリアで中村や菊池大介、寺川能人などがボールを受け、簡単に前を向けるような状態だった。もしかすると、リードを許したことで、徳島の中盤(青山隼と六車拓也)が前がかりになっていたのかもしれない。そういえば右SBのペ・スンジンも高めの位置取りだったし、徳島にとってはペースを乱される先制点だったのかも。
 いずれにしても1トップの羽地登志晃を軸にした攻撃を意図していたようで、彼は頑張っていた。ターゲットとしてハイボールを競り合うのはもちろん、しきりに裏を狙って動き出していたし、前線からのディフェンスでも動き回っていた。その運動量は、「いけるところまでいって動けなくなったら交代する」という潔さを感じさせたのだが、いかんせん湘南の守備が安定していた。とりわけ、ジャーンの存在が羽地にとっては難題だった。前回の対戦時とは勝手が違ったことだろう。

 全体に、先手を取ったことで湘南は理想的な試合運びに持ち込むことができた。徳島の長所を消し、自らはチャンスを作り出すことができていた。そのうえ、77分に2枚目のイエローカードで徳島MF六車が退場してからは、徳島には中盤がなかった。
 にもかかわらず2点目を奪えなかったことは問題である。「2点目が取れない病」はまだ完治していなかった。序盤は思い切りが良かったのに、徐々に安全志向に傾いていった。結果的に逃げ切ったが、どうも私には綱渡りという印象が強い。後半ロスタイムの、ゴール正面での徳重隆明のFKが決まっていたらすべてを失っていたところだ。あれは2年前の仙台での加藤望のFKになっていたかもしれないのだ。
 風雨にさらされたコンディションを考慮すれば、ある程度は致し方ないのかもしれないが、そういうことをいえる時期でもないはず。

 次節は湘南の要・田村雄三が出場停止だ(私がフラグを立てたわけじゃない、と思いたい)。反町の用兵パターンでは鈴木修人の先発起用が濃厚だが、ここがキーになるだろう。そして修人自身にとっては正念場だろう。途中出場で持ち味を発揮できるようになっていることを私は評価しているが、90分ではどうか? 徳重がFKを外したのはラッキーだっただけだと肝に銘じてもらいたい。
 
【キャプテンマーク予想ゲーム】
 4巡目は田村→坂本→ジャーン→寺川→山口→野澤→臼井→阿部→村松→永田→田原→田村と1巡した。次節は坂本紘司でしょう。ええ、余計なことは言いませんよ、私は。

« ファジアーノ岡山の竜頭蛇尾 | トップページ | 田原豊の異能FW力をロジカルに消化? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次節の鈴木修人への期待と不安:

« ファジアーノ岡山の竜頭蛇尾 | トップページ | 田原豊の異能FW力をロジカルに消化? »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ