« 3強揺るがず、ベニテスは息切れ――プレミア指揮官の序盤戦の通信簿 | トップページ | 湘南ベルマーレ、ついにJ1昇格! »

2009年11月30日 (月)

最終節までもつれるJ1昇格争い。というか都倉無双について

 勝てば甲府との勝点差3を維持し、得失点差を考えるとかなり優位に立てるところだったが、ドロー。昇格を確定するためには最終戦に勝てばよい。シンプルといえばシンプルだが、なにもそこまでドラマチックにしなくても…。もったいぶらなくてもいいじゃんねえ。
(2009年11日29日 湘南ベルマーレ0―0ザスパ草津 平塚競技場)

 草津の中盤は出場停止やら怪我やらで、まあ崩壊状態だった。松下裕樹も熊林親吾も廣山望もいないため、中盤を飛ばして前線にボールを蹴り込むというのがゲームプランだったのだろう。それを可能にしたのはFW都倉賢の存在だ。「都倉無双」と呼んでも「戦術都倉」と呼んでもよいのだが、とにかく彼1人で大暴れだ。
 187cmの長身は一目でわかるが、彼の特長はなんといっても頑健さだろう。当然のようにジャーンや田村雄三が身体を寄せて都倉のプレーを妨げようとするのだが、腕で押しのける力が強いので気が抜けない。そのような高さと強さだけでなく足元の技量もそれなりにある。サイドでジャーンと臼井幸平に挟まれながら抜け出したのには舌を巻いた。
 ただまあ、彼が再三サイドに張り出していたのはチームとしては歓迎できないだろう。とはいえ周囲の選手がお膳立てをしてくれそうな気配はなく、都倉はチャンスメイクにも奔走する必要があった。彼がレンタル元の川崎に戻るとすれば「最後の仕事」の精度が重要になるわけで、その意味では測りにくいところだ。山形あたりに行けば大活躍しそうな気もするが。(追記:ご指摘をいただきました。都倉は今季は草津に完全移籍していたのでした)

 湘南については何を語ればよいのだろう? チャカが来たんだからカッコイイところを見せて欲しかったな。
 相手が左サイドから攻めてくるとか、ガツガツくる相手なので中村祐也は苦戦していたとか、今に始まったことではない。中村への厳しい当たりが見逃された代わりに、ジャーンもイエローカードをもらうことなく最終戦に出られる。これは前向きに考える材料だろう。水戸のFW高崎寛之を相手にジャーン抜きという事態は避けたかったから。
 そういう意味では最終節のクライマックスに向けた布石は打たれたと言える。わかったわかった。真剣勝負ね。うんうん、「最終戦を観戦して鮟鱇鍋でも食うか」という漫遊気分はすっかり抜けた。

 試合後のセレモニーでは湘南GK伊藤友彦の引退が発表された。ここ3シーズンは公式戦の出場はなかったが、彼の果たした役割は重要だったと考えている。だからこそ私は伊藤友彦に「マッチデイ・プレーヤーズアシスト(まあ、大相撲の懸賞金みたいなもの)」で出費をしたわけだし。この話は気が向いたら書きます。

【キャプテンマーク予想ゲーム】
 5巡目は田村→坂本→ジャーン→中村→寺川→野澤→臼井ときた。最後はアジエルですか。

« 3強揺るがず、ベニテスは息切れ――プレミア指揮官の序盤戦の通信簿 | トップページ | 湘南ベルマーレ、ついにJ1昇格! »

コメント

都倉はレンタルではありません。
草津に今季完全移籍済みです。
まあ、恐らくは今オフもどこかに移籍するのでしょうが。

>都倉はレンタルではありません
ご指摘ありがとうございます。おっしゃるとおりでした。高崎と混同していたのかも。
いずれにしても今オフに移籍でしょうが、草津にお金を払ってでも取りたいチームはあるでしょうね。

勝って欲しかったですね〜。しかし敢えて前向きに考えるならばっ。
ビッグゲームの後に負けなくて良かった。
PK 外しても、前半押していて点が入らなくても、札幌戦のように負けなくて良かった。
PK もらった時に実はシミュレーションで坂本がイエローもらっていたら次節出場停止だったのでそうならなくて良かった。
最終節出場停止がいなくて良かった。
PK 外してもアジエルはもともとツルツルだから阿部のように坊主にならずに済む。床屋代がういて良かった。

最終節まで盛り上げてくれてありがとう!いつもの飲酒観戦はやめて臨みたいと思います。
泣いても笑っても最後の試合、昇格決めて良い年を迎えたいものです。

>わっきーさん
そうですね。出場停止の選手が1人もいないというのは、前向きに捉えられる材料ですよね。
出場停止にリーチをかけてから、ジャーンは12試合ノーカードだったのですが、正直、ジャーンがここまで耐えられるとは思っていませんでした。斉藤先生のやり方を学習したのか?
ともあれ舞台は整いました。幸い水戸にも行けそうなので、及ばずながらワタクシも頑張ります。

おぉ、水戸に行かれるんですね。うちの家族を含めスカパー観戦組の想いも連れてってやってください。私は土曜日まで毎日納豆食べて水戸に呪いをかけときます(笑)
ちなみ試合前に相手ホームの特産物、関連食品食べるげんかつぎを今年はよくやってます(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最終節までもつれるJ1昇格争い。というか都倉無双について:

« 3強揺るがず、ベニテスは息切れ――プレミア指揮官の序盤戦の通信簿 | トップページ | 湘南ベルマーレ、ついにJ1昇格! »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ