« 田原豊の異能FW力をロジカルに消化? | トップページ | 大一番を前に甲府より上の順位になった。それだけが救い »

2009年11月 8日 (日)

ベッカムを待ちながら~ミランの復調は是か非か

 敵地でレアルを降す快挙をなしたとはいえ、ミランのはまり込んだトンネルはまだまだ長い。一見、華やかな3トップは、たまさかのカウンター時にしか機能しない見掛け倒しだ。年明け後のベッカム復帰が確実視されるなか、レオナルドの正念場はまだまだ続く。

 チームの顔ぶれを無視したレオナルドのチャレンジは、攻撃を活性化することなく、むしろ守備の混乱をもたらした。最終ラインを引き上げ、中盤からのボール奪取をめざすという戦術は、今のミランにはあまりにも無理があり過ぎたといえる。
 若さに欠ける中盤にとっては、積極果敢なプレッシングをかけ続けることは厳しい。しかも、攻撃ばかりを意識するロナウジーニョとパトからはろくなフォローを得られないため、単独でボール奪取を試みるガットゥーゾやアンブロジーニがかわされまくる。結果として、DF陣が1対1を迎えるシーンが増えていくわけだが、マルディーニを失い、チアゴ・シウバの加わった最終ラインはこれから連携を深めていくべき状況にあった。コンパクトな陣形でカウンターを仕掛けまくるような戦術への転換は、荷が重すぎたといわざるを得ない。今シーズンはミスから余分な失点を献上するシーンがやたらと多いが、すべては拙速な戦術変更に端を発したものと考える。
 一方、攻撃面の不甲斐なさはさらにひどい。テーマである中盤のボール奪取ができないために陣形は間延びし、守備に追われるサイドバックは上がれず、前線は孤立してしまう。まともなポストプレイヤーがいるわけでもないため、せっかく奪ったボールもマークを背負ったロナウジーニョとパトへ預けることとなる。ところが後ろからのサポートが遅いため、彼らも成功確率の低い無謀な曲芸を繰り返さざるを得ない。足元でボールをもらうことしか考えないロナウジーニョのふてぶてしさも健在だ。オーバーラップの途中でパスカットされるサンブロッタが気の毒でならない。チーム戦術としてショートカウンターを標榜しながらも、チームは守備から攻撃にシフトチェンジするタイミングを見出せない状態が続いている。
 結局、レオナルドの志向するサッカーは、若さと勤勉さが絶対条件なのだ。高齢化著しいミランに相応しいとは言い難い。これに対して、イライラさせられることがしばしばだったとはいえ、前任者のアンチェロッティは正しかった。ボール支配を優先し、体力的に無理のない戦術に磨きをかけてきたのは、現在のミランには適していた。レオナルドは、よせばいいのに初めからこれを放棄したのであり、あまりにも性急な選択だったことは誰の目にも明らかだったろう。
 そもそも、営業目的のアメリカ遠征を敢行したことに無理があったのは否めない。一からチームを作り上げるのなら、十分な準備期間をとるべきだった。ネスタが口にしたように、必要なのはフレンドリーマッチではなく練習時間だったのであり、プレシーズンに黒星を重ねるのは必然だったといえる。結果的にせわしないスケジュールのおかけでチームのコンディションは序盤から最悪となり、多くの選手はここに来てようやく調子を上げてきている有様だ。

 リーグ戦でローマを降し、チャンピオンズリーグでは敵地でレアルを降したものの、それはレオナルドのチャレンジが軌道に乗ったことを意味しない。時折、前線の2人ないし3人のみで完結するカウンターが炸裂しているが、大半の時間は守備に追われているのが実際だ。中心選手がコンディションを上げ、それに伴ってようやく新しい戦い方に慣れ始めただけというのが現実だろう。内容では負けながら、結果だけはモノにしているという姿は、まるで強豪に対する格下チームといえる。いうまでもないが、ロナウジーニョからパトへのロングパスなど、わかってさえいればそうそう通るものではないし、早晩、壁にぶち当たるのは間違いない。
 レオナルドが自らのプランにこだわるならば、速やかな若返りは欠かせない。その意味で、序盤のアバテの抜擢は正解だった。どうもオッドにポジションを奪い返されたようだが、ここは無理を承知で彼にこだわるべきだと思う。また、今のところはミスのほうがめだつチアゴ・シウバにしても、センターバックながら攻撃への貢献が期待できる逸材だ。ヘディングの強さはもちろんだが、パワフルなオーバーラップに加え、前線へのフィードをライナーで供給できるキック力を持つ。逆に、ようやく獲得したストライカーのフンテラールがベンチすら暖められないのは問題だ。トレード要員になるとの噂も出回ったが、今やそれすらも関心を集めないほど影が薄くなっている。ボリエッロの復帰によって余剰戦力になりつつあり、何よりインザーギは相変わらず頼りになる男だ。そしてもちろん、フラミニの出番が少ないのも大いに気にかかる。
 いずれにしても、現状の3トップを続ける気なら、冬の移籍市場で両翼における人材を獲得する必要がある。たとえレオナルドがロナウジーニョとパトの併用にこだわるのであっても、控え要員がいない状況には無理があろう。しかし、それ以上のポイントはベッカムの帰還である。彼を使わなければならないとしたら、曲がりなりにも機能しつつあるチームに混乱をもたらしかねない。もっとも、彼を加えて2トップを試すのならば、フンテラールやフラミニの出番も増えよう。チームの未来を考えるとパートタイマーに期待するのもどうかと思うが、ロナウジーニョと心中するより夢がある。場合によっては一気にチームが生まれ変わる可能性だってあるはずだ。

« 田原豊の異能FW力をロジカルに消化? | トップページ | 大一番を前に甲府より上の順位になった。それだけが救い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベッカムを待ちながら~ミランの復調は是か非か:

« 田原豊の異能FW力をロジカルに消化? | トップページ | 大一番を前に甲府より上の順位になった。それだけが救い »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ