« 山形先輩には悪いがJ2っぽい開幕戦 | トップページ | 解任論すら盛り上がらない岡田監督の信念とは »

2010年3月21日 (日)

服部公太と山岸智のポジションが・・・

 敗戦の責任は坂本紘司にある。練習不足だ。彼がコイントスで負け、前半を風下で戦うことになったのが誤算だった。ちゃんと練習しているのか? コイントスの。
(2010年3日20日 湘南ベルマーレ1―3サンフレッチェ広島 平塚競技場)

 強い風が吹く中でのゲームだった。湘南としては、前半は風上に布陣して格上の広島を0点に抑えるか、先にゴールを奪いたかった。そのためにはコイントスで自陣を選びたかった。ああ、紘司、なんで負けたんだ。なんでコイントスの練習をしてこなかったんだ。練習で出来ないことは試合でも出来ないぞ…。なんてね。根拠もなくそういうことを言うのはよくないな。本当は、練習で一番コイントスに強い選手が日替わりゲームキャプテンに選ばれたのかもしれないし。
 実際には、あえて風下を選んだ可能性もある。ストヤノフのロングパスをDFラインの裏に落とされることを嫌うのならば、広島に追い風を背負わせるという考え方もあるだろう。

 ただ、ストヤノフに対するプレッシャーはあまりなかった。湘南のFW陣は「いつもどおり」のプレスをしていたが、「ストヤノフのロングパスを防ぐ」という意図は感じられなかった。守備時には誰か1人を常時ストヤノフに付きまとわせる、というような明確な守り方ではなかった。
 この日の湘南のスターティングラインナップは、アジエルがいないものの、ほぼ2009年の顔ぶれだった。したがって、2009年の戦い方を踏襲していたし、ウィークポイントも2009年のままだった。広島は確実にそこを狙っており、プランどおりのゲームだったのだろう。そのことについてはあまり語りたくない。ましてアジエルの不在について検証するのなんて、まったくもって面白くない。そんなことをするぐらいなら、小林竜樹の神風プレスや三平和司が(私の前で)初めて見せた自身の特徴について考える方が、よっぽど有益だ(それも今日はしないが)。
 今は大口を叩く時期ではないのはわかっているが、それでも、広島にせよ前節の対戦相手であったマリノスF・横浜にせよ、湘南との対戦時期についてラッキーだったと言っておく。今の状態は苦しく不快であるわけだが、湘南にとっては不可避のプロセスであるわけで、その時期に対戦できたのだから。

 2年ぶりに対戦した広島は、相変わらずステキでした。佐藤寿人と2列目の頻繁な出入り、サイドから斜めに走り込む2人の選手とそこへの正確なパス、要所要所で2~3人がボールを取り囲む守備、どれも見事でした。なかでも、最も私を揺さぶったのはピッチの幅いっぱいに広がる両WBの高い位置取りだ。あのポジション取りを裏付けるものの大きさに絶望することなく応援していきたい。あーあ、2年経って湘南も強くなったはずだが、2チーム間の距離はあまり縮まっていないのかも。
 広島がJリーグを代表する格のあるチームであることを痛感させられた(西川君に崖っぷちチームのメンタリティが滲んでいたような気もするが、映像見てないので言い切れない)。ACLでは頑張ってほしいですね。内弁慶禁止。
 
【キャプテンマーク予想ゲーム】
 今シーズンも日替わりキャプテン。ジャーン→寺川→坂本ときた。次節は古巣・新潟を相手に野澤でしょう。

« 山形先輩には悪いがJ2っぽい開幕戦 | トップページ | 解任論すら盛り上がらない岡田監督の信念とは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 服部公太と山岸智のポジションが・・・:

« 山形先輩には悪いがJ2っぽい開幕戦 | トップページ | 解任論すら盛り上がらない岡田監督の信念とは »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ