« ガンバが上手いのか湘南がソフトなのか | トップページ | 怪我した金永基が気になって台無しだった。主審のせいだと思う »

2010年5月29日 (土)

岡ちゃんよ、12年前の想いを

 韓国戦の敗北は、岡田監督を文字通りのがけっぷちに追いやった。子どもにでも分かる「力負け」の試合内容に、メディアは俄然、盛り上がっている。しかし、この非常事態にあって、協会会長への「進退伺い」などいう何があったのか知りようもない話題を引っ張る姿は、醜さを通り越して滑稽だ。我々はただ、今やVIPになってしまった指揮官が、12年前の想いを取り戻してくれることだけを願えばいい。

 試合後、「勝ちにこだわって臨んだ一戦だったので」と中澤が口にしたように、チームは調整や戦術の確認を目的にしていたわけではないだろう。何よりメディアやファンからの逆風が吹きすさぶなか、彼らは勝たなければならない状況にあった。むしろ、そう思えない者は、ピッチにもベンチにもいるべきではなかったはずだ。 

 試合内容については、完敗という以外の表現は必要ない。確かに、韓国は序盤から攻守両面で果敢だった。後半になると足が止まったことからしても、彼らがオーバーペースでゲームに臨んだのは間違いない。その点、あまりにも早い先制点はラッキーだったのかもしれないが、結局、致命的な失敗を犯さずに無得点で乗り切ったのもまた事実である。日本からすれば、対等な相手に慎重な試合運びをしようとしたところ、何もかも思い通りに行かなかったというのが本音だろう。前半は手も足も出ぬままに嵐のように過ぎ去り、後半に入ったところで何ができたというわけでもない。

 ある意味、岡田ジャパンの抱える問題点がここまで明らかになる試合はこれまでなかった。
この場で指摘してきた危惧の数々――①攻撃の軸となる選手(中村俊輔、遠藤)のプレースピードの遅さとフィジカルの脆さ、②それゆえにボランチに守備の負担を強いて攻撃参加を自重させる点、③カウンターの好機を生かせず、遅攻で満足してしまうこと、④スピードタイプに固執してポストプレー不在の攻撃、などを改めてさらけ出された感がある。1年前や半年前ならともかく、かような試合を本番目前に経験するというのは、あまりにも遅すぎたといわざるを得ない。また、批判すべき点はもう言い尽くしてしまっているようにも思うが、あえて指摘すれば、負傷欠場しがちな選手(闘莉王)を絶対的な主力に置いていることも、致命的だろう。

 以前にも書いたかもしれないが、岡田監督はチームに世界標準の戦術を課している。例えばそれは、ポゼッションを重視して複数のテクニシャンを共存させたミラン時代のアンチェロッティに近いように思われてならない。多くの得点を速攻で挙げながらも、それを遥かに上回る遅攻を繰り返す彼らの戦術は、本質的にはまったく非効率なのだが、自尊心も平均年齢も高いベテランにはむしろ効率的だった。
 思えば、フィジカルに難のある中村俊輔と遠藤を同時に使おうとするのなら、アンチェロッティのミランは模倣するに相応しい対象といえるかもしれない。ドリブラーよりパサーが多い点や、明らかなポストプレイヤーがいない点も共通している。そして、岡ちゃんがアンチェロッティと親交があるのも、よく知られている事実だったりする。
 しかし、日本人選手がそうしたレベルの戦術を実践するのに足るのかどうかは、当然ながら問われなければならない。そもそも、当時のミランにはカカという「どんな位置からでも射撃が可能なライフル」があったし、遅攻に耐え得る抜群のキープ力を持つセードルフがいて、ボールを持つ敵をどこまでも追いかけるガットゥーゾがいた。あるいは、現在の日本代表の中にも彼らとおなじ長所を持つ選手はいるかもしれないが、それが同レベルとは到底、言い難いはずである。むろん、岡ちゃんの認識がどのへんにあったのかはわからないが、今回の敗北は、ある決定的な事実を悟らせるに十分だったのではないか。つまり、同じタイプの選手がいれば同じようなサッカーはできるのかもしれないが、それが通用する相手はしょせん、自分たちのレベルに左右されるということ。日本人選手には韓国のプレスを受け流すだけの個人能力がなかったし、これを打開するだけの集団戦術もなかった。そして、韓国がペースダウンした後も効果的な攻撃を仕掛けられなかった現実は、日本の実力の低さを物語る。

 例えば、今回の韓国戦を昨年9月のオランダ戦と立場が入れ替わったのだと考えてみたら、どうだろう。あの試合、日本は怒涛のプレッシングで序盤からオランダを慌てさせたが、後半に入って足が止まり、3失点して敗れた。しかし今回、韓国は前半6分にあっさり先制し、足が止まってもなおカウンターを仕掛け、遂に日本に得点を許すことはなかった。オランダ戦の日本と今回の韓国を比較すれば、前者が単に無謀だったのに対し、後者は十分に勝算のある戦いをしたことになる。「韓国だってオランダ相手に2-0で勝てるはずがない!」といわれれば確かにそのとおりかもしれないが、だからといって「彼らも0-3で負けるはずだ!」とも言い難いのではないか。

 結局のところ、日本はプレッシングサッカーの質で韓国に負けたのであり、それはたぶん、岡ちゃんにとって致命的な問題である。なぜなら彼は、それ以外に日本が世界と勝負できる要素はない、と考えているはずだ。プレスを前提にして守り切るというのは、守備戦術に自信を持つ彼にとっての絶対条件である。そうでなければ、カウンターを仕掛ける好機を棒に振ってまで相手のカウンターを抑制する戦術など、とれるはずもない。これは日本代表に関わった多くの指導者の共有する認識であり、ベルマーレの反町も同じなのだと思う。彼らは、「必然的に得点できる戦術」の存在を信じない一方で、「偶然に失点すること」を何より嫌う。というより、恐れている。
 しかし、そうした病を育む環境をかたちづくっているのは、恐らく協会やメディアやファンなのだ。思い起こせば、フィリップ・トルシエですら、その重圧に屈したといえるし、むしろそれに鈍感だったファルカンはあっという間に座を追われ、ジーコは「オレの味方は選手たちだけだ」と言わんばかりに開き直った。そう、自らが最後まで軽やかであり続けるため、率先して教育者足らんと振舞ったのはオシムだけだった。つまり、意図不明のままに岡ちゃんが後任に抜擢された時点で、現在の事態は十二分に予想されていたものである。この期に及んで騒いでいる連中は、サッカーをまるでわかっていないか、あるいはW杯が近づいてハエのごとく集まってきた野次馬たちだろう。何より、この段階で岡ちゃんをクビにしろということなのか何なのか、目的がさっぱり分からない。

 誰がなんと言おうと、もはや「やり直し」ができないことだけは、明らかなのだ。当然ながら、オシムが口にするような「日本人に合ったサッカー」を作り込む時間などまったくないし、この時点で大幅な方向転換を図るなど自殺行為である。個人的には、就任当初から「岡ちゃんは最終的には3バックを選択するだろう」と言ってきたが、それすらも今や遅いだろう。結局のところ、フィジカルを整えてモチベーションを管理し、最小限の修正で最大の効果を上げるしかないのだ。
 その意味では、フランスW杯の経験がある岡ちゃんは決して不適切な人材ではない、と我々は自らに言い聞かせよう。今やすっかりVIPの岡ちゃんが、12年前の想い――協会からすべての責任を押し付けられてなお、身を粉にして戦った――を思い出せば、奇跡は起きるかもしれない。むろん、3戦全敗だって上等だ。今さら責任問題だの進退伺いがどうだのと、下らないことで騒ぐ意味は全くない。問われるべきは、「やれることはすべてやった」と彼が胸を張れるかどうかに尽きる。

 先日、スカパーが送りつけてきたチラシで、オシムが言っている。
 「言葉で力になれるのなら、私はいくらでも喋る」
 自身が育てた芽がもはや何も残っていないあのチームを、それでもオヤジが応援するというのなら、黙っているわけにはいかない、と思いました。

« ガンバが上手いのか湘南がソフトなのか | トップページ | 怪我した金永基が気になって台無しだった。主審のせいだと思う »

コメント

主筆様、たまには私も代表に関してコメントします。
戦術面や勝敗については度外視しています。私は。それよりも、岡ちゃんにはきちんと12年前のリベンジを果たしてほしい。
「リベンジ」というと彼は「自分のリベンジのために監督をしているのではない」と答えますが、私が言いたいのは勝敗ではないのです。
岡ちゃんのリベンジは「グッドルーザー」になることだと思っています。ジャマイカが敗戦後にもサポーターに笑顔で接したことにショックを受け、2002年にはアイルランドびいきになった彼は、麗しい敗退をめざしているのだと、私は認識しています(自覚的なのかはともかく、「ベスト4」という目標設定もそのせい)。
そうした観点で見ている私にとっても、代表チームの現状は危うく見えます。

(続けます)

(つづき)
キャンプ地入りした代表チームが、現地の子供らの歓迎セレモニーを短縮するよう要請した、という報道が一部でなされていますが、真実だとしたら、心の底からガッカリです。12年前のエクスレバンから進歩はないのか、と。ちらっと映った映像では、まともな対応をしている選手はわずかと見えましたし。
岡ちゃんは、チーム内でのモチベーション管理は上手くやっていてジョークを飛ばしていたりするらしいですが、監督として画面に登場するときは常に仏頂面に見えます。ムラの中でだけ活発になる農民か、と思います。
それこそが、12年前とかに彼が嘆いていた「国民性」を体現しているように思うのですが、こうなってみると、実は「国民性」ではなくて岡ちゃん自身の個人的な資質なんじゃないかという気がします。

(まだつづく)

(つづき)
なんであんな顔をして監督をしなければならないのか、と思います。
12年前とは事情が違うのです。すでに国内では屈指の指揮官という評価を確立しているのです。代表監督としての結果だけが「自分が何者か」を証明する手段だった、あの頃とは違うのです(世間一般に対してね)。もうちっと余裕を見せてもいいんじゃないの、と思うのですよ。

まあ、以上のようなことを「わかってやっている」のだと思いたい。
たとえば、負けたとしてもそれは「監督のせい」だと思われるような、選手をかばうための行動、だったり。。。

ちなみに「ベルマーレの反町」に関しては異論もあるのだけど、すでに十分長文なのでやめておきます(まだ客観視できていない部分もあるし)。

ボスへ。
長くなったので、毒吐き場所のほうでコメント上げておきました。
たぶん、より悲観的なだけで、同じような感慨を抱いているのだと思うのですが、どうでしょう。

反町に関しては、また別のところで。数少ないテレビ観戦での感想を、ちゃんと伝えなければいけないような、言わないほうがいいような微妙なところなのです、自分でも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡ちゃんよ、12年前の想いを:

« ガンバが上手いのか湘南がソフトなのか | トップページ | 怪我した金永基が気になって台無しだった。主審のせいだと思う »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ