« リアリスト反町が動き出したか | トップページ | 岡ちゃんよ、12年前の想いを »

2010年5月17日 (月)

ガンバが上手いのか湘南がソフトなのか

 先制しながら逆転負け。確かにガンバの選手達は上手い。しかし、それが浮き彫りになったのは、湘南の選手達がソフトだったからではないのか?
(2010年5日16日 湘南ベルマーレ1―3ガンバ大阪 平塚競技場)

 試合が始まってすぐに、劣勢は明らかになっていた。1対1で止められないのはともかく、2人、ときには3人でボールホルダーに襲い掛かってもボールを奪えなかったりする。ルーカスのポストプレーも脅威だったし、これではDFラインは上げられない。バイタルエリアが空くのも当然だ。かろうじて遠藤保仁をケアするとしても、明神智和はがら空きだった。平井将生の同点ゴールも、その文脈で語られる。
 同点ゴールはルーカスに当たってコースが変わったっぽいし、勝ち越しゴールはオウンゴールっぽいし、とアンラッキーな面もあったが、ゲームの流れからすると、リードを奪われるのは時間の問題だった。

 表面的にはガンバの上手さが勝った試合だが、一方で湘南はソフトだった。球際の激しさが足りなかった。2人目の選手は意地でも抜かれてはイカンでしょ。ファウルしてでも止めないと。上位チームに挑むチャレンジャーにしては、綺麗なプレーに終始していた。
 ・・・ちょっと煽るような言い方をしてみた。ファウルしないでボールを奪うというのは昨シーズンからの方針だろうから、それを覆すべきではないかもしれない。それに、精神論で語るのも好みではないのだけど、可能性としては考慮しておくべきだと思う。降格の危機にある下位チームにふさわしい戦い方をしているかどうか、常に意識しておく必要がある。

 それにしても、野澤洋輔まで離脱してケガ人続出の湘南だが、初出場のGK松本拓也はよかった。練習着姿とユニフォーム姿が全然違うところがよい。ユニフォームだとものすごく大きく見える(というかあれが実寸か)ところが高評価。アンラッキーなシュートやノーチャンスなシュートとはいえ3失点なので褒められても困るかもしれないが。
 ちなみにその野澤と寺川能人は、湘南に来てリーグ戦63試合目にして、初めての不出場となった。これは何かのターニングポイントなのだろうか?

【キャプテンマーク予想ゲーム】
 今シーズンも日替わりキャプテン。ジャーン→寺川→坂本→野澤→田村→阿部→臼井→田原→村松→新居→中村ときた。しばらくはナビスコカップだが、来週のレッズ戦はハングギョンか?

« リアリスト反町が動き出したか | トップページ | 岡ちゃんよ、12年前の想いを »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンバが上手いのか湘南がソフトなのか:

« リアリスト反町が動き出したか | トップページ | 岡ちゃんよ、12年前の想いを »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ