« 試合そっちのけでJ's GOAL批判。中村俊輔には言及しない | トップページ | 反町サッカーの転向なのかと戸惑う »

2010年11月13日 (土)

ジャーンが去って遠藤航の登場?

 ジャーンの戦線復帰こそが起爆剤になると思っていたのに、負傷が癒えずに退団・帰国することになった。試合後にジャーンが挨拶をするというこの日は、カピタンを送り出す日に無様な試合はできないぞ、と皆が思っていたはず。精神論に頼るのは本意ではないのだが。
(2010年11日10日 湘南ベルマーレ1―3大宮アルディージャ 平塚競技場)

 得点経過を見れば紛れもない完敗で、試合後にゴール裏が「プライド見せろ」コールをするのも当然だろう。本当は「(今日ぐらい)結果を出せ」がふさわしいのだろうけど。いつにも増して内容より結果が欲しい日だったから。
 ただ、プライドとまでは言えないが、選手達は戦意を見せていたと思うし、精神的に切れることなくやり続けていたとは思う。そこは擁護したいのだが、同意は得にくいだろうな。淡々と同じことを続けていたから。スクランブル態勢なり、島村大作戦なり、といった目に見えるチェンジオブペースはなかった。反町は「攻撃のプランを変えてしまうと、また攻撃であたふたしてしまう。(中略)課題を消化させることもチームにとって大事だし自信になることかもしれない」と説明していて、一つの筋は通っているのだが、それを受け入れるだけの大人の余裕を装備できるだろうか。私は。
 
 そのことは措くとして、遠藤航17歳について。
 先発メンバーの発表ではMF登録だったので、また田村雄三とのダブルボランチね、と思っていたのだが試合が始まってみれば3バックの中央に位置していた。聞けば、このポジションが本来の位置だとのことだが、なるほどボランチよりもフィット感がある。位置取りにもあまり迷いが感じられないし、ラインコントロールをしながら、前に出るべきときは出ていける(終了間際にラファエルに裏を取られたが…)。加えてグラウンダーの縦パスが上手だと思った。
 遠藤が入ったことで、ストッパー役になった山口貴弘と村松大輔も割合に持ち味を発揮していたし、今季初めて3バックが真っ当に成立していた(時間帯によっては両WBが下がって5バックになっていたけれど)。

 なのに3失点してしまう歯痒さよ。
 FKから2失点とラファエルの一撃ミドル。攻撃時にシュートまで行けず、ボールを下げて回しているうちにミスでボールロスト→ファウルで止める→FK、という悪い流れを生み出してしまうことが問題なのは明らかで、私が付け足すことはない。ラファエルのミドルについても田村が寄せきれずに空けたことが原因。
 ということなので、この日の3バックを継続する余地はある。問題はサイズのなさで、遠藤と村松が176cm、山口も180cmでしかない。本来なら対戦相手を選んで使う策なのかもしれないが、ジャーンがいない以上、高さがないのには変わりはないしね。

 最後にジャーンについて。
 間違いなく、ジャーンと斉藤俊秀がやってきて昇格への機運が高まった。2人ではじきまくっていたのが1つの拠り所だった。斉藤が去った後もゴール前の制空権を一手に担い「地上戦の村松」がスムーズに活躍できたのも彼の存在があってのことだった。
 退団の挨拶をすべて日本語でするというのも、素晴らしかった。あれだけの挨拶ができる外国人プレーヤーは、そうはいない。

ジャーン退団の挨拶(2010.11.10)
「ジャジャジャジャーンです。
 皆さんこんばんは。
 残念ですけど、最後は出てないですけど、私はちょっと、とても寂しいですけど…。
 日本、9年プレーやりました。皆さん、ありがとうございました。
 まだまだプレーやりたいですけど。40歳まで、頑張ります。
 FC東京の皆さん、湘南ベルマーレの皆さん、日本の皆さん、ありがとうございました。
 真壁さん(注:湘南社長)、フロントの皆さん、スタッフの皆さん、ファンの皆さん、サポーターの皆さん、ありがとうございました。
 また、逢いましょう。ありがとうございました」


【キャプテンマーク予想ゲーム】
 3巡目は寺川→坂本→エメルソン(天皇杯)→阿部→臼井→山口→田村ときた。あまりにも外し続けて挫けそうだが、次こそ都築で。

« 試合そっちのけでJ's GOAL批判。中村俊輔には言及しない | トップページ | 反町サッカーの転向なのかと戸惑う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャーンが去って遠藤航の登場?:

« 試合そっちのけでJ's GOAL批判。中村俊輔には言及しない | トップページ | 反町サッカーの転向なのかと戸惑う »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ