« 反町サッカーの転向なのかと戸惑う | トップページ | 田村雄三の現役引退と湘南の課題 »

2011年1月 1日 (土)

試合巧者ぶりは元旦に相応しくない――天皇杯決勝

 長期間、監督が変わっていないチーム同士の一戦とあって、「スコアよりも内容面で面白い試合を!」と期待していたのだが、完全に裏切られた。2011年の天皇杯決勝は、アントラーズの試合巧者ぶりのみが光り、攻撃的なサッカーをめざすエスパルスはついに意地を見せることができなかった。チームとしての完成度の差を実感させられる一方、挙げられた3ゴールはセットプレーからの2点とオフサイド気味のロングボール一発。これならガンバが勝ち上がってくれた方が面白かった・・・・・・というのが第三者の率直な感想だった。
 

 変則3トップで小野、藤本の攻撃力を生かそうという清水エスパルスの戦術は、まったく機能しなかった。序盤から果敢にプレッシングを仕掛けてくるアントラーズに対し、ボールを持ってもまともにつなぐことができず、奪われてはショートカウンターを喰らい、序盤からたびたびゴールマウスを脅かされた。前半45分でシュート数2本という数字は、彼らの低調ぶりを如時に示すものだったろう。
 もはや伝統といえるカウンターサッカーを推し進めるアントラーズに対し、エスパルス=長谷川健太監督がめざしてきたのは、ボール支配率優先のテクニック至上主義のはず。そのエスパルスが、中盤の主導権争いで明らかに負けてしまうと、試合は滅法つまらなくなる。藤本はサイドで孤立してしまうし、岡崎は守備のために中盤まで引くシーンが増え、結果的にヨンセンが低い位置でポストプレーを試みるしかない。それでも、ボール奪取後に早めに両翼へ展開するようなプレーが続けば、相手の圧力も徐々に押し返せたはずなのだが、いくつかあったチャンスはことごとく生かされなかった。それこそが3トップ気味の戦術の醍醐味であるにもかかわらず、サイドで1対1をつくることはほぼ完全にできなかったといえる。
 これに対して、アントラーズの攻撃プランは明快だった。2トップも含めて守備の網を形成し、ボールを奪ったらとにもかくにも速攻を仕掛ける。周囲の選手はボールを持つ味方のパスコースをつくるために積極的に動き出すし、常にシュートへの最短距離が共有されている。隙があれば小笠原や野沢がディフェンスラインの裏を狙ってロングボールを放り込み、エスパルスに守備の的を絞らせない。ボールを奪ってからもたつくエスパルスとの差は歴然で、チームの完成度の面で上回っているのは明らかだった。
 ゲームを面白くするには「先制点はエスパルスに!」と期待していたのだが、前半26分、彼らはコーナーキックからあっさりと失点してしまう。相手が弱小チームならここでスローダウンしてくれて同点弾の期待も高まるところだが、常勝アントラーズはさにあらず。2トップまで守備意識を上げ、中盤でのプレスを強めるのだから、たまらない。それまでも間々ならなかったエスパルスのボール回しは絶望的に機能しなくなり、前半の終了直前には、前線と両サイドに選手が張り付き、中央ががら空きになってしまう場面も・・・・・・。白いユニフォームがほぼ正方形を囲むようにみられ、その中を赤いユニフォームの数人が走り回るという奇異な光景は、さながら勝敗の決したドッジボールのようだった。中盤の要である兵働の不在が大きかったのは分かるのだが、いくらなんでもあれはない。

 率直にいって、ハーフタイムを迎えた頃には、試合の興味は半ば失っていた。前半の途中までは、岡崎と藤本がポジションチェンジをするなどの打開策をあれこれと考えていたのだが、長谷川監督が具体的な指示を送る様子はなく、選手たちも自らやり方を変える素振りをみせず。で、後半から盛り返すためには、「小野か藤本を外して中盤でのプレス合戦に勝つしかない」と思ってはみたものの、それまでの様子からして健太がそんなチャレンジをするはずもないことは明白だったから。
 後半14分のヨンセンのゴールは、オフサイドにもみえる、まったくの事故だった。深い位置からディフェンスラインの裏をねらうプレーは、前半の鹿島が事あるごとに狙っていたものだが、意味合いはだいぶ違う。アントラーズのそれが明確なゲームプランのなかで繰り出される小技のひとつだとしたら、エスパルスのそれは手詰まりのなかで放った苦し紛れのラッキーパンチに過ぎない。
 しかし、失点を受けてのオリベイラの采配は果断だった。即座に本山を投入し、中盤の活性化を図る。ゴールが欲しい時のパターンが決まっているのも常勝チームならではであり、ともに長期政権を築いてきた監督ながら、オリベイラと長谷川健太の差を感じる部分だった。数分後、健太も遅ればせながら動いたが、この日で退団する伊東を投入するのはお約束であり、フィールド内の選手に伝えるべき意図がはっきりしていた交代とは言い難い。本山が決勝点を挙げる前と後で求められる役割を見事に使い分けたのに比べると、いかにも無策だったと感じた。何より、アントラーズにしてもエースのマルキーニョスが去った直後だったわけで、手も足も出ない負け方はどうかと思う。

 決勝点となった野沢の直接FKに関しては、GKのポジショニングに疑問を覚えた。長身のヨンセンらがいるからというのも分からなくもないが、ほぼ真正面からのFKにしては、あの位置取りはいささか偏りすぎていたように思う。こうした小さな部分こそが勝敗の分かれ目になることは稀ではなく、エスパルスが強豪になりきれない原因が垣間見えたような気もした。何というか、戦術面も含めて、「横綱でもないのに横綱相撲をしたがっている」よう見受けられてならなかった。
 もっとも、「日本のサッカー王国」に本拠地を持つという唯一絶対のアドバンテージがある以上、彼らは常勝チームであり続けなければならないと思う。新しい指揮官には、王道と呼べる戦術を掲げた上、常にそれに見合う結果を収められるチームをめざしてほしい。

 最後に、とくにどちらを応援しているわけでもない第三者からすれば、今年の天皇杯決勝はアグレッシブさに欠けるものだったといわざるを得ない。3つのゴールのうち、2つはセットプレーからであり、残りの1つもオフサイドくさい凡プレー。元旦の日本一決戦は、代表戦以外に興味のない人々も試合を見る可能性が高いわけで、分かりやすいみどころに欠けた点は何とも惜しまれる。エスパルスのファンには申し訳ないが、これならより分かりやすいサッカーをするガンバが勝ち上がっていた方が良かったと思う。小野と藤本には期待していたのだけれど、あれでは「遠藤がいなかったからガンバに勝てた」といわれても仕方がない。とはいえ、元旦の一戦のみどころとして
は、「名門チームの試合巧者ぶり」は相応しくない。

« 反町サッカーの転向なのかと戸惑う | トップページ | 田村雄三の現役引退と湘南の課題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試合巧者ぶりは元旦に相応しくない――天皇杯決勝:

« 反町サッカーの転向なのかと戸惑う | トップページ | 田村雄三の現役引退と湘南の課題 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ