« ラフィーニャ&アレックスを封じ込んだ完勝 | トップページ | 反町の路線修正を担保した松尾直人 »

2011年6月15日 (水)

強くなっている栃木。湘南は1周先にいるよね?

 今の栃木SCを応援するのは楽しいことだろう。チームが日々ステップアップをしている過程を実感するのって楽しいもんね。それを横目で見ながら、敗戦にもかかわらず淡々と、まあこういう試合もあるな、と思ってしまう私は「上から目線」だ。
(2011年6日12日 湘南ベルマーレ0―2栃木SC 平塚競技場)

 要所に優れた選手を置きながら、周囲の選手はハードワークにいそしむ。弱小チームが強くなる典型的なプロセスだろう。
 栃木に関して言えば、FWリカルド・ロボが核になっているのは明白だ。ボールを持った時の怖さはもちろんのこと、パスも出せる。スピードで相手DFを翻弄するのだが、特に目についたのは転倒した後の起き上がる速さ。そういった緩急によって相手DFと身体を入れ替える動きが秀逸だ(ついでに、その時に相手を押しのける狡猾さも)。
 もう1人のキーマンはボランチのパウリーニョなのだろうが、この日の内容ではよくわからなかった。後述するようにゲームの肝であったことは確かだが。
 注目の水沼宏太については、いつものような奔放なポジションチェンジはなかったと思う。12分に早々と先制したため、守備のバランスを崩してまで攻める必要がなかったのかもしれない。まあ、カウンターのチャンスでは右へ左へと攻め上がっていたのだけど。一番目立っていたのがQBKというのは痛恨だろう。
 他の選手たちにはハードワーク、さらにはハードチェックが課されているのだろう。鈴木修人が永木亮太にぶちかましたショルダータックル(?)とかは、2年前にやってくれればよかったのにと思った。
 こうしたチームの在り方は、弱小チームが強くなる典型的なプロセスであるのと同時に、最近のJリーグの傾向にマッチしたやり方だろう。つまり、レフリーが笛を吹かなくなっている傾向を鑑みれば、多少ハード気味に当たっていくのは効果があるだろう。J2の混戦を説明する1つの要素という気がする。この日でいえば、湘南CB大井健太郎に対してロボが後ろからタックルして倒した場面があったが、ファウルは吹かれたもののカードは出なかったので「やり得」な面はある。

 作戦面でいえば、栃木は湘南の中央からの攻撃を防ぐことに注力していた。つまり、永木、ハングギョンそしてアジエルの3人に対してしっかりと対策を立てていた。栃木のボランチ・パウリーニョが効いていたのだと思う。ピッチ中央で3人に自由を与えず、そこでボールを奪ってカウンターで攻めることに成功していたのだから、「効いていた」と言うべきなのだろう。後半のある時間帯ではアジエルに対してマンマークっぽく付きまとっていた。
 攻撃時の湘南は常にウィークサイドのライン際で1人が余っていて、サイドチェンジのパスを待っていたのだが、その選手は放置されていた。ボールが入ってから対応するというやり方で、半ば捨てていた。その代わりに、中央やストロングサイド、より具体的に言えば湘南から見た右サイドで選手の密度を高めていたように思う。

 とかなんとか書きながらも、どうも盛り上がりに欠ける。「いやあ、負けちまったなあ。参った参った」という感じだ。栃木は良いサッカーをしていて、ああいうサッカーをしていれば上位チームを食うこともあるよなあ、と思う。どうにも「上から目線」になってしまう。
 もちろん、ああいった昇り調子のサッカーをあしらって勝つことが湘南の目標とする姿だ。3年前のサンフレッチェのような。まだその域には達していないことを再確認した試合と位置づけられる。「いやいや、そうやって受けに回っちゃダメでしょ」という批判は真っ当だ。でもだからって、「こちらも負けずにガツンとやり返せ」とは言いたくない。その段階は2~3年ぐらい前に通過したもので、今の湘南はもう少しスマートなやり方を志向しているし、そうあるべきだ。
 繰り返すが、負けを容認しているわけではない。でも「まあこういう試合もあるな」と消化してしまう。チームがスケールアップするためのプロセスと考えればこそだ。

 ところで、湘南のホームゲームはFM湘南ナパサ(78.3MHz)で生中継されることが多いのだが、試合後の監督会見・質疑が聴けるのが楽しい(質問者の声が聞き取りにくいのが玉に疵)。アウェイの皆さんにもお勧め。
 この日は、松田監督の隙のないコメントと、負けたのになぜかハイテンションの反町を楽しんだ。J'sGOALだとこの監督会見は綺麗に整形されているが、生ならではの面白さがある。反町は常に質問ウエルカムなスタンスで、勝ちゲームの後のお約束は「いいですよ、朝までやりましょう」なのだが、この日は顔なじみの後藤健生氏が来ていたらしく「後藤さん、どうです?」と水を向け、その質問に答えた後は「こんなんで納得していただけます?」。で、さらに後藤氏が慰めなのか「しょうがないですかね」と返すと「しょうがない、ってわけにはいかないんだけど…」。というようなやり取りはライブだけの楽しみだ。
 そういえば、最後の質問者は日本海テレビの記者だった。次節に向けてガイナーレからの斥候ですか?

【キャプテンマーク予想ゲーム】
 日替わりキャプテンは開幕から、坂本→西部→大井→アジエル→石神→臼井→巻→永木→ハン→遠藤ときた。次はスタメンならば高山なんだろうが、その前提が不安定だ。

« ラフィーニャ&アレックスを封じ込んだ完勝 | トップページ | 反町の路線修正を担保した松尾直人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強くなっている栃木。湘南は1周先にいるよね?:

« ラフィーニャ&アレックスを封じ込んだ完勝 | トップページ | 反町の路線修正を担保した松尾直人 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ