« 底力を伺わせるFC東京と反町の饒舌 | トップページ | 強くなっている栃木。湘南は1周先にいるよね? »

2011年6月 1日 (水)

ラフィーニャ&アレックスを封じ込んだ完勝

 点差以上の完勝でベルマーレビールがうまいぜ、プハー。・・・とかいう柄でもないので、いつものようにネチネチと何か書く。湘南の勝因を考えたいのだが、草津の長所が読み取れないほどのパーフェクトな試合内容だったので何も思い浮かばない。
(2011年5日29日 湘南ベルマーレ2―0ザスパ草津 平塚競技場)

 1日中雨という予報に反して、キックオフから間もなく雨は弱まったのだが、確かにピッチは濡れていた。湘南の各選手はセオリー通り、積極的にシュートを撃っていた。「シュートを撃てば何かが起こる」を地で行くようなゲームで、永木亮太のミドルシュートで先制し、アジエルのクロスをキーパーが弾いたところに坂本紘司が詰めて2点目を奪った。
 永木のミドルは、今季の湘南がめざす形なのだろう。右サイドを駆け上がった臼井幸平からのクロスをFW高山薫がキープし切れずにボールをロスト。草津のDFが奪ったボールを前に出し、右SH後藤涼に渡ったところにハングギョンが襲い掛かってボールを奪い返し、すかさず永木にパス。まったくのフリーだった永木が20m以上の距離からゴール右上へコントロールショットを撃ち込んだ。
 相手に奪われたボールをすぐに取り返したのがポイント。しかも、両ボランチが敵陣半ばの高さにまで進出してのプレーだった。私の推測する今季の湘南がめざすプレーだった。草津からすれば、攻撃に転じた瞬間のことでポジションバランスが崩れて永木へのアプローチが出来ずにシュートコースを空けることになったし、草津GK北一真にとっては虚を突かれたタイミングだったのかもしれない。ついでにいえば、このプレーの直前から再び雨が降り出していたことも集中を削いだのかもしれない。
 2点目に関しては、ゴールライン間近に進出したアジエルからのクロスを、草津側からすれば大きく弾きたかったところだろう。雨で濡れたボールは小さく方向を変えただけで、坂本紘司の目の前にいい按配で落ちてきた。

 フリーでミドルを撃たれることも、PA内にまでアジエルに入られることも、フィールドプレーヤーの責任だから、どちらの失点もGK北のミスといっては酷ではある。被シュート数が多すぎることも含めて、キーパーを責めるのは酷なのだが、それでも、湘南GK西部洋平の安定感と比較すると差があったように思う。
 西部はほぼノーミスであったし、ビッグセーブも披露した。彼我のGKが入れ替わっていたらと考えると、湘南も完全に崩し切ってのシュートはそれほどなかったので、少しヒヤリとする。マンオブザマッチは妥当なところだろう。

 湘南の勝因を考えるならば、草津の好調を支えるブラジル人2トップ対策も検証する必要がありそうなのだが、よくわからないのでコメントに困る。
 ラフィーニャがバイタルエリアの辺りに下がってボールを受けるのは許容していたように見えた。そのスペースを閉じようという意識は感じられなかったし、距離をビッチリと詰める気もないように見えた。なんだか危険な状態だと思っていたのだが、警戒すべきプレーは他にあるということなのだろうか。ラフィーニャとアレックスとのワンツーだとか、裏を取る後藤涼へのスルーパスとかなんだろうか。
 草津のストロングポイントがどこにあるのか、私に見えなかったというのが「完勝」と思わせた理由ではある。率直なところ、リンコン様の居場所があるのか疑問が募るばかりだ。3人のブラジル人を同時起用するイメージがわかない。

 ところで、開始早々のCKの際に7ゲートの湘南応援席に向けてペコリとお辞儀をした熊タンは、相変わらず中高年の心をつかむのが上手ですなあ(誰かが声をかけたんだろうけど)。コバショーの教育もよろしくね。

【キャプテンマーク予想ゲーム】
 日替わりキャプテンは開幕から、坂本→西部→大井→アジエル→石神→臼井→巻→永木ときた。次はハングギョンでしょうな。

« 底力を伺わせるFC東京と反町の饒舌 | トップページ | 強くなっている栃木。湘南は1周先にいるよね? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラフィーニャ&アレックスを封じ込んだ完勝:

« 底力を伺わせるFC東京と反町の饒舌 | トップページ | 強くなっている栃木。湘南は1周先にいるよね? »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ