« 反町の路線修正を担保した松尾直人 | トップページ | 松尾直人のプレーに惚れ惚れする »

2011年7月 3日 (日)

反町の路線修正はなく振出しに戻っただけ

 4-2-2-2に戻して前からのプレスも蘇った。アンカーを置いた4-1-2-3で下がって守った3日前の戦い方は、もっぱらオーロイ対策だったということか。初心に戻るということだろうが、想定される課題への対応も初期状態に戻された。つまり、シーズン開幕戦のような完成度ということだ。
(2011年7日2日 湘南ベルマーレ1―3東京ヴェルディ 平塚競技場)

 湘南のフォーメーションはおなじみの4-2-2-2に戻ったが、メンバーは前節に比べて大きく変わった。右SBは臼井→鎌田、中盤は松尾と永木がベンチからも外れてハン・坂本の2ボランチに。アジエルと菊池がSH。前節90分のフル出場だった田原がベンチに下がって2トップは佐々木と高山の組合せ。コンディション面を重視しているようだが、永木がベンチにもいないというのは注目すべきか。
 前節と最も違うのは、DFラインを上げて前からボールを奪いに行く守備。高い位置で複数の選手が次々と相手ボールにアプローチをする。今季の湘南のテーマに回帰した。
 当然のことながら、そのプレスをかわされると、人数の少ないDFラインは同数や劣勢での対応を強いられる。もちろん難しいことであるが、それにチャレンジしようということだ。その課題は2つに分けられ、「守備陣が相手カウンターをどう凌ぐか」とともに「相手にカウンターをさせないように攻め切る」ことも、当初からの課題だ。

 この日の3失点はいずれも相手ショートカウンターから喫したもの。守備陣が凌げないことよりも、相手にみすみすカウンターのチャンスを与えてしまったことが問題だ。
 ではなぜそうなるのか。直接的には判断の拙さがあって、どこにパスを出すのか、あるいはドリブルするのか、そうした判断が適切かどうかが問われなければならない。と同時に、心理的な余裕のなさも挙げるべきで、マイボールに収められるのに慌ててヘディングしてしまったりするのはそれだ。連敗中の苦しさということなのだが。

 書きながらクドクドしいと自分でも思う。今季の選手構成が定まった時点で、これらの課題はミエミエだったのだ。少ない人数で相手のカウンターに対処する以上、いくらかは失点を覚悟しなければならない。そうした不安を抱えながらシーズンを迎えたのだが、開幕戦で爆勝し、その後もなんとか勝点を拾いながらアドバンテージを得て不安を隠していた。しかしこの5連敗によってアドバンテージは失われ、開幕当初の不安と向き合うことになった。
 心理的な「負のサイクル」の影響も無視できず、これを好転させるのは大変だ。チームのバイオリズムが悪い時に限ってイマイチな審判が現れてPKをくれなかったり、相手にはPKを与えたりするのもよくある話だ。あえて愚痴を言うと、チームのバイオリズムを崩すような変なタイミングで練習試合を組むのも考え物だ。反町が監督である以上、五輪代表の相手になるのは仕方ないが、それがいかにリスキーであるかは、昨秋といい、今回といい、他のチームが引き受けなかったことでわかる。
 
 こういう苦しい時こそ、選手を見極めるいい機会でもある。チームとして機能しないまでも、主体的に奮闘する選手が見えやすくなる。その意味では佐々木竜太が光っていた。2トップとしては全然機能していないように見えたけれど(相方・高山の個性が2トップ向きに見えない)。
 5年前に5連敗したときは、北島義生がチャンスを得るきっかけとなった。似たような立場にいるのは、小澤か? うん、彼が名誉挽回するとしたら今しかないかもね。
 
【キャプテンマーク予想ゲーム】
 日替わりキャプテンは終わって、今後は大井がキャプテンマークを巻くとのこと。前節のときにそれを見通していた人もいるようだが、なんでわかったんだろう。私は千葉戦のすべてにわたって見る目がなかったのだね。。。

« 反町の路線修正を担保した松尾直人 | トップページ | 松尾直人のプレーに惚れ惚れする »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反町の路線修正はなく振出しに戻っただけ:

« 反町の路線修正を担保した松尾直人 | トップページ | 松尾直人のプレーに惚れ惚れする »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ