« 今さら2011NHK杯フィギュア観覧記 | トップページ | 湘南の「青春サッカー」は快進撃を続けるか »

2012年3月 1日 (木)

2012年のJ2を予想

 今年ほど虚心坦懐に予想できるシーズンはない。湘南に関しての期待値の低さゆえなので、自分としては全然好ましい事態ではないのだが。こんなことなら、偏見に満ち溢れても良いから我田引水な予想を展開したいものだ。

1位 ジェフユナイテッド千葉
 私は木山監督を買っている。戦力をきちんと生かせる印象があるからだ。だから湘南の次期監督になって欲しいと思っていたのだけど。選手補強もDFラインをはじめとして適切になされていると思う。オーソドックスに戦うだけで昇格は固いだろう。

2位 京都サンガF.C.
 2011年終盤の躍進をそのままに、とはいかないと思う。今季はマークされるので壁に当たると思う。だけど、それを見越した補強がなされている。公式発表はまだみたいだけどディエゴの放出も出来たみたいだし、編成は満点なのではないか?

3位 徳島ヴォルティス
 上位2チーム以外は混戦模様が予想されるのだけど、そのレベルであれば徳島を挙げてよいと思う。柿谷や佐藤が抜けたので再構築なのだとは思うが、エリゼウと再契約したし青山隼を呼び戻したし、まあまあ悪くない選手構成になっている。何よりも小林伸二監督を招聘したのでその分のドーピング効果があるだろう。

4位 横浜FC
 ホベルトが復帰するというので2011年のような事態にはならないだろう。FW陣に厚みもあるし。守備面での不安とかホベルトの健康状態とか赤帽とか、懸念材料はあるものの他のチームも不安だらけなので、そこそこ上位に来るとみた。

5位 東京ヴェルディ
 すでに天井の見えていた感のあるチームを再編成するつもりなのだろう。その意味でユース上がりの生え抜き中心選手たちを放出したのは妥当なのだと思う。本当は監督を代えるべきだと思うが、それをするとリーグの送り込んだ経営陣によるヴェルディカラー一掃作戦と受け止められるから避けているのか?

6位 ヴァンフォーレ甲府
 ハーフナーやダニエルが抜けたので崩壊っぽい第一印象なのだけど、実際にはそこまで悲観する状態でもないのだろう。高崎も連れてきたし、ダヴィもさすがにコンディションを上げてくるだろう。これでドウグラスが当たりならば一気に昇格候補だ。

7位 大分トリニータ
 前俊と姜が抜けたけれど、高松が復帰し、安心のセレッソ印・キムチャンフンをレンタルで獲得してきた。2年目を迎えて、田坂監督の意図が浸透するシーズンになるのかなと。まあ、公式試合安定開催基金を借りているチームより下に予想するのは忸怩たるものがあるのだが。

8位 カターレ富山
 今季の躍進候補は富山とみる。ギャンブル気味に。渋くツボを押さえた補強が出来ていると思う。チャンスとみれば夏場の外国人補強もあり得るのかなあ、ビッグスポンサーがついているので。

9位 栃木SC
 ロボが抜け、DFラインも再構築だが、松田監督のチームは大崩れしないと思う。パウリーニョが健康を保てばもっと上位に行ってもおかしくない。

10位 ザスパ草津
 熊林と松下がチームの核なので、その2人がいる限りある程度のチームにはなるだろう。いよいよ今年はリンコン様がエースになることを期待されるのだろうが、そこは不安。

11位 ギラヴァンツ北九州
 2011年の躍進は監督の手腕よりも選手の入れ替えが奏功したためだろう。さらなる入れ替えが行われているのだけど、ここからさらに上昇するのはハードルが高いはず。

12位 アビスパ福岡
 私は2010年の躍進を目撃していないので、昇格の理由も降格の理由もさっぱりわからない。回り回って昇降格のキーマンが揃って去って行ったように見えるので、「元に戻る」のかな。

13位 ロアッソ熊本
 高木琢也はパスサッカーのチームを作ったことがないので、その方針には信用が置けない。かといって元のカウンターサッカーに戻るというのも、依然として前線のタレントに信頼感がないので難しかろう。

14位 愛媛FC
 “エヒメッシ”が去り、DFラインについては今年もまた再構築なので苦しい。私はバルバリッチを評価しているのだけど、彼が切れてしまわないかが心配。

15位 ファジアーノ岡山
 躍進のカギは練習場問題なのかも。いや、集客力もあるし躍進しても不思議はないのだけど、私にすら「練習場が…」という話が伝わっているというのはよほどのことなのだろう。シーズン中にそれが解決することが決まれば、一気にテンションが上がるのかも。

16位 モンテディオ山形
 さすがにここまでは落ちないだろうが、そのくらいの覚悟が必要でしょう。小林ドーピングがなくなったというのが第三者的な評価なので、それを覆す必要がある。でも、それについては懐疑的。昨季終盤の崩壊ぶりを見ると立て直すのは大変だと思う。

17位 FC岐阜
 服部の加入は大きい。彼自身のプレーだけでなく、チームに影響を与えられる選手だから。最下位だった昨季の反動というか、反骨心もあるだろうから、多少は上に上がるのではないかな。

18位 水戸ホーリーホック
 あそこまで鈴木隆行頼みになるとは思わなかった。柱谷には若手育成が期待されているのだろうけど、あまりうまくいかないうちに期待されていたはずの若手を放出してしまった。采配面も含め、どうもチグハグさを感じてしまう。

19位 松本山雅
 たぶん反町は理想を追わずリアリズムに徹するだろう。そういうときの反町は強い。私の関心は、このチームでも反町はファウルの数を減らせるかという点。

20位 ガイナーレ鳥取
 服部の離脱は大きい。あと、松田監督の退任についても影響があるんじゃないかな。今のところハメドがメンバーに入っていないようだが、彼の存在は両刃の刃なので、契約更新しない気持ちはわかる。ただ、コスタリカ人は大丈夫なのか? 使いこなせるのか? 

21位 FC町田ゼルビア
 よそから見ていると「踊り場」にいるように見える。主観的には「足元を固めているところ」なのかもしれないが。戦力はよくわからないが、諸々の雰囲気からは今季の伸び代をあまり感じない。ポポヴィッチ、アルディレスと著名外国人監督を連れてきていて羨ましいのだが、J2歴の長くなったオッサンの繰り言を書く。かつてJ2では外国人監督を起用することに非公式な障壁があったのだよ!

22位 湘南ベルマーレ
 田原とアジエルが去ったことはやっぱり痛い。どこでタメを作って、どこに突破口を見出すのかが不透明だ。一方で、プレッシングの穴が小さくなったという利点はあり得て、マセナが前線でボールを失わずにさばいてくれると好転すると思う。ただ、そういうプレッシングサッカーに付き合ってくれるチームがどれだけあるか、という心配もある。有力チームとは真っ向勝負で「善戦」し、非有力チームには一見攻めながらカウンターに屈する。10年ぐらい前の記憶がよみがえるね。

 …冒頭の「虚心坦懐」は嘘だった。。。。またしても戦略的にコメントをしてしまった。うん、今の湘南については他チームから見くびられた方がよいと思うのだ。プレス合戦に持ち込むために。
 本心を書くと、湘南はプレーオフ進出を目標としつつ1ケタ順位に達すれば上出来かなと思う。もちろん、良い方向に裏切られることを期待しているのだけど。
 そのほかに補足しておくと、この予想で自信があるのは2強の存在ぐらいだ。あの2チームは抜けていると思う。千葉は過去2シーズンのやり方が拙かっただけで地力はあるのだし。とかいって私の予想は毎年当たらないので、当該チームのサポには不吉なのかもしれないけど。

« 今さら2011NHK杯フィギュア観覧記 | トップページ | 湘南の「青春サッカー」は快進撃を続けるか »

コメント

サンガサポからすると不吉極まりないwですが去年は5位予想→6位だったんで、まあプレーオフ圏内を見とけば間違いないかなと。サンガ以外観ない(観れない)んでなんともいえませんが、戦力的には抜けてると思うので。まあカウンター対策とか両サイドバックとか結局3バックは捨てんの? とか色々あるにはあるんですけどね。

サンフジさん、コメントありがとうございます。
京都はもたついていますけど、まあ大丈夫なんじゃないですか。
ドゥトラがいないのは誤算かもしれませんが、高給取りがいなくなれば代わりの選手を獲りやすいでしょうし。ウバガイ氏好みの東欧系とか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年のJ2を予想:

« 今さら2011NHK杯フィギュア観覧記 | トップページ | 湘南の「青春サッカー」は快進撃を続けるか »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ