« バルサは“平凡な強豪”になり下がったのか | トップページ | 永井・大久保・田原。魅惑の3トップがやってきた! »

2012年4月14日 (土)

ゼルビアとの撃ち合いは手数の多さで勝利

 町田は昇格初年のチームっぽくなかった。引き籠ってチャンスを伺うのではなく、能動的な姿勢だった。おかげで90分間せわしないゲームになったが、湘南にとっては歓迎すべきことだ。
(2012年4日8日 湘南ベルマーレ2―0FC町田ゼルビア ShonanBMWスタジアム平塚)

 試合開始直後の湘南のゴールキック(だっけ?)の際に、町田の特徴が端的に示されていた。DFラインはハーフライン近辺まで上がり、FWのラインまでの間隔を極めて狭くしていた。町田が「前からくる」ことはわかっていたが、ここまでとは思わなかった。
 当然、湘南としては町田DFライン背後の広大なスペースを使いたかったのだが、オフサイドを取られる取られる。90分で10のオフサイドを記録した。確かに町田の選手が湘南のDFラインやボランチ辺りの球出しを阻害してはいたが、いくらなんでもあんまりだ。特に前半は、向かい風だったのだからスペースにボールを落として2列目の快速アタッカー、具体的には左WB高山薫を走らせればよかろうに、常に1トップの馬場賢治が飛び出そうとしてオフサイドになっていた。
 高山は守備の際には相手のサイド攻撃を1人で受け持っていたため、押し込まれてしまい飛び出す機会が少なかった。欲を言えば2シャドウ左の大槻周平とのポジション・チェンジなども織り交ぜてほしかったが。大槻は、初先発を果たした前節の鳥取戦では1トップのはずがその役割を2列目の馬場に奪われていたのだが、この日は2人のポジションを入れ替えて役割を整理していた。トップでボールを収めるのは馬場、ハイボールに競るのは大槻、という分業だった。その変更でようやく格好がついていたわけで、そのうえWBとのポジションチェンジを求めるのはまだ贅沢かと。

 湘南は3-4-2-1、町田は4-2-2-2とフォーメーションは異なるが、「前からプレスをかける」というコンセプトは似通っている。互いにFWが相手DFラインにプレスをかけるので、ボールが落ち着く暇がない。相手のミスを誘発し合い、ボールを奪ってもすぐにプレッシャーを受ける状況が90分続いた。
 そうした網をかいくぐってゴールに迫る回数を見れば、湘南が町田を上回っていた。「手数で上回った」という意味で「優勢」だったとはいえる。問題は「優勢」を得点につなげることができるかだ。2011年に直面した壁はそれだったのだが、今年のチームはセットプレーで打開できる。67分に古橋達弥のCKがファーサイドに抜けたところを遠藤航がヘディングで決めた。実に助かるのだが、その反面、昨年までのセットプレーでの苦しみはなんだったんだ、という憤りに近い感情もある。プレースキッカーの違いだってことはわかっているが。
 さらにロスタイムには、右WB古林将太に代えて投入された「大胆不敵・島村毅」が(なぜか)相手PAに侵入してPKをゲット(やや怪しい?)してそれを遠藤が決めてダメ押しとした。

 勝ちゲームで文句を言うと罰が当たるが、しかし試合運びが若いのは気になるところ。リードした後でもボールが落ち着かず、終始せわしなかった。開幕当初は後方でのボール回しでタメを作りながらチャンスを伺うような時間帯も作れていて、ゲームに安定感を与えていた。そのボール回しにプレッシャーをかけられると、行ったり来たりの「トランジション・サッカー」になってしまい、ゲームが攪乱される。
 どうも今季のJ2では、湘南や町田と同じように「前からプレス」を意図するチームが目立つ。数年前の「4-4の2ラインを敷く」やり方に代わって流行しつつあるようにも見える。そういった「ゲームをかき乱す」ことは湘南にとっては望むところで、撃ち合い上等、殴り合い上等、というところである。しかし、降格制度の始まったシーズンである。下位のチームがいつまでもこれに付き合ってくれるかは不明である。となれば、今のうちに下位チームと殴りあっておくのがよいのだろう。

« バルサは“平凡な強豪”になり下がったのか | トップページ | 永井・大久保・田原。魅惑の3トップがやってきた! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼルビアとの撃ち合いは手数の多さで勝利:

« バルサは“平凡な強豪”になり下がったのか | トップページ | 永井・大久保・田原。魅惑の3トップがやってきた! »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ