« 小林伸二の自業自得というか苦悩というか | トップページ | 植田龍仁朗をめぐる水面下の駆け引き »

2012年6月10日 (日)

湘南の久々の勝利も霞ませるカターレの不出来

 シーズン前にカターレ富山の躍進を予想していた私からすると、恥をかかされた気分だ。このゲームの内容を見ると、眼鏡違いだったと認めざるを得ない。あまりの富山の不出来ゆえに、湘南が9試合ぶりに勝った喜びも中くらいだ。
(2012年6日9日 湘南ベルマーレ1―0カターレ富山 ShonanBMWスタジアム平塚)

 富山からすると、西川も苔口も山瀬も平野もいなかったので攻撃面で予定が狂っているというエクスキューズはあるのだろう。しかしそれ以前の問題だと思う。何しろチームとしての意図がほとんど見えなかった。
 この日の富山の布陣は3-4-2-1。3バックは足助翔、福田俊介、吉川健太。平出涼と加藤弘堅の2ボランチに、右WBが大西容平と左WBが西野誠。前線は黒部光昭をトップに置いて2シャドーがソヨンドクと木村勝太。
 で、富山の攻撃には組立ても崩しもまったく存在しなかった。ボールを奪っても前線に向けてアバウトに蹴り出す場面ばかりで、意図のある攻撃はほぼ皆無だった。少なくとも私には読み取れなかった。前線の黒部に当ててセカンドボールを狙おうとしているようにも、WBが攻め上がってクロスを入れたいとも、もちろんショートパスを繋いで突破しようとしているようにも、見えなかった。
 試合を通じて富山のシュートは3本だけで、うち1本は湘南の横パスをインターセプトして持ち込んだビッグチャンスで、あとの2本は「プレスがないから撃ってみた」風のロングシュートだった。ペナルティエリア内でのシュートは0であり、怖さはまるでなかった。

 守備に関していえば「それなり」だった。
 富山も湘南も同じ3-4-2-1だったこともあり、開始当初の富山は完全マンマークだったりもした。つまり、富山のフィールドプレーヤーは湘南のフィールドプレーヤーに対して1対1のマッチアップをしていた。さすがにそのギャンブルは分が悪いので2シャドーが下がって守備に加わるようになった。
 3バック中央の福田俊介は頼れる大黒柱で、湘南からすると単純なクロスをいれるのは躊躇させられた。CKの際にショートコーナーを多用したのもそのせいだろう。宮崎泰右をはじめとする湘南のドリブラー達はそれなりに威力があったのだが、中央に彼我の選手が集まってしまい突破し切れない。

 要するに、湘南は圧倒的にポゼッションをして攻め立てたということで、後半アディショナルタイムまでゴールを奪えなかったというのは、いかにも勝てていないチームの試合だった。「産みの苦しみ」を地で行くような内容だった。富山の不出来に鑑みれば、難産感はさらに強まる。この日の富山相手ならば本来はもっと楽に勝ててもおかしくなかった。

 まあこういうものだ。苦しいメンバー構成のなかで曲がりなりにも勝ったのだから喜ぶべきなんだろう。
 この日の湘南は、4-1-4-1にした前節とは違い、3-4-2-1に戻していた。
 3バックは右から三原向平、鎌田翔雅、山口貴弘と並べた。今までのパターンだと山口を中央に置くところだったが、鎌田を中央に置いたのがポイントだったろう。DFラインを高く、前でボールを奪いに行くのが湘南のコンセプトだが、山口はどうしても後方に意識を残しているように見える。そこで山口を左に移し、積極的なオーバーラップを意識づけたのだと思われる。結果的にDFラインの位置が高くなった。
 DFラインが高い分、富山はラインの裏へボールを蹴り込んできた(そういえば富山の攻撃の狙いはこれだったな)。GK阿部伸行は前節に大きなミスをしたこともあって飛び出しの判断がいつもより遅かったように思うが、富山に精度がなかったので事なきを得た。
 大卒ルーキーでJリーグ初出場となった三原は良い出来だった。積極的な攻撃参加、衰えない運動量が見えた。真正直なプレーが多くて相手に読まれていた感じもあるが、まあそれはそれ。この日は3バックの一角だったが、WBでも戦力になりそうだ。
 
 そして待ちかねた狙撃手・中村祐也の復活弾。今季の湘南のやり方では、ゴール前で技術と落ち着きが求められる。まさに中村のような選手が求められるのであって、今後のゴール量産が期待できる。
 
【本日の成果】
 今年の公式ポンチョは優れものだと判明した。「ポンチョはサイズが大きめに設定されていますので、小柄な女性ならJr.フリーサイズでも十分な大きさとなっております」という売り文句はただの定型句だと思っていたのだけど、どうもメーカーが変わって昨年までのものに比べて大きくなったということらしい。
 身長180cm標準体型の私の場合、従来品だと膝上までだった丈が脛の辺りになった。約30cmぐらい長くなった感じだ。以前は膝下までの長靴を履いても膝周辺が濡れていたのだけど、今年のはキッチリ覆われるので快適だ。
 なお、この商品はJリーグエンタープライズ謹製なのだろうから、他チームも同様だと思われます。今年から首回りに紐が入っていれば該当品なのでしょう。

« 小林伸二の自業自得というか苦悩というか | トップページ | 植田龍仁朗をめぐる水面下の駆け引き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湘南の久々の勝利も霞ませるカターレの不出来:

« 小林伸二の自業自得というか苦悩というか | トップページ | 植田龍仁朗をめぐる水面下の駆け引き »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ