« 田臥がベンチに下がって爆発したリンク栃木 | トップページ | 怪人アビスパンの巨大モンガーウォールを撃破! »

2014年5月10日 (土)

栃木SCの強さはちょっとした謎

 パウリーニョのいない栃木SCなんて、というシーズン前の私の予想は完全に覆されている。瀬沼優司のような上手くて速くてサイズのあるFWを軸にした戦い方は、手早くチームを作れるし合理的だよね。
(2014年5日6日 湘南ベルマーレ2―1栃木SC ShonanBMWスタジアム平塚)

 栃木の布陣は4-2-2-2。瀬沼と重松健太郎の2トップに左SH近藤祐介、右SHはこの日は廣瀬浩二。2ボランチは小野寺達也と菅和範。4バックは右から山形辰徳-チャヨンファン-ドゥドゥ-赤井秀行。
 松田浩の遺産4-4-2という見方もある。確かに前節の札幌戦では画面でも4-4の2ラインが確認できた。しかしこの日は綺麗にラインを作るシーンはなかったと思う。湘南の3-4-2-1に対応するためにいつもと形が違ったのかもしれない。

 目立ったのは栃木の前線4人の流動性。瀬沼以外の3人は頻繁にポジションチェンジをしていたし、攻撃時には逆サイドの選手も中央付近に進出していた。
 後方の選手はあまり攻め上がらない。サイドバックの上がりも目立たない。中央の4人がガッチリ固めて守る。ボールを奪うと素早く前の4人にボールを預け、彼らが攻めきる。
 こう書くと昔日のJ2強豪みたいだが、前後分断でもなく、前線の人材が日本人FWという点でも異なる。J1で出番のない若手FWがJ2に来るという例はいくつもあるけど、オプション、プラスアルファ、という感じではなく中軸になっている。もう少しはっきり言うと、チョコマカ系ではないデカくて速い瀬沼はワンランク上に見える。
 この日の栃木の1ゴールも、近藤の素晴らしいシュートが目立つものの、瀬沼あっての展開で、偶発的なものではない。

 湘南は中川寛斗を今季初先発させてシャドウの位置に置いた。中川は下がってボールを受けるという、彼にとってのナチュラル・ポジションでのプレーだった。このため湘南はいつもの3-4-2-1というよりは3-4-1-2に近い形になった。
 栃木の守備は2CBと2ボランチの4人がブロックをつくるので、ここをどう攻略するかがポイントだった。間、間、に入り込んでボールを受ける中川を起用して揺さぶろうとしたのだろうが、裏目に出た。
 引いてくる中川の動きと栃木両ボランチの押し上げが同調しているように見えた。圧力を受けた中川がボールをキープしようとさらに下がってくると永木・菊地の両ボランチとの距離が近くなり、窮屈になった。また、(意図的なのかどうかはわからないが)前線の大槻・武富の2人が両CBを引き連れて左右に開いたとき、空いたスペースに入り込む選手がいなかったのもマイナス面に見えた。

 そんなわけで湘南にとってはスッキリしない展開の前半だった。それなのにセットプレーから2点取ってしまうのが上位にいる所以である。
 ハーフタイムに中川→亀川諒史と交代して亀川を左WB、菊池大介を2シャドウに移すとストレスの少ない展開になるが、ゴールは奪えない。栃木の2ボランチと2CBの距離が前半よりも近くなったので、遠藤航のコメントのとおりミドルシュートが欲しかった(航は試合中にそれがわかってたのね)。

 60~80分くらいの時間は今季の湘南にとって最も危険な時間なのだが(実際に失点するということでもないが、運動量の低下が目立つのだよね)、65分に藤田征也に代えてウェリントンを投入(ウェリントンが1トップ、大槻がシャドウへ、菊池大介が右WBへ)すると、ボールが収まるので一気に楽になった。
 今季の湘南にとって80分以降は安心して見られる時間なのだが(たぶん相手の運動量が落ちて相対的に湘南の運動量が多くなるから)、栃木はその時間帯にもチャンスを作り出してしぶとさを見せた。ジャンボ大久保のシュートはコース的にはミエミエだったが、秋元陽太はキャッチした。これはすごかった。

 こう書いてきたが栃木の強さはちょっとした謎だ。もちろん相手あってのことだから湘南の出来が悪かったのかもしれないが、それだけではないと思う。ドゥドゥで守れるってのは阪倉さんと男前田の差なのだろうけど、ちょっと出来すぎだよな。やっぱり松田浩の遺産があるのかなあ。
 あ、小野寺がいやにスマートにプレーしているのも気になった。もっと荒くれ者のイメージだったのだけど(髪型で騙されているわけではないと思いたい)。

« 田臥がベンチに下がって爆発したリンク栃木 | トップページ | 怪人アビスパンの巨大モンガーウォールを撃破! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栃木SCの強さはちょっとした謎:

« 田臥がベンチに下がって爆発したリンク栃木 | トップページ | 怪人アビスパンの巨大モンガーウォールを撃破! »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ