« 松本山雅相手にドローで物足りない | トップページ | 格上相手に頑張ったFC岐阜 »

2014年9月22日 (月)

菊地俊介の欠場で思い出した課題

 リーグ最少失点の湘南と3位の水戸の対戦である。相性的なことも考えると、1-0とか1-1とかだと思っていた。4点も取るとは思っていなかったし、2点も取られるとは思っていなかった。
(2014年9日20日 湘南ベルマーレ4―2水戸ホーリーホック ShonanBMWスタジアム平塚)

 水戸は引いてブロックをつくるより、高い位置でボールを奪いたかったようだ。ハイプレスというよりも、トランジションの場面で奪い返しに行く意識の高さが感じられた。そして、その意識がとりわけ高い時間帯に湘南がゴールを奪うことになった。すなわち試合開始30秒と、水戸が立て直してきた後半立ち上がりの時間帯だ。
 逆に、湘南が押し込んだ時間帯は、水戸も割り切って重心を後ろに下げるので攻め崩すのは大変だ。その代わり水戸の攻め手は単発カウンターだけになるのでリスクも減る。ボールをキープして攻め続ける湘南とカウンターの機会を窺う水戸という構図で、結果的に膠着状態になる。

 湘南が2点目、3点目を奪った時間帯(56分、58分)は水戸が前に出ていた。湘南がゴールを決めたものの水戸にもチャンスはあった。だから、その直後(62分、64分)に水戸が2点を取ったのは、ゲームの流れから言えばさほど不自然ではない。「気が緩んだ」「油断した」という感じではない。
 湘南の3点目がPKによるものだったので、水戸にもPKが与えられるのは、まあありがちな話だ。ジャッジは厳しめだが、あそこは気を付けないと。
 それより火種なのは3点目だ。

 小澤司の足元にボールが転がったのはラッキーだったのかもしれないが、三島康平がハイボールに競り勝ったのは水戸の狙い通りだ。
 三島と競り合っていたのは岩尾憲だ。失点シーンだけでなく、ゲームを通じて相手ターゲットマンへの対処は岩尾の担当だった。
 岩尾は思っていたよりも良くやっていたと思う。しかし限界はある。

 菊地俊介がボランチの位置で担っているときは彼がその役目を担っていたはず。「はず」というのは、実はあまり意識していなかったから。
 湘南ではボランチの一方が相手ターゲットマンと競り合うことになっているが、岩尾がその役を務めるのは3試合目のはずだ。第2節アウェイ長崎戦、前節アウェイ讃岐戦、そしてこの日のゲームだ。私が現地観戦するのは初めてだったが、前半から妙に目についた。
 今季はハングギョンが抜けて、この役割は不安材料だったはずなのだ。ところが大学時代はセンターバックだったという菊地はさすがにコンタクト面で劣勢になることはほとんどなく、不安を忘れていた。しかしここに来て思い出した。

 次節にも昇格が決定するか? という段階で不安材料が現れ、しかも次節は三竿雄斗も出場停止だ。
 しかしまてよ、ということは島村毅の出番かい?
 過去2回の昇格決定試合に出ていた現在籍選手は島村だけだ(中村祐也はインフルエンザだったりした)。タイガーショットで花を添えたりするのもいいんじゃない?

« 松本山雅相手にドローで物足りない | トップページ | 格上相手に頑張ったFC岐阜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菊地俊介の欠場で思い出した課題:

« 松本山雅相手にドローで物足りない | トップページ | 格上相手に頑張ったFC岐阜 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ