« 湘南対策が確立されたんだろうか?と憂う | トップページ | 湘南のシュートセレクト問題 »

2015年4月30日 (木)

チョウ監督は賭けに勝ったのか?

 アンドレ・バイアもブルーノ・セザルもベンチから外して勝点3を得た。俗な言い方をすれば、中2日でやってくる名古屋戦に向けて温存に成功した。
(2015年4月29日 湘南ベルマーレ4-2サガン鳥栖 ShonanBMWスタジアム平塚)
 
 湘南はいつもの3-4-2-1だが、先発メンバーに変更あり。3バックは右から、遠藤航―坪井慶介―島村毅。2ボランチはいつもの永木亮太と菊地俊介。右WBに藤田征也、左WB菊池大介。1トップは大槻周平で2シャドウに高山薫と大竹洋平。
 三竿に替えて島村を起用したのは予想されたとおり。鳥栖は豊田陽平にボールを集めてくるので高さ・強さの面から三竿が狙われることが予想されたので。
 3トップの顔ぶれは一定しないので、ブルーノ・セザルが外れることは不自然ではない。連戦におけるターンオーバーなのだろう。
 最大の注目はアンドレ・バイアに替えて坪井を起用したことだ。連戦を考慮して、と言えなくもないが相手は鳥栖、豊田だ。三竿に替えて島村を起用した文脈とは逆なのではないか?
 
 試合が始まると、色々と想像とは違っていた。
 坪井は豊田に対しても巧妙に対峙していたが、まあ実績を考えれば不思議ではない。最大の(うれしい)誤算は、前線で大槻がかなりの割合で競り勝っていたことだ。
 今シーズンの湘南のストレスは前線でボールが収まらないことなので、これは大きかった。序盤の攻勢、先制はその流れからのものだ。
 
 鳥栖の印象は「コンタクトがうまい」。単に強いというよりも、身体を当てるタイミングが絶妙で、それによってコンタクトに勝っている。柔道とか合気道とかの武道チックな話で、呼吸を読んでいるような印象。まあ、そういううまさを持ちながら手で押したりもするわけだが。
 以上はボディコンタクトについて書いたのだが、いわゆる「球ぎわ」についても同様の印象。
 で、そこが劣勢なので先制しながらも徐々にボディブローを打ち込まれているような流れだった。自陣に追い込まれてセットプレー、ロングスローの雨霰状態から同点に追いつかれ、なんとかハーフタイムに持ち込んだ。
 
 このままでは後半はキツイと思っていたら、なぜか改善していた。マジック?
 2点目の高山のゴールのときにチョウ監督がすごく喜んでいたのだが(いつもか?)、球ぎわの争いで押し勝ってのドリブル、シュートだったからだろう。
 大槻が前線で勝てる、坪井と島村で豊田に対抗できる、これらはスカウティングで予測できていただろう。しかし「球ぎわ」で勝てるかどうかは、やってみなければわからない面もあるはず。そこで勝てたのだから、それは喜ばしいだろう。
 チョウ監督が賭けをしたとすれば「メンバー変更が奏功するか」ではなく、「球ぎわ勝負に勝てるかどうか」だった。
 
 この日は殊勲者が多いので1人だけ。
 菊地俊介の終盤の働きは素晴らしかった。球ぎわ、ハイボール、そして前線への飛び出し(4点目につながったシュートも含め)。チーム全体が体力的に疲弊している中で素晴らしかった。
 今季の菊地は壁に当たっているのだが、これをきっかけに好転すればよいな。
 
【今日の疑問】
 藤田直之のロングスローって、ときどきファウルスローに見えますね。頭の上を通していないように見えるときがある。ただ、審判はスローインを正面から見ることはあまりないだろうし、ロングスローの場合はゴール前のファウルに神経が行くだろうから、笛が吹かれる可能性は低そうだけど。

« 湘南対策が確立されたんだろうか?と憂う | トップページ | 湘南のシュートセレクト問題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョウ監督は賭けに勝ったのか?:

« 湘南対策が確立されたんだろうか?と憂う | トップページ | 湘南のシュートセレクト問題 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ