« 平塚の座席管理は稚拙なのかアピールなのか | トップページ | ティム・ダンカンは優勝リングを増やせるか(2015年版) »

2015年4月19日 (日)

湘南のパワープレーに燃えた

 ブルーノ・セザルをトップにして、シャドウが遠藤航と、なんと菊地俊介。さらにアンドレ・バイアも前線に張っていた。この日のパワープレーには燃えた。先週は「ワタル大作戦はちょっと……」と書いたのだが、ここまでやればね。
(2015年4月18日 湘南ベルマーレ0-2ガンバ大阪 ShonanBMWスタジアム平塚)
 
 湘南の最終的な布陣は、ブルーノ・セザルの1トップに2シャドウが遠藤航と菊地俊介。右WB古林将太に左WB菊池大介。2ボランチは永木亮太と可児壮隆。3バックは坪井慶介、アンドレ・バイア、三竿雄斗。ただし、バイアは前線に出っ放しで永木が最終ラインのフォローに回る格好だった。
 先週までのワタル大作戦よりも「突き抜けた感」があって、面白かった。単に選手の配置を変えて航を前に出すだけでなく、前線にサイズとパワーを注入する意図が明瞭だった。狙いが明瞭なので、チームメイトも前線めがけてジャンジャン蹴っていてストレスもなかった。
 
 ガンバの側もバイアをどうするか戸惑っているように見えた。戸惑い、というのが誤解だとしてもバイアは空中戦で勝っていたのでゴール前で混戦を作り出すことに成功していた。
 MDHでは取り上げられていなかったが、セザル→バイア→遠藤航とつながって航がシュートを蹴り切れなかったシーンはこの日最大のチャンスだった。メインスタンド側から見るとブラインドになって見えなかったのだろうが。
 
 チョウ監督がしばしば言う「カウンターもできなければならないし、ボールを回すこともできなければならない」の続きには、当然ながら「パワープレーも」があるはずだ。その意味では、パワープレーのパワーアップも成長の一つだ。
 もちろん、リスクをかけすぎているし、パワープレーをせずに勝つことが理想なのだけど、理想はともかくとして、あらゆるプレースタイルを上達させるということで。
 
 試合をトータルで見ると、劣勢は明らかだった。
 ガンバは前線のパトリックにハイボールを蹴り込むことをベースにしていた。菊池大介や菊地俊介が競りに行くが対抗できずに苦しんだ。あそこで毎回勝てると、そりゃ楽だよね。私たちも去年それを享受していたからよくわかる。
 そこでストロングポイントを作られてしまうので、こぼれ球、バイタルエリアのケア、に気を使う必要がある。よって湘南の2ボランチの位置が低かった、もしくはDFラインから離れないようにしていた。
 そのため、遠藤保仁がフリーでボールを持つシーンが数回あった。FWのプレスバックがあるときはよいのだが、毎回はカバーできなかった。かといってFWが引きすぎるのも相手の思うつぼだし。。。
 
 1点目は宇佐美貴史のオフサイドが見逃された。それは映像を見れば明らかなのだけど、現地(斜めにずれた位置)の感覚でいうと、しゃあない。あれをオフサイド判定できなくても責めにくい。
 もちろん取ってくれればありがたかった。ガンバは先制したらリスクを冒す必要がなくなるから。宇佐美の1人カウンターはダイジェスト映像でも紹介されたが、それ以外のカウンターも3人でシュートまで持って行ける。湘南がボールを奪い返しても、その時点でガンバは4-3の布陣で待ち受けてる。
 宇佐美のオフサイドじゃなくて、その前のガチャさんの戻りオフサイドが見逃されていたら怒るけど、たぶんないな。映像は未見だけど副審の位置的に見間違いはありえないだろう。
 
【今日の席詰め】
 先週の記事を書いてコメント欄で「未就学児の件もアナウンスをしていた」旨を教えられたので注意して聞いていた。
 確かに大画面に注意書きを映し出して読み上げていた。
 でもなあ、人があぶれ始めた時間帯にはアナウンスをしていないのでね。
 なんか演出優先になっちまっていたのだよね。ジャイキリ映像のタイミングでジングルとともにアナウンスをしたかったと思う。
 ええと、席詰めの話はもうしたくない。

« 平塚の座席管理は稚拙なのかアピールなのか | トップページ | ティム・ダンカンは優勝リングを増やせるか(2015年版) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湘南のパワープレーに燃えた:

« 平塚の座席管理は稚拙なのかアピールなのか | トップページ | ティム・ダンカンは優勝リングを増やせるか(2015年版) »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ